Article

        

【ハード面で大きな差】今年の2歳戦線は「社台F<ノーザンF」?

2011/ 05/ 30
                 
分厚いチョコになる2歳馬情報2011~第2回~
【ハード面で大きな差】今年の2歳戦線は「社台F<ノーザンF」?


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/5(日)阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへ

6/5(日)阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
b_01.gif(←O・S馬はココで確認してくれ)
久々に登場。「阪神ご当地馬主」近藤英子オーナーの勝負馬×2。
オーナー・サイダー1で詳しく書いたように近藤英子オーナーは阪神馬主協会の会長を務める近藤利一オーナーの妻。言わずもがな阪神競馬場は超が付くお膝元になる。

人気ブログランキングは勝ち切れない競馬が続いているが、前走は勝った馬が強すぎただけ。3着以下には決定的な差をつけていたし、再び牝馬限定戦なら好勝負必至。

そしてFC2ブログランキングは情報的にピンかパー。オーナー・サイダー的には十分狙いが立つが、この馬は勝負所で気を抜く悪癖があるので、外国人ジョッキーじゃないとマジメに走らない。久々に加え出遅れた前走は参考外としても、今回の鞍上はテン乗りで浜中Jが騎乗予定。正直、ちゃんと御せるかどうか・・・?

--------------------------------------------------------------------------------------


昨日より始まった分厚いチョコになる2歳馬情報2011だが、第2回の今夜は月曜恒例ヤバイ話(※1)に属するネタだ。
※1・月曜限定ヤバイ話シリーズとは?
【オフレコ話はランキング紹介欄を要チェック!】を参照。



そんな背景もあって5/29(日)夜では意図的に俺のオススメ2歳馬3頭+3だけ先に取り上げて、指名根拠は1週間で最もアクセス数が少ない月曜に書くことにした。



まぁ、トレセン内では誰もが知っている話とはいえ、あの東日本大震災が絡んでいるからな。被災された関係者に配慮した書き方になるので、読者のみんなもそれを頭の片隅に置いて読み進めてほしい。



さて、本題に入るとブログタイトルにしたように今年の2歳戦線は、同じ社台グループの生産牧場でもノーザンFがハード面で有利だ。



正確には“社台Fがハード面で厳しい”と表現した方が適切だが、報道にあったように社台Fは宮城県にある外厩「山元トレセン」が震災により被害を受けた。



一時は入厩馬全頭が他の施設に避難したほどだけど、その絡みで社台F関連の外厩はどこも満杯状態。馬の入れ替えに大きな影響を及ぼしている。



現在の山元トレセンは落ち着きを取り戻し徐々に馬も入ってきているとはいえ、FC2ブログランキングの紹介欄に書いたように、一朝一夕で震災前の状態には戻らない。



その影響か社台F生産の2歳馬は全体的に入厩予定が押している



5/28時点で東西トレセンに入厩している馬は僅か4頭。これはTARGETで調べたので馬名登録前の馬も含めればもう少し増えるかもしれないが、サンデーR=9頭、キャロットF7頭を始め24頭が入厩しているノーザンF生産馬と比べれば一目瞭然だろう。



同じ社台グループ生産牧場にも関わらず5倍以上の差が出ているのには理由があって、ノーザンF生産馬は昨秋に滋賀県甲賀市信楽町に開場した「ノーザンファームしがらき」に、牧場から直接入厩しているためだ。



ノーザンファームしがらきは施設名にあるようにノーザンFが作った外厩。基本的にはノーザンF生産馬と、同牧場がバックアップしているサンデーR、キャロットFなどの1口クラブ所属馬が優先的に入厩できる。俺も裏を取ったワケではないので憶測になるが、恐らく社台F生産馬はほとんど入ってないんじゃないか?



こんな感じでノーザンF生産馬は震災前どころか、昨年の同時期と比べても2歳馬の入厩が早い。



それとは対照的に社台F生産馬は山元トレセンが完全ではない上に、震災の影響でグリーンウッドなどの関連外厩はどこも馬で溢れかえっている。ハード面の不利は計り知れない。



上記の理由で少なくても<“2歳戦”は同じ社台グループでも、ノーザンF生産馬が活躍すると思われる。



ただ、かと言って今年のPOGで社台F生産馬を軽視は禁物だ。元々、社台Fは代表の吉田照哉氏の方針で、早い時期に馬を仕上げない。特にクラシック級の素質馬は秋~暮れデビューだからな。



具体的には社台F生産馬の即戦力候補と言われている馬は、ちょっと注意した方がいい。馬は仕上がっていても外厩が一杯で入厩できない・・・なんてオチがありかねない。



逆に主要POG本でデカデカと取り上げられている良血馬は、それほど神経質になる必要はない。社台Fとしても牡馬牝馬クラシックはその力を内外にアピールする機会だし、例え入厩予定が詰まっていても優先的に入れてくるだろう。



最後は話の流れで読者お待ちかね、俺がドラフトリストに加えている社台F生産馬を紹介しよう。昨日は調子に乗って3頭も書いちまったので、後々を考えて今夜は小出しで1頭にさせてほしい(苦笑)

ファイナルホーム 牡
父ディープインパクト
母ファイナルデスティネーション(母父O'Reilly)
堀厩舎 馬主:社台RH 生産:社台F
「秋デビュー予定。時間がかかりそうだが秋の東京開催に間に合えば朝日杯杯も?」

--------------------------------------------------------------------------------------


競馬最強の法則で俺の担当Nさんも編集スタッフの1人
最強のpog青本


最強のPOG青本


~全国書店で絶賛発売中~


【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
info@keiba7.net
                         
                                  

コメント