Article

        

JBCレディスクラシックのカネになる話

2011/ 11/ 01
                 
3日連続JBC競走の“個人的”見解をブログ公開!
JBCレディスクラシックのカネになる話


※毎日ブログをガン見している読者は必読!
⇒10/31(月)【お願い】よい子の読者は絶対にマネしないように!を要チェック!


[JBCレディスクラシックの個人的見解]
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

c_01.gif (←お馬さんはココで確認してくれ)

△カラフルデイズ、パールシャドウ

?エーシンクールディ(※小ネタ)

今年からJBC競走に加わったレディスクラシック。格付けこそ新設なので重賞だが、実質的には交流G1。ダートの牝馬限定戦では国内最高額となる賞金4000万円を狙って、砂の女傑がズラリと出走してきた。

出走メンバーの大半が前哨戦のレディスプレリュード組の再戦になるが、当時のレース内容と臨戦過程を加味した上で本命は◎人気ブログランキング。当初から最大目標はレディスクラシックだし、久々を使われて状態も型通り上昇。前走は出遅れて道中マンマークされた分の不利もあるし、あの結果で評価を下げるのは早計だ。

心情的には○人気ブログランキングの方に◎を打ちたいけど、この馬は本質的に軽いダートの方が合っているからな。デキは抜群に良いのでこれ以上は印を落とせないが、晴天続きでパサパサに乾いたダートだと疑問符が付く。ただ、大井競馬が意図的に速い時計を出すために散水でもしたら、評価を改める必要に迫られるが・・・

▲で狙って面白いのがFC2ブログランキング。メチャクチャな使い方に加え大敗続きで人気ガタ落ちだが、前々走は太め残り、前走は馬体を絞る目的で強行出走と明確な意図がある。中間もビシバシ追われているように牝馬らしからぬタフさで状態は上向いているし、前走で速い流れを経験したのも生きてくると見て単穴に抜擢。

△カラフルデイズは前走のレディスプレリュードが言い訳できない負け方。関東オークスはメンバーに恵まれたし、牝馬の一線級が相手だと1800Mは長い印象を受けた。

同じく△評価に留めたパールシャドウは臨戦過程が気にくわない。変則中2週とはいえ中間の追い切りは実質1本だけ。使えるから使っちゃおう的な感は否めない。ゲートで躓き道中マクって先頭に立った前走は強かったが・・・?

?エーシンクールディは地方馬なので直近の状態を把握していないけど、普通に考えれば“勝負後の惰性(だせい)で出走”。前走のレディスプレリュードはグランダム・ジャパン()古馬牝馬部門の対象レースで、レース賞金とは別に優勝ボーナス1000万が懸かっていた。中央勢相手に距離の長い1800Mで粘れたのも、ボーナス目的で目イチ仕上げを施されていた可能性が高い。競走馬は100%に仕上げた後は必ずデキが落ちるし、読者のみんなもパドックで状態を確認してから購入してほしいな。

グランダム・ジャパンに関しては
グランダム・ジャパン概要2011古馬シーズン結果
を参照。


【11月号は森中蕃オーナーと林正道オーナーの裏話】
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術も要チェック
競馬最強の法則11月号

競馬最強の法則11月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!



【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント