クリスマス

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

≫ EDIT

【土曜函館7R】“逆もまた真なり”で二匹目のドジョウを狙う!?

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
7/15(土)函館7R
3歳上500万下(ダ2400M)に出走予定
(エムオーグリッタ)
唐突だけど競馬には長年に渡り蓄積された傾向がある。例えば下記画像の大井ダ1400Mにおける内枠が断然有利(※1)。最大シェアを誇る専門紙Bが自信満々(!?)に言い切るくらい、地方競馬フリークの読者にとっては“常識”だろう。

しかし、枠順の有利不利に限らずコース傾向は時と場合による(←ここがポイント)。中山芝1600Mなど1コーナー奥のポケットからスタートする条件で外枠不利は定説だが、逃げ先行馬には距離ロスになっても、中団後方で脚を溜めるタイプには当てはまらないことも。まして前に行きたい馬が揃って流れが速くなれば馬群はバラけるし、外枠で人気にならない分だけ逆にオイシイ(※2)ってことが多々あるんだよ?

※1ブログ参考画像(専門紙B大井競馬場コース図と距離特性より)
ooi.jpg
フォローしておくと解説は間違ってない。あくまで基本であり応用も必要ってこと

前置きが長くなっちまったけど、人気~で公開している北海道ご当地馬主のワケアリ勝負馬も、競馬歴の長いファンなら嫌いたい要素が目立つ。キャリアの浅い3歳馬がコーナー4つの小回り函館、さらに今回は12(水)に美浦で最終追いを行い函館直入と来た。出走馬では数少ないダート長距離巧者とはいえ、少々危険な香りが漂っている。

恐らく10年前の俺なら間違いなく推奨していないが、馬運車の空調技術が進歩した近代競馬では馬にもよるけど、津軽海峡をフェリーに揺られてどんぶらこ(死語)の函館直入でも結構来る(実体験済み)。古馬と比べて斤量が軽い3歳馬の活躍は言わずもがな、過去の傾向が往々にして覆るからな。人気~O・S馬も大井の馬券と同様にオールド競馬ファンは軽視するに違いないし、“逆もまた真なり”で二匹目のドジョウを狙う!?

※2ブログ参考画像(7/12大井10Rウイニングポスト賞より)
61220.jpg
多方面に配慮して詳細は色んな場所で。個人的には少々アレなんだけどな~

【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


  
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【O・SLINE@限定ここだけの話を公開中!】



サンライズノヴァはヤナガワ牧場の恩返し(罪滅ぼし?)
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201708.jpg

競馬最強の法則8月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)
スポンサーサイト

| カネになる話 | 17:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月