クリスマス

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

負けない戦略【スモールPOG】を伝授!

“三振”か“ホームラン”では勝ち組に回れない!?
負けない戦略【スモールPOG】を伝授!



昨日のブログで俺が参加する競馬関係者のPOGドラフト指名馬10頭を公開したけど、平日にも関わらず大きな反響があった。



まぁ、アヴェンチュラ、レーヴディソールの牝馬2枚看板候補を獲れなかった(※1)こともあるが、結果的に社台グループ生産馬を2頭しか指名しなかったからな。

(※1詳しくは6/1415のブログをチェックだ)


俺もフェブラリーS以外の春GⅠを総ナメした社台グループの底力は身を持ってよ~く知っている(※2)けど、6/13夜のブログでも触れたように、社台グループの良血繁殖牝馬にはディープインパクトが種付けされている。

(※2昨年のPOGで俺が指名したエイシンフラッシュも実は社台グループ生産馬。詳しくは【2日遅れで日本ダービーのお宝ショットを大公開!】をチェックだ)



昨年のゼンノロブロイは例外として、社台グループの新種牡馬が初年度に期待ほど成績を残した例は数えるほどだし、狙うなら産駒の傾向を把握した来年以降と判断した。



その結果、社台グループ生産馬が少なくなり全体的にパワー不足と映るラインナップになったけど、俺が参加している「総賞金ルールのPOG」では、1~10位まで長距離砲をズラリと揃えるのはハイリスクな戦略だ。



紙上の遊びであるPOGでは値段に関係なく馬を選べるから、どうしてもリストは良血馬だらけになりやすい。




し・か・し




クラシック狙いの良血馬は全的的に始動が遅い上に、一頓挫でもあったらPOG期間内にデビューできないケースも多々ある。それに良血馬はオーナーの手前もあるので牧場や厩舎でも賞賛のコメントしか出せないし、9割方評判倒れで終わるのが毎年の恒例行事だ。仮に指名馬が10頭とも大ゴケしたらチョコの支払いがエライ事になる。



その点、俺が提唱する




スモールPOG




は総賞金ルールで“安定して勝てる”、逆説的に言えば“大敗は99%ない不敗戦略”だ。



昨日のブログで公開した俺のドラフトリストを見てもらえば分かるけど、10頭の中でクラシック狙いの長距離砲は2~3頭で、他は早期デビュー馬を中心にした陣容になっている。



早期デビュー馬は「確実に稼いでくれる駒」として計算できるし、仮にクラシック狙いの3頭がコケても、残り7頭がPOG期間内に1頭あたり1000~2000万稼いでくれれば大負けはない。さらに1頭でも重賞を制覇すれば勝ち組に回れる攻防一体の不敗戦略だ。



WBC日本代表の「スモールベースボール」と同じく、スモールPOGでは計算できない長距離砲は少なくて構わない。それよりもイチロー・青木など俊足好打の選手(馬)を中心したチーム作りが、安定して勝ち組に回る最大の秘訣に他ならない。



もちろん参加無料やチョコの天井が決まっている所なら、1~10位まで長距離砲を並べるのもアリだ。ただし、俺が参加している「競馬関係者のPOG」の青天井ルールだと、他の指名馬が走った分だけチョコの支払いが増えるからな。



馬券と同じくPOGもルールを理解した者だけが勝ち組になれるので、それをよ~く踏まえた上で指名馬を選んでくれ。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/19(土)函館★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへ
6/12(土)夜のブログでチラっと触れた岡田厩舎の勝負馬。

土曜メイン函館競馬場グランドオープン記念に出走を予定していたシェーンヴァルトは、賞金不足で除外(※夏のクラス編成で準OPに降級したので形式上は格上挑戦)されたけど、他にも6/20(日) 函館9Rにサクラキングオー、12Rにヘリオスシチーと2頭の降級馬がスタンバイしている。
その中でも岡田厩舎の今週一番は俺の独断と偏見で人気ブログランキングと見たが、果たして結果はどうなるかな・・・?


6/20(日)函館★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
6/11(金)のブログで詳しく書いた競馬最強の法則7月号オーナー・サイダー袋とじ企画≪勝ち馬≫隠匿(いんとく)ファイルに掲載されている、某ご当地馬主の勝負馬。
編集長からは『袋とじで取り上げた馬はブログで書かないでね!』と釘を刺されているが、FC2ブログランキングはオーナーお膝元の福島ではなく、ベスト条件を求めて函館に遠征している。
1ヶ月前の時点で開幕週に使ってくるまでは読めたけど、補足の意味合いを込めてブログで書くことにした。


[昨年はダービー馬エイシンフラッシュを単独指名]
職権を乱用して入手したインサイダー2歳馬情報が盛り沢山!
→分厚いチョコになる2歳馬情報←



青本

競馬最強の法則で俺の担当Nさんも編集スタッフの1人

最強のPOG青本


全国書店で絶賛発売中!


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓
スポンサーサイト

| 分厚いチョコになる2歳馬情報 | 17:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010~2011POGドラフト指名馬を一挙公開!

社台グループ生産馬はたったの2頭!?
2010~2011POGドラフト指名馬を一挙公開!



火曜のブログ続き



もう1頭アグネスタキオン産駒の長距離砲が欲しい思い立ち、俺が3位指名したのはデボネア(牡・父アグネスタキオン、母ヴェルヴェットクイーン、中竹厩舎)だ。



去年の夏から“馬産地の帝王”『ダーレーの1番馬』と聞かされた大器だけど、青本を始め一部POG本で取り上げられていたのは誤算だった。550キロに迫る大型馬なのでリスクを考えると、もう少し下位で獲りたかったが・・・



4位以下の指名馬は昨日・一昨日と拍手コメントで『引っ張りすぎ!』と苦情が殺到しているので(笑)、個々の解説は後回しにして一挙公開だ。

--------------------------------------------------------------------------------------

1位 オペラモーヴ 牝
父Johannesburg、母Mr. P's Princess
栗東・中竹厩舎、馬主・ノースヒルズ、生産・Pacelco S.A

2位 スカイスクレイパー 牡
父アグネスタキオン、母スウィフトオブフライト
栗東・橋口厩舎、馬主・ノースヒルズ、生産・ノースヒルズM

3位 デボネア 牡
父アグネスタキオン、母ヴェルヴェットクイーン
栗東・中竹厩舎、馬主・ダーレーファミリーの誰か、生産・ダーレージャパンF

4位 エイシンモンジュー 牡
父Montjeu、母Santa Catarina
栗東・西園厩舎、馬主・平井豊光、生産・Eaton Sales

5位 エーシンミズーリ 牡
父マンハッタンカフェ、母セントルイスガール
栗東・坂口則厩舎、馬主・栄進堂、生産・小島牧場

6位 エーシンジェネシス 牝
父Medaglia d'Oro、母ミッションガール
栗東・松永昌厩舎、馬主・栄進堂、生産・高野牧場

7位 ヴィクトリースター 牡
父ディープインパクト、母ヴィクトリークライ
栗東・池江郎厩舎、馬主・サンデーR、生産・追分F

8位 ビッグスマイル 牝
父タニノギムレット、母メイケイシラオキ
栗東・領家厩舎、馬主・大谷隆雄、生産・小泉学

9位 スタートセンス 牡
父シックスセンス、母クリノオードリー
美浦・高橋裕厩舎、馬主・河原義宏、生産・近藤牧場

10位 レッドフィアレス 牡
父クロフネ、母オレンジブロッサム
栗東・松永幹厩舎、馬主・東京HR、生産・社台RH

--------------------------------------------------------------------------------------

4・5・6位はエイシン、エーシン軍団の評判馬。

エイシンオスマン(牡・父ロックオブジブラルタル、母ゲルニカ、松永昌厩舎)
エイシンピンキー(牝・父デビッドジュニア、母ナナコフレスコ、野中厩舎)
エイシンエンブレム(牡・父Exchange Rate、母Xtra Emblem、岡田厩舎)

リストに加えていた上記の馬は指名できなかったが、他の参加者連中が社台グループ良血馬分捕り合戦の間に、エイシンモンジュー、エーシンミズーリ、エーシンジェネシスを確保できただけでも成果は上々。エイシン・エーシン軍団は別の機会に改めてブログで触れるけど、今年も昨年に続き粒揃いの素質馬が揃っている。



7位のヴィクトリースターは6/7(月)【3冠トレーナーが定年前に暴走モード突入!?】で書いた池江郎厩舎のディープインパクト産駒。ゲート試験も先週無事に合格したし、このまま順調に行けば7/11(日)阪神4R(芝1800M)に何とか間に合うだろう。



8・9位は今週末にデビュー予定の即戦力2歳馬。

8位ビッグスマイルは6/6【JRAブリーズアップセールで発掘した即戦力2歳馬情報③】で取り上げた“超”隠し玉。岩田の先約でデビューが今週日曜のマイル戦から土曜の芝1200になったけど、初戦は負けるかも知れないが後々は走ってくる自信がある。

9位スタートセンスはディアレストの秘密兵器。オーナー・サイダー単行本でも書いたけど、ディアレスト育成馬は夏の2歳戦から使い倒してくるのが特徴だ。他にも即戦力候補がゴマンといるので、それも機会を改めて書く。

10位レッドフィアレスは俺の“リアル1口”出資馬。
合計4口出資しているので走ってもらわないと困るんだが、情報網に近況と手応えを松永幹センセイに聞いてもらったら『5月生まれなので秋ぐらいに降ろそうと思っていたけど、ここに来てグングン良くなってきた。父はクロフネだけど芝でも走れそうな馬体だし、将来が楽しみな1頭だよ』と満面の笑みで語っていたらしい。

これが東京HRのホームページのコメントなら俺も“会員向けのリップサービス”と受け取るけど、今回は状況的にそうじゃない。松永幹センセイは本当に期待しているらしいし、親バカと言われるのを承知の上で指名した(笑)



ち・な・み・に



「趣味の10位」として指名を予定していたジャストスマイル08は、他の参加者に強奪された。



どうやら指名者には【分厚いチョコになる角居厩舎2歳馬の話】で書いたネガティブ情報を“引っ張り”と解釈されたようだけど、あのネタは大マジであれでもオブラートに包んで書いたのに・・・


[読者からの要望に応え北海道スプリントCの“個人的”見解]

人気ブログランキングへ

b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)

▲ダイワディライト

△ヴァンクルタテヤマ

火曜のブログで公開した関東オークスは自信が無かったけど、情報的に北海道スプリントCは面白い。
本命は普通に回ってくれば人気ブログランキングで軸不動。FC2ブログランキングも中間はこのレースを目標に調整されているし、展開も向きそうだから侮れない。

逆に人気確実のダイワディライトは月曜に美浦から門別へ直入()しているので、直近の状態は分からないが評価を割り引いた。
(詳しくは昨年6/17の【北海道スプリントCのカネになる話】をチェックだ)

△ヴァンクルタテヤマは叩き3戦目で状態は上向いているらしいけど、それでも絶好調時と比べると物足りないと聞いている。

あとは読者各自でラブミーチャン以下の地方馬をお好みで組み合わせくれ。


[昨年はダービー馬エイシンフラッシュを単独指名]
職権を乱用して入手したインサイダー2歳馬情報が盛り沢山!
→分厚いチョコになる2歳馬情報←



青本

競馬最強の法則で俺の担当Nさんも編集スタッフの1人

最強のPOG青本


全国書店で絶賛発売中!


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓

| 分厚いチョコになる2歳馬情報 | 17:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラフトでノースヒルズMの評判馬2頭を一本釣り!

社台グループ良血馬の分捕り合戦に一石を投じる?
ドラフトでノースヒルズMの評判馬2頭を一本釣り!



月曜のブログ続き



牝馬2枚看板と期待していたレーヴディソール、アヴェンチュラの1頭すら指名できず、良血評判馬は他の参加者に根こそぎ持って行かれた俺。



ドラフト戦略の修正を迫られハズレ1位で指名した馬がオペラモーヴ(牝・父Johannesburg、母Mr. P's Princess、中竹厩舎)だ。



この瞬間にドラフト会場がざわついたほどだが、その理由は『まさか1位で獲るか・・・』という意味だ。



稽古で跨った角田調教師(元騎手)が『良い背中をしている。バネが違うし走る馬だよ』と絶賛した隠し玉マル外とはいえ、馬体はどう見ても早熟スプリンターだからな。即戦力候補としても普通のPOGなら4~5位指名が妥当だろう。



それを敢えて1位に持ってきたのは社台グループ良血馬の分捕り合戦を避けたのと、生産者ルートの情報網に『今年のノースヒルズ軍団は全体的に仕上がりが早くレベルが高い』と聞いていたからだ。6/27(日)阪神4R(ダ1200M)に武豊でデビュー予定だし、確実に計算できる駒として1位指名に踏み切った。



続く2位もオペラモーヴと同じくノースヒルズ軍団のスカイスクレイパー(牡・父アグネスタキオン、母スウィフトオブフライト、橋口厩舎)を指名。



リディル、ロジックで重賞を制し前田オーナーから信頼が厚い橋口センセイに、2頭と同じくアグネスタキオン産駒を託した期待馬だ。遅生まれだが順調に行けば夏の小倉デビューの可能性もあるらしいので、マイル路線での活躍が今から目に浮かぶ。



こんな感じで他の参加者が社台グループ良血馬の分捕り合戦をしている間に、ノースヒルズ軍団の期待馬2頭を指名に成功したが、この時点で俺の作戦が完全にバレた。



途端に

アルゴリズム(牡、父アグネスタキオン、母タイトーク、安田隆厩舎)
ヴェイロン(牡、父キングカメハメハ、母ヘヴンリーロマンス、松永幹厩舎)
ジュエルシード(牝、父ゼンノロブロイ、母アランセラ、池江郎厩舎)
ベッラミーア(牝、父ダンスインザダーク、母クイーンリザーブ、橋口厩舎)
アンシャンタン(牝、Unbridled's Song、母Celtic Melody、中竹厩舎)


などノースヒルズ軍団の評判馬を持って行かれたけど、これは想定の範囲内に過ぎない(可能ならアルゴリズムは獲りたかったが・・・)


もう1頭アグネスタキオン産駒の長距離砲が欲しい思い立ち、俺が3位指名したのは・・・







続く。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/19(土)阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへ
阪神開幕週のベスト条件を目標に調整されている強力情報馬。
節()の関係で出られるか微妙と思っていたが、他の有力馬が人気ブログランキングを避けた(?)のか頭数が落ち着いた上に、降級馬も数えるほどしかいないからな。
鞍上が人気馬だとイマイチ信用できないけど、普通に回ってくればタダ貰いじゃないか?
(オーナー・サイダー単行本で詳しく書いた)


[読者からの要望に応え関東オークスの“個人的”見解]
◎○▲☆注b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
正直全く気が無いので馬券は小銭で遊ぶ程度に留めてくれ。それよりも今週末から始まる夏競馬の方がケタ違いに儲かる。今から楽しみに待っていてくれ!


[昨年はダービー馬エイシンフラッシュを単独指名]
職権を乱用して入手したインサイダー2歳馬情報が盛り沢山!
→分厚いチョコになる2歳馬情報←



青本

競馬最強の法則で俺の担当Nさんも編集スタッフの1人

最強のPOG青本


全国書店で絶賛発売中!


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓

| 分厚いチョコになる2歳馬情報 | 16:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“小宮包囲網”に今季ドラフトは大苦戦!

二兎を追う者は一兎をも得ず・・・
“小宮包囲網”に今季ドラフトは大苦戦!




先週日曜夜のブログでも触れたように、昨日は都内某所で行われた会社POGドラフトに参加してきた。某専門紙の現役トラックマンも参加する「競馬関係者のPOG」で、レベルがメチャクチャ高いのが特徴だ。



例えば昨年のPOGでダービー馬エイシンフラッシュを指名した俺ですら、トップ3に入れなかった。


今年のGⅠ戦線を賑わしたアパパネ、ヴィクトワールピサ、エイシンアポロン、エーシンホワイティ、ダイワバーバリアン、ダノンシャンティ、ペルーサ、ローズキングダム、シンメイフジ、ハンソデバンド、アプリコットフィズ、ルーラーシップなどなど、参加者の指名馬が走りまくったからな。


しかも上記指名馬でベタな良血はローズキングダムとルーラーシップぐらいだし、俺も人のことを言える立場じゃないが、本当に勘弁してほしいぜ・・・



まぁ、逆に1頭でも重賞ウイナーを引き当てられれば勝ち組は確定。GⅠを勝てば他の参加者から超恨まれるほどの、分厚いチョコが入ってくる(笑)



そんなワケで



ダービーオーナー



として参加した今季POGだけど、昨年の負け組連中が手を組んだ“小宮包囲網”が敷かれ大苦戦を強いられた。



昨年の指名馬公開時も書いたように、このPOGでフサイチホウオー、トールポピーを指名した俺は、マイ血統として母アドマイヤサンデー産駒は毎年指名している。
脚が曲がっていてクラブで募集されなかったナサニエルは指名しなかったけど、参加者には「アドマイヤサンデー産駒=小宮の馬」と認識されているので、意外とスンナリ獲れたりする。



去年のウェラブランカも1位単独指名だったし、他の参加者も『小宮の1位はアヴェンチュラだろう・・・』と見ていると読んだ。



それを逆手に取り敢えてアヴェンチュラを2位に回して、今年の1位にはアプレザンレーヴ、レーヴドリアンの半妹・レーヴドスカー08(馬名レーヴディソール)を強行指名。



し・か・し



レーヴディソールはジャンケンで敗北。さらに「暗黙の了解」が破られ、俺のマイ血統馬アヴェンチュラが他参加者に強奪された・・・




そもそもアヴェンチュラを2位で獲ろうとした俺の考えも図々しいけど、仮に1位で指名したとしても複数人のジャンケンだ。過去の傾向からは予想できなかったし、ダービーオーナーに対するプレッシャーを痛感したぜ。。。





それはともかく、



牝馬2枚看板と期待していたレーヴディソール、アヴェンチュラの1頭すら指名できず、良血評判馬は他の参加者に根こそぎ持って行かれ、ドラフト戦略の修正を迫られた俺がハズレ1位で指名した馬が・・・









続く。



[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/20(日)福島★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへ
中間は夏のクラス編成で降級する福島開幕週の適鞍を目標に調整。
1週前追い切りで跨ったN騎手も手応えを掴んでいたし、他にも何頭か降級馬が出走を予定しているけど、好勝負は間違いない。
ちなみに、N騎手は前走時も追い切りに跨っていたが、レースでは同じエージェントが騎乗手配するM騎手が騎乗して圧勝。
何でもN騎手が騎乗した某1口クラブの強い要望で本当は人気ブログランキングの方に乗りたかったのに、「大人の事情」で仕方なくM騎手に手綱を譲ったらしいぜ(笑)


「おまけ」特選2歳馬情報
b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
今年2歳になる人気ブログランキングの半弟。
アグネスタキオン産駒でセレクトセールでも高値が付いた良血馬だけど、某個人馬主の所有馬なので各専門紙で情報がほとんど載っていない。
それにも関わらず厩舎番の情報網が上位指名していたし、何か良い話を聞いているのかも知れないな・・・?

[昨年はダービー馬エイシンフラッシュを単独指名]
職権を乱用して入手したインサイダー2歳馬情報が盛り沢山!
→分厚いチョコになる2歳馬情報←



青本

競馬最強の法則で俺の担当Nさんも編集スタッフの1人

最強のPOG青本


全国書店で絶賛発売中!


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓

| 分厚いチョコになる2歳馬情報 | 20:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

表に出ないディープインパクト産駒の話

ドラフト当日だからこそ書ける!?
表に出ないディープインパクト産駒の話



今夜は都内某所で行われるPOGドラフトに参加するので、このブログは土曜に書いている。明日のブログで俺の今季指名馬を公開する予定だから、楽しみに待っていてほしい。



さて、そしたら今日のネタはこれまで敢えて触れずにきたディープインパクト産駒の話だ。



新聞・マスコミで大々的に取り上げられているように、ディープインパクトの初年度産駒には良血の繁殖牝馬が多く種付けされている。特に社台グループは総力をあげてバックアップしているし、POG的にも否応なしに“乗るか反るか”の選択を迫られる。



今夜のドラフトでもディープ産駒の大ジャンケン大会になるのは間違いないが、俺の選択はケン(見送り)、すなわち“反る”つもりだ。



その理由は新聞やPOG本では書かれない(※書けない)“本当の評判”を、生産者ルートを通じて聞いているからだ。



昨年の8/2【ディープインパクト産駒は“買い”!?】、8/4【俺の書き方が悪かった】のブログでも触れたように、ディープインパクト産駒は父に似て小柄な馬が多い上に、血統的に「サンデーサイレンス×母父リファール系」の配合は、種牡馬としてお世辞にも成功しているとは言い難いバブルガムフェローと同じになる。



昨年のセレクトセールでも未知数のディープインパクト産駒よりも、実績を残しているアグネスタキオンやネオユニヴァース産駒の方がよく売れていた。今年から本格参戦するダーレー・ジャパンが、アグネスタキオン産駒を買い漁っていたのを鮮明に覚えている。



これは“馬産地の帝王”から聞いた激裏ネタだけど、ダーレー・ジャパン代表の三嶋健一郎氏はメイショウの松本オーナーの馬係(うまがかり)を務めていた人物だ。ご自身で馬をほとんど見ない(※分からないので基本的に人任せらしい)松本オーナーに代わり、メイショウサムソン、メイショウボーラー、メイショウトウコンなど、日高の中小牧場が生産した素質馬を発掘したと聞いている。この人をダーレーに引き抜かれた(?)せいで、メイショウの成績が落ちたほどらしい。



それほど卓越した相馬眼を誇る三嶋代表が、本家ダーレーの意向もあるかも知れないけど、セレクトセールで「アグネスタキオン>ディープインパクト」を明確に突き付けた。他にもマイネルの岡田総帥や一部リーディング上位調教師達は、明らかにディープインパクト産駒を避けていたように見えたからな。



もちろん俺もディープインパクトの初年度産駒が、全く走らないとは思っていない。仮にそうなったら社台グループの浮沈に関わる事態に発展するし、何頭かはクラシック路線に駒を進めてくるだろう。



ただ、クラシック出走馬がディープインパクト産駒一色になるとは、少なくても現時点では考えられない。



それでも強いてディープインパクト産駒をドラフトで指名するなら、08、09と2年連続でディープインパクトを種付けされた繁殖牝馬が狙い目だ。



今年デビューする08年産駒のデキが良ければ翌年もディープが種付けされているし、逆に俺が度々ブログで書いている☆☆☆☆☆☆☆08みたく極端に小柄な産駒が生まれれば、翌年は別の種馬に変更する。



気になって調べたら☆☆☆☆☆☆☆08の1歳下の半妹も、父がアグネスタキオンに変わっていた。もしかするとこのヒントで、☆☆☆☆☆☆☆08の正体が分かっちまうかもな・・・



おまけ
【2年連続でディープインパクトを種付けされている良血繁殖牝馬】(※一部抜粋)

・リベルタス 牡
父ディープインパクト
母カーリング
(母父Garde Royale)
栗東・角居厩舎
馬主・金子真人HD
6/10のブログでも取り上げた馬。1位じゃないと獲れないので指名は見送るつもりだが、気性難で知られるカーリング産駒とは思えないほど評判が良い」

・ヴィジャイ 牡
父ディープインパクト
母オイスターチケット
(母父ウイニングチケット)
栗東・松田国厩舎
馬主・金子真人HD
「かつて俺に分厚いチョコを提供してくれたブラックシェルの半弟。ディープインパクト産駒には珍しい500キロに迫る雄大な馬体の持ち主」

・レッドディアーナ 牝
父ディープインパクト
母ケイウーマン
(母父ラストタイクーン)
栗東・安田隆厩舎
馬主・東京HR
「モンテクリスエスの半妹。青本で丹下さんが絶賛していたけど、下河辺牧場のイチ押しはこの馬らしい。去年の夏に教えてくれれば俺も1口出資したのに・・・」

・サトノオー 牡
父ディープインパクト
母エアトゥーレ
(母父トニービン)
美浦・藤沢和厩舎
馬主・里見治
「キャプテントゥーレ、アルティマトゥーレの半弟。さらに1歳下の全弟は社台RHで総額1億5000万円の超強気価格で募集されている」

・馬名未定(※多分エア何とか) 牡
父ディープインパクト
母レディパステル
(母父トニービン)
栗東・角居厩舎
馬主・ラッキーF
「ロードHCのケイアイFがセレクトセールに上場して、エアの吉原オーナーが落札した良血馬。青本で取材していたのにビックリ」


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/19(土)阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
今年の2歳半弟がディープインパクト産駒の情報馬。
すでに入厩済で小倉デビュー予定なので、即戦力候補としてリストに加えるのも手だ。
それはともかく、FC2ブログランキングは公式では日曜のダ1200Mと両睨みだけど、土曜の牝馬限定戦なら古馬相手でも通用する。
時計もまだまだ詰められると思うし、休み明けからいきなり注目だ。


6/19(土)福島★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへ
俺の元POG馬(笑)
2年前のシーズンでは期待に応えて重賞・オープン戦線で活躍してくれたけど、その後は“暴走特急”と言われ直線で逆噴射の連続。
まぁ、それでも今回は1000万クラスに降級するし、開幕週の福島で鞍上に中舘なら、やる事はひとつだろう。

[昨年はダービー馬エイシンフラッシュを単独指名]
職権を乱用して入手したインサイダー2歳馬情報が盛り沢山!
→分厚いチョコになる2歳馬情報←



青本

競馬最強の法則で俺の担当Nさんも編集スタッフの1人

最強のPOG青本


全国書店で絶賛発売中!


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓

| 分厚いチョコになる2歳馬情報 | 17:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT