Article

        

週中からブログで平場戦出走馬が書ける理由を大暴露!!

2011/ 02/ 24
                 
元競馬関係者が運営する情報会社だから分かる!
週中からブログで平場戦出走馬が書ける理由を大暴露!!





待たせたな。




昨日はトタバタしてブログ更新を情報馬だけにさせてもらったが、今夜は久しぶりに読者から寄せられた“素朴な疑問”に答えようと思う。



・・・と詳しく説明したら結構ボリューミーになったので、先にオーナー・サイダー馬をチェックから確認してほしい。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
※注意
例によって無料メール会員の読者に勘違いされても困るので最初に断っておくけど、2回中山、1回阪神、2回小倉開幕週に出走を予定している大勝負馬はブログで書かない(※書けない)。そんなワケで今回もあくまで“俺が個人的に狙っている”O・S馬を取り上げようと思う。

2/26(土)小倉2R
3歳未勝利(ダ1000M)に出走予定
人気ブログランキングへb_01.gif(ロトドレッサー)
2/13(日)【もう2着はいらない。1着がほしい!】で取り上げた「小倉ご当地馬主」國武佳博オーナーの勝負馬。
國武佳博オーナーは福岡県三潴郡にあるくにたけ医院の院長。ミヤジエムジェイの曽我司オーナーと同じく(※1)、超が付くご当地馬主だ。

そして今回は人気ブログランキングに合わせて、全所有馬4頭がオーナーお膝元の土曜小倉で出走させる異例の勝負がかりだ。

し・か・し

情報的には「バイオ・ハザード(※2)」に近いパターンで、4頭中3頭はオーナーの強い意向で、半ば無理矢理使う形だからな。特に小倉8Rのロトスカイブルーは、当初は今週の出走予定では無かった。そんなワケで鞍上が近2走手綱を取った中舘から、先約の都合で勝浦に乗り替わっている。

とりあえず2回小倉開幕週を目標に調整してきた人気ブログランキングは好勝負になると思うが、それ以外は正直微妙な感じだな・・・

(※1・1/19【最強の法則取材時に耳打ちした小倉ご当地馬主の勝負馬!】をチェックだ)
(※2・ネガティブ話なので念のためFC2ブログランキングの紹介欄に書いた)

--------------------------------------------------------------------------------------


さて、先週は約2ヶ月ぶりにブログで無料メール会員を募ったせいか、見慣れないハンドルネームの読者から質問が多い。


その中でもチラホラと目立つのが

『前から不思議に思っていたのですが、なぜ平場戦に出走する馬が木曜の確定前に分かるのか?』

という内容だ。



前にも似たような質問に答えた気がするけど、これこそが実際に厩舎スタッフから話を聞ける元競馬関係者が運営する情報会社だからだ。



例えば1/30(日)【メイショウ松本好雄オーナーの勝負馬を先行公開!】で取り上げた2/6京都8R4歳上1000万下を3馬身半差で圧勝したメイショウデイム、2/7(月)【オーナーお気に入りの蛯名Jを配してお膝元で出走!】で2/12東京5R3歳未勝利を快勝したロングスローイン。先週だと2/14に取り上げた日曜東京4R3歳未勝利のリンゴット、2/15に書いた日曜東京6R4歳上500万下のギャザーロージズ。


今週の週中に書いた馬だと

2/20(日)【下関の水産王が吠える!】
⇒26日小倉5Rサンライズサルーテ(※陣営の判断で芝1800Mに使ってきた)

2/21(月)【ボストンホースの勝負馬】
⇒26日阪神2Rボストンリョウマ
(※26日阪神7Rに出走予定だったボストンエンペラーは週中に一頓挫あって回避)

2/23(水)【大城敬三オーナーの勝負馬を先行公開】
⇒26日中山5Rダイワベルベ、26日中山8Rダイワバーガンディ

などが該当するが、ファンの立場だと日曜夜にJRAから発表される特別戦以外、どの馬がどこのレースに使うのかを知るのは不可能だ。



そんな背景があるから多くのブロガーは日曜夜・月曜・火曜、水曜はG1の話か、ファンの立場でも出走馬が分かる特別戦をネタにするしかない。しかもブログランキングに参加している情報会社系と思われるブログでさえ、どこもそんな感じだからな。



“本当に関係者から話を聞いている情報会社”であれば、俺と同じく週中から平場戦に出走するお馬さんを取り上げられるハズだが、それができない(していない)時点で、察するに“聞いていない”ってことなんだろう?



悲しいことに世の中には競馬関係者から話を聞いているかのように装って、会員を募っている悪質な情報会社が多数存在する。俺のブログを毎日ガン見している読者なら気付いてくれると思うが、残念ながら“本物”と“偽物”の差を見抜けない競馬ファンが少なからずいる。



ウチの社内でも“他の競馬情報会社との差別化” は最重要課題に挙がっているんだが、これがどうして読者になかなか伝わりにくい。実際に情報を聞いた会員さんならともかく、どこの競馬情報会社も変わらないと思われているフシさえある。



ここは特に強調しておきたいので得意のデカ文字にするけど、俺が所属しているのは



業界随一の情報力を誇る


老舗情報会社




に他ならない。



出てはすぐ消えるその辺の競馬情報会社とは間違っても一緒にしてほしくないし、週中の時点で条件戦に出走を予定している個人馬主の勝負馬を把握しているのも、全ては情報網が入手したインサイダー情報の賜物だ。



つ・い・で・に



表向きには元競馬関係者の看板スタッフがいる情報会社であっても、その全てが真っ当なところとは限らない。あえてどことは言わないが日曜夜に更新される「来週のインサイダー情報馬」というコンテンツで、1口クラブ馬ばかり挙がっている情報会社があった。



しかも情報内容は1口クラブの公式HPに掲載されているコメントの丸写し。それを“関係者から入手した1週前時点での勝負馬”として紹介しているんだからな。少し事情に詳しい人間なら、瞬時にインチキ情報会社と見破れる酷い内容だ。



4月発売予定のオーナー・サイダー2(仮)でもチラっと書いたが、社台RH、サンデーR、キャロットFなどの社台系ひと口クラブでは、かなり濃い内容の情報を公式HPで出資者に伝えている。



その理由は昨今の不況を受けて個人馬主の資格を持っている人が、1頭持つのは大変なので、ひと口でいいやと、この3クラブに流れているといわれている。その中には競馬ファンなら誰もが名前を知っている大物馬主も、多数出資しているらしい。当然、愛馬の馬券購入額もサラリーマン出資者とはケタ違いだし、クラブ側も気を使って勝負時には公式HPで、陣営の勝負話を掲載しているんだ。



そして上記のインチキ情報会社ではそれを“実際に関係者から話を聞いた情報”として公開している。事情を知らない競馬ファンなら確かに書いている内容が内容なので、勘違いしてしまうのも納得だ。



しかし、その情報は社台系ひと口クラブの出資者であれば、誰でも入手できる代物だからな? クラブ馬ばかり取り上げている情報会社は、公式HPを見て“関係者から話を聞いたように見せかけている”と思ってまず間違いないだろう。



そして手前ミソになるがウチの情報会社では、1週前時点で平場戦に出走を予定している個人馬主の有力馬が、どのレースに使うかまで把握している



さらに俺が古川さん直伝の番組表読み(※3)で事前に指示を出して、情報網に出走予定レースを確認してもらっているので、ファンが知る術がない平場戦の出走予定馬も分かるワケよ。
(※3【出走ルールと番組表を把握すれば百戦百勝!?】をチェックだ)



繰り返しになるが最近は悪質な競馬情報会社が増えている。くれぐれも読者のみんなは提供される情報の中身をよ~く確認して、本物と偽物を見極めてほしい。

2011年4月に発売決定!
NowPrinting_20100122181831.jpg

小宮城の馬主馬券術

~オーナー・サイダー2(仮)~


馬主別“勝負パターン”完全マニュアル掲載!
前回を上回る激裏話が満載!!(の予定)



↓質問・応援コメントはコチラ↓
info@keiba7.net
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント