Article

        

【ブログでも“G1情報”始めました】

2010/ 10/ 09
                 
秋競馬ハイシーズン全開宣言!
【ブログでも“G1情報”始めました】



2008年5月の開設から早2年半、ほぼ毎日ブログ更新を続けてきた。


当初は


インサイダー情報の凄さを体感してほしい


と思い立ち「某情報会社幹部」と名前を伏せて始めたワケだが、新聞等の公式媒体では一切語られていない激裏話を意識的に書いてきた。



その後は濃い競馬ファンを中心に噂が噂を呼び、開設して1年足らずで人気ブログランキングFC2ブログランキングの競馬部門1位を独走。



今では



9,500,000



何と950万アクセスを突破。今年中に1000万アクセス到達は確実なほどまでの支持を集めた。



これも全ては毎日熱心にブログを見に来てくれる読者みんなのおかげだし、この場を借り改めてお礼を言わせてほしい。





ただ、名前を伏せていた頃はG1・重賞出走馬の激裏話を包み隠さず公開()していたけど、現在はブログで取り上げる回数そのものが激減。週によってはG1・重賞に全く触れない事も多くなった。
(08年10/12【京都大賞典のヤバイ話を緊急公開】が典型例。不安情報があったアドマイヤジュピタは京都大賞典を惨敗後に屈腱炎を発症して引退。今では完全アウトの超オフレコ話をブログ公開に踏み切ったが、当時は読者から物凄い反響があった)


その結果、最近になって俺のブログを知った読者から


『G1・重賞の話は書かないのか?』


なんて素朴な疑問がinfo@keiba7.netや拍手コメントで寄せられている。



確かに人気ブログランキングFC2ブログランキングに名を連ねる上位ブロガーで、G1・重賞の話を書いていないのは俺だけだからな。



まぁ、逆の意味で目立っているし俺的には“個性”だと思ってきたが、ハイシーズンしか馬券を買わないライト競馬ファンはメールや拍手コメントを読む限り、条件戦に出走する確勝級オーナー・サイダー馬に興味がないらしい。



これは約2年近く人気ブログランキングFC2ブログランキングの競馬部門1位に君臨してきた俺の“驕(おご)り”でもあるけど、ブログやオーナー・サイダー単行本でも繰り返し書いたように、基本的に全馬ガチンコ対決のG1・重賞は勝負レースに適していない。



それよりも“勝ちたくない馬”が多数出走している条件戦の方が、勝負度合いもハッキリしていて圧倒的に馬券を獲りやすいからな。



世の中の競馬ファンはJRAの経営戦略にハマリG1・重賞ほど勝負する傾向が強いけど、大レースで馬券をハメても偉くもなんともないぜ?





・・・といくら力説したところでライト競馬ファンには、行列ができる職人気質のラーメン屋に貼ってある“押し付け注意書き”程度にしか聞こえないだろう。



これが本当に職人気質のラーメン屋なら『文句があるなら食わないで結構!』とガン無視する所だが、他の競馬ブログに読者が流れるのは我慢ならん。



ライト競馬ファンに“一見(いちげん)さんお断り”と思われても嫌なので、今後は可能な限りブログでもG1・重賞の表に出ない激裏話を公開することに決めた!



とりあえずジャパンC当日までに1000万アクセス到達を“公約”に掲げ

「毎日更新」、「新聞に載らない激裏話」

満載で書く所存なので、読者のみんなも大いに期待してくれよな!


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
10/10(日)東京★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへb_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
恐らくライト競馬ファンの読者は人気ブログランキングの馬名とレースを見てズッコけたと思うけど、俺が早い時間帯のレースを取り上げるのには、それ相応の理由がある。毎日王冠・京都大賞典の激裏話は10日朝のブログで公開するので、食わず嫌いせずにチェックしてほしい。

さて、人気ブログランキングオーナー・サイダー単行本でお馴染みS調教師の十八番、メンバーが1枚落ちる関東馬相手の勝負遠征。しかも人気ブログランキングは東京7Rに出走するダテノスイミー(※情報的にコッチは付け馬)と同馬主だからな。オーナーは現在中央では7頭しか所有していないし、その内の2頭を同日に使う勝負態勢だ。

S厩舎の東京遠征は過去3年の48勝中、約3分の1に相当する18勝を東京でマーク。この土曜も東京★Rで1勝を加算したように、前走関西圏で掲示板に載っていた馬を東京に使ってきたら勝負遠征だから、覚えておいて損はないぜ。


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはコチラ↓
info@keiba7.net
                         
                                  

コメント