クリスマス

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

≫ EDIT

【お知らせ】フェブラリーS週にO・S3単行本プレゼント企画第2弾!?

























何、字がデカすぎてなんて書いてあるか分からないだと?



パソコン、スマホからブログを見ている読者は驚いたと思うけど、上記の漢字は【祝】



オーナー・サイダー3単行本187~8P(注1)で紹介したキング・オブ・ご当地馬ダンスディレクターシルクロードS連覇&馬主情報で3連単4万馬券的中おめでとう記念と題して、今宵は再び大盤振る舞いだ!



注1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
1/29 京都11R シルクロードS ダンスディレクター

馬主お膝元の淀で再び鬼脚炸裂!上がり3Fは驚愕の33秒1!?

注1ブログ参考画像(オーナー・サイダー3単行本より)
188.jpg
O・S3愛読者から賞賛の嵐。この場を借りて本当にありがとよ!



1/23(月)ブログでも間接的に触れたけど、太田珠々子オーナーの夫・太田美實オーナー(故人)は京都のお医者さんでご当地馬主だ。残念ながら2015年1月に亡くなられ、現在は馬主名義を妻の珠々子オーナーが引き継いでいる。



太田美實オーナーは以前からウイニングチケット、ロイヤルタッチ、エイジアンウインズなど、所有頭数の割に“当たり”を引くことが多い強運オーナーだった。その後も2012年に京都みやこS、東京大賞典などダート戦線で大暴れしたローマンレジェンドなどが活躍している。



そのなかでも個人的に印象深いのが、2015年2月に京都の斑鳩S(準OP)を制した現役の看板馬ダンスディレクター。当時は美實オーナーの弔い合戦ヤリ(注2)としてブログでも大々的に取り上げたけど、上がり33秒1の鬼脚を繰り出し直線ブッコ抜き!マジで全身鳥肌が立つほど凄い競馬だった。



オーナー・サイダー3単行本の繰り返しになるが、同馬を管理する笹田師は伊藤雄厩舎で調教助手として、太田美實オーナーの代表馬ウイニングチケットを育て上げた縁がある。



それだけに斑鳩Sでは生前に可愛がってもらった大旦那の恩義に報いるため、G1仕様の渾身仕上げを施していた。



レース後の口取りでは珠々子オーナーが美實オーナーの遺影を持っていたけど、さぞ故人も天国でお喜びになったに違いない。常に相手がいる競馬でキッチリ勝つのは大変だし、厩舎関係者の努力には本当に頭が下がるよ。



さらに1年後の京都シルクロードSでも、再び美實オーナーの弔い合戦ヤリが炸裂する。それまで終い一辺倒だったダンスディレクターが、いきなり好位からの競馬で直線抜け出し。馬主お膝元で悲願の初重賞制覇をやってのけた。



さらに×2先週の重賞連覇により地元開催の京都では【6-3-0-1】。唯一、馬券圏内を外した昨秋のスワンSも4着だし、改めてキング・オブ・ご当地馬の称号を讃えたい。感動した!



注2ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2015年 2/21 京都11R 斑鳩S ダンスディレクター

15年2/21【感動した!】G1仕様の渾身仕上げで弔い合戦ヤリ炸裂!!



前置きが長くなっちまったけど、ここからが今夜の本題。



読者のみんなは昨年12月末、小宮サンタからオーナー・サイダー3単行本をクリスマスプレゼント(注3)として贈ったのを覚えているかい?



競馬ブログでは前代未聞の応募者全員にプレゼントという大盤振る舞いだったけど、先週時点で所定の手続きを済ませた読者には、単行本の配送が完了している。



それもあって多くの読者がシルクロードSでダンスディレクターから分厚く勝負できたワケだが、ここで俺からお知らせ&お願い。北海道や沖縄、離島など一部を除き、まだO・S3単行本が届いていない申込者は、何かしらの不備があったと思われる。



ち・な・み・に



1番多いのは住所が書いていない。これは往年のラジオにおけるFAXでパーソナリティーが口酸っぱく繰り返しているにも関わらず、毎回結構な数のリスナーが書き忘れる。



時代が移り変わっても最重要項目をスルーする人数に大差はない。救いは1度送信したら修正が利かないFAXと違い、メールは専用フォームから住所登録が可能ってこと。心当たりがある場合は今すぐメールフォルダーを片っ端から確認してほしい。



それはともかく、前回は俺の見込みがお話にならないほど甘すぎたせいで、結果的に一部読者のみんなに迷惑をかけちまったからな~



そ・こ・で



キング・オブ・ご当地馬ダンスディレクターのシルクロードS連覇を祝して、フェブラリーS週にO・S3単行本プレゼント第2弾を予定している。



ただ、色々あって現時点ではあくまで予定。具体的な内容は関係各所と調整後、レース当週の発表とさせてほしい。



有馬記念とフェブラリーSではアクセス数が違うし、肝心の“ブツ”を用意するにも少々時間を要する。



あと、ここだけの話、若い衆Yから「“必ずもらえる”は絶対に止めてください(怒怒怒怒怒)」と釘を刺されていので(苦笑)、個人的に不本意ながら今回は先着or抽選制にせざるを得まい。



テレビCMとかでお決まりのフレーズ(注4)だから便乗して採用(!?)したけど、携帯ショップとか凄いことになっているんだろうな~


注3詳しくは過去ブログ

12/23【必ずもらえる(マジ!!)】小宮サンタから1日早いX'masプレゼント!

12/24(昼)【お知らせ&お詫び】O・S3単行本プレゼント企画は申込者が殺到したため応募を打ち切りに……

12/24(夜)【今度こそ】必ずもらえる!有馬記念の◎本命馬&LINE限定ワケアリ馬主の勝負馬を特別配信!

をガン見してくれ(まさか●●●冊も発注して足りなくなるとは……)


注4ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
TVCM au「もらえる好き」篇

0:45~。「このCMをテレビで見たことがない=上層部の判断でお蔵入り!?」


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
2/4(土)東京8R
4歳上500万下(ダ1600M)に出走予定

JRAの馬主協会所属で分類すると東京ご当地馬主、★★★★オーナーのワケアリ勝負馬。南関東大井のイメージが強いお方だからなかなか取り上げる機会が無かったけど、今回は個人的に満を持して(!?)、地元開催の府中替わり。俺が思うに直線の長い東京でこそのタイプだよ。スタートで置かれるのは毎度のこと。人気を裏切った前走を受けて中間は攻めを強化。最終追いではウッドの自己ベストを更新するほど動いたし、展開に左右される馬だが情報的に狙う価値はある。



ち・な・み・に



緑色の場所で公開しているO・S馬と似たような脚質なのが、10/15ブログで推奨したラインフェルス。当時は生粋のサウスポーが中山で末脚不発、馬主お膝元の東京替わりで巻き返し……って話だったけど、スタート行き脚が付かず後方から追い込むも2着止まり(※1)。今回は最後のゲート誘導になる大外枠なので出遅れの心配は低いが、この馬は芝スタートがひと息だからな。それでもO・S馬が馬券に絡む流れなら、大外から2頭揃って飛んできそうだが……?

※1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
10/16 東京6R 3歳上500万下 ラインフェルス(2着)

ゲートは普通に出ているのに置かれてしまう。強い競馬しているのにな~


【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
緑色の場所&ヒヨコでしか書けないネタがある!?


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【LINEはじめました】



ホントに×4ライオンだ~(by串田アキラ※和田アキ子ではない)
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201702.jpg

競馬最強の法則2月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


【LINEはじめました】
友だち追加
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト

| カネになる話 | 14:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月