クリスマス

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

≫ EDIT

【最強7月号】本日もブログ&LINE&色んな場所フル活用でお届けしています




こんばんは。エピカリスのベルモントS消炎剤投与に引っかけて(!?)、6/14(水) 【競馬界の黒歴史】最強の法則2015年2・3・4月号地獄の早耳を要チェック!?“爆弾”を投下したら、軽~くヤバいことになった小宮城です(泣)



これは6/13(火)発売の最強7月号に掲載されたエージェント弾劾記事(注1)に触発されて……と苦しい言い訳をしておくが、2015年の最強バックナンバーを持っていないって読者向けに少しだけ補足を。



大前提としてPB(仮名)に結果としてカフェイン入りサプリメント(!?)が投与されたのは、エピカリスと同じく重大な疾患(関節炎)があったから。



そんな状態で新馬戦を快勝(後に禁止薬物検出により失格)するんだから大したモンだけど、消炎剤とサプリメント(この表現も個人的にどうかと思うが……)、言葉の違いこそあれ、症状によっては多少アチコチ痛くても、結構お馬さんは走れるモンなんだよ?



それだけにエピカリスも出走できていればひょっとして……と思う反面、あくまで小宮城の勝手な憶測と断っておくけど、



「(カネは欲しいが)シャブ漬けの日本馬に伝統あるベルモントSを勝たれたら面白くないし、(消炎剤投与の事実が米メディアを通してダダ漏れで)後始末が面倒だ」



とばかり、主催者サイドの判断で出走を取り消したんじゃないか?



注1ブログ参考画像(競馬最強の法則7月号地獄の早耳より)
jigokuezu.jpg
俺もブログで実体験済みだが誰だかバレバレのイニシャルは……



この話はどこをどう切ってもヤバイ方向に進むから軌道修正すると、競馬最強の法則7月号はオーナー・サイダー連載も要必見だ。



今回はセレクトセール上場馬兄弟ヤリSPECIALと題して大増4ページでお届けしているが、バイトの詰め込みすぎで担当の馬券しくじり先生が原稿を落とす(!?)ことを懸念されたのか、いつもの40Pではなく56Pに掲載されている。



40Pは大井の帝王こと的場文男ジョッキーにお譲りしたので是非チェックしてほしいが、先月号で俺が独占インタビュー(!?)を受けた最強競馬ブログランキングのコーナー(注2)も見逃せない。



詳しくは最強競馬ブログランキングで掲載されているココでも確認できるけど、個人的にインタビューリレーがつながってホっとしている。



これは前回の取材時に僭越(せんえつ)ながら運営サイドにアドバイスさせてもらったが、意外とブロガーは隠れた美味いラーメン屋の店主と気質が似ていて、表に出るのを嫌がる人もいる。



ランキング参加者は俺を含めて競馬ジャンキーの変人だらけ(失礼)。インタビュー出演交渉は難航するだろうな~と思っていたけど、大根おろし氏はよく受けてくれたよ。



最強の法則、いや競馬界全体の高所から見ると、若い世代(大根おろし氏は小宮城とほぼ同年代だが……)の予想家が育っていない。かれこれ雑誌登場から10年弱、公称1978年生まれの俺ですら、この業界だと若手の部類だからな?



その間も最強紙上や他メディアで多くの予想家がデビューしているけど、アマゾン本ランキングで全体4位に入ったこともある小宮城に匹敵するほど、色んな意味でクレイジーなブロガーはあらわれなかった。



これを基準にする方が間違っているってツッコミはさておき(苦笑)、最強ランキングは次世代の予想家を読者が見つけ出し(←ここがポイント)、より多くの反響を集めた者にスポットライトが当たる場所だ。



かくいう俺もブログランキングがきっかけで最強編集部の目に止まり、雑誌デビューから異例の長期連載、さらに単行本を3冊も世に出させてもらった。



隠れた美味いラーメン屋の頑固店主的な気質がある大根おろし氏は迷惑かも知れないけど、諸事情が許せば後に続いてほしい……と願っている。



そもそも何のためにブログやTwitter、YouTubeをやっているのか。公開場所は違えど、自分の予想を見てもらいたい。これは一緒だと思うんだよ?



【最強の法則が監修】競馬ブログランキングが誕生!
sa4.jpg

競馬最強の法則6月号に掲載された小宮城の独占(!?)インタビュー
in_20170519133722187.jpg
4/21【先ず隗より始めよ】競馬ブロガーHEROよ、今こそ集え!を参照
(たけしの挑戦状と同じく都内の喫茶店で軽い感じで語った話が……)



最後に、最強競馬ブログランキングには大根おろし氏のほかにも、凄腕予想家が多数参戦している。



また運営サイドのフットワークが軽くて、他サイトには無い独自企画が目白押しだ。



先月から始まったブロガー重賞予想一覧はお世辞抜きに素晴らしいし、さらに今週末からサマーシリーズチャンピオンブロガー決定戦が開催される。



詳しくは最強競馬ブログランキングで確認してほしいけど、先週のエプソムCでは俺以外にも東京ご当地馬主の勝負馬ダッシングブレイズ(5人気)を本命、見事当てた猛者もいるからな。



予想上手なら下位ランカーでも注目が集まる(アクセスが増える)システムは画期的だが、1980年代のタ●トーじゃあるまいし、冗談交じりに語ったアイデアを本当に実行するからたけしの挑戦状(注3)並みにおっかない!?


注3ブログ参考画像(YouTubeたけしの挑戦状 冒頭で遊んでみたより)
sa5_201706161150249a2.jpg
念のため上記動画に他意はない。電話がかかってきてもガン無視する笑


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/17(土)阪神10R
水無月S(ハンデ芝1200M)に出走予定

オーナー・サイダーは馬主お膝元で勝負仕上げを施された馬を狙い撃つ馬券術だ。6/11(日)【エプソムC&東京最終】競馬ファンにO・Sが浸透している裏返し!?と書き出しが同じ……ってツッコミは全て却下するとして(オイっ!!)、俺は時に持ち時計などをガン無視して予想する場合が多々ある。人気~で公開している超マニアック阪神ご当地馬主のワケアリ勝負馬は典型例。間違いなく指数派のファンは嫌うタイプだし、まして今回は色んな場所で補足する偶然(!?)が重なってグリグリだけに……?

これは元情報屋さんとしても本来は嫌いたい要素なんだが、俺が思うに因果な巡り合わせにより勝負の手綱を託された★★Jが前任者と同程度か、それ以上のパフォーマンスを引き出せれば能力は通用するはず。もっとも★★Jは手の内に入れていた主戦と異なり超久々の騎乗だけに、本格化前のイメージを払拭できずアッと驚く為五郎(※1)ならぬ溜殺し(!?)も考えられる。こればかりはフタを開けてみなければ分からないし、あくまで馬券は自己責任で頼むぜ!(く、苦しい……)

※1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
ハナ肇のゲバゲバ「アッと驚く為五郎」

さすがYouTube……。これがあるのは凄いがマジ意味不明だよな~




【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


  
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【O・SLINE@限定ここだけの話を公開中!】



【特別企画】セレクトセール上場馬兄弟ヤリSPECIAL!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201707.jpg

競馬最強の法則7月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)
スポンサーサイト

| カネになる話 | 17:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月