Article

        

【緊急提言】1口クラブは経営オーナーの私物なのか?

2012/ 01/ 03
                 
お馬さんの趣味は人それぞれですから~
【緊急提言】1口クラブは経営オーナーの私物なのか?


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
2012年1/5(木)中山2R
3歳未勝利に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ニホンノチカラ)
「山本英俊オーナー&藤沢和厩舎」黄金コンビの“ワケアリ”勝負馬。
ワケアリの理由は当初5日中山★R(芝2000M)を予定していたのを、数少ない芝のレースに優先出走権を持った馬が10頭弱も使ってきたので、相手関係を見極めて同日のダート戦に変更したから。前走が芝レース2着だけに出走経緯は弱腰とも受け取れるけど、血統的にダート替わりは全く問題ないクチ。中間の稽古でもダートコースで軽快なフットワークを披露しているし、さすがに砂を被ってチンはないと思うぜ?

--------------------------------------------------------------------------------------


今夜のブログは趣向を少し変えて、俺なりに1口クラブのあり方を考えてみたいと思う。



キッカケは1/2のブログで取り上げたマイネル軍団だ。



詳しくは昨日の記事をガン見してほしいが、ウイン買収後に起こった厩舎と新経営陣の“暗闘”を大暴露。これが多くの読者から反響を呼んでいる。



どこの会社であれ経営者が変われば方針も一大転換を余儀なくされるし、マイネル軍団の行ったことは傍若無人な振る舞いだけど、それが正しいか間違っているかはともかくとして、買収した側からすれば至極当然と考えるだろうな。



改めて説明するまでもなくどこの1口クラブも経営母体には、大手生産牧場や大物個人馬主が絡んでいる。

社台系1口クラブ

[社台F(吉田照哉氏)系]
社台RH
グリーンF

[ノーザンF(吉田勝己氏)系]
サンデーR
キャロットF
シルク

[追分F(吉田晴哉氏)系]
G1レーシング
セゾンRH


個人馬主経営1口クラブ(社台寄り)
東京HR 山本英俊


【非社台系】生産牧場経営1口クラブ
ヒダカBU (日高)
ターフ・スポート (浦河)
ローレルR (新冠)

ラフィアン (マイネル軍団)
ウイン


【非社台系】個人馬主&生産牧場経営1口クラブ
ロードHR
⇒中村和夫(モエレ)&ケイアイファーム

大樹F
⇒RRA(大濱民郎)&ビクトリーホースランチ(荻野豊)

ブルーマネジメント
⇒中西健造(ケンブリッジ)&ケンブリッジバレー

【非社台系】1口クラブその他
広尾レース
友駿HR

●事実上経営が破綻した1口クラブ
・ジャパンHC(エプソム)
・ゴールドR


そして社主であるオーナーは経営にも口を出すし、完全に趣味丸出しのクラブも多々見られる。



昨年暮れの有馬記念では東京HRのレッドデイヴィスに、経営者である山本英俊オーナーの強い意向で武豊Jが騎乗。結果は残念だったけど、これもクラブ所属馬の私物化と言えるだろう。



俺は東京HRの1口馬主なのでイチ出資者としての意見だけど、さすがにレッドデイヴィスの鞍上に武豊Jを乗せたのは私情に走りすぎた。



一般論としてレッドデイヴィスには当初、安藤勝Jが騎乗を予定していた。それをペルーサに乗る予定の横山典Jが騎乗停止になったので、安藤勝Jを自分の個人名義馬にスライドさせる……



事実上ペルーサとレッドデイヴィスは同馬主なので誰にも文句を言われる筋合いはないが、お客さんであるレッドデイヴィスの出資者は納得しない。クラブ会員を無視していると言われても致し方ない行為だ。



まだ募集馬にゼンノロブロイ産駒をズラリと並べるのは我慢できる。



どこからどう見てもペルーサでひと山あてた山本英俊オーナー&藤沢和師の趣味だけど(苦笑)、馬が気に入らなかったら会員は出資しなければいいだけの話。一時期のマイネル軍団のロージズインメイ産駒だらけと、やっていることは同じだからな?



そしてクラブ所属馬に誰を乗せるか、社台系クラブなら外国人Jにリーディング上位騎手であり、マイネル軍団なら松岡、丹内、柴田大、津村、中谷などなど、好みが分かれている。



当然ながら出資者の立場では鞍上に口出しはできないし「松岡が乗れないから中谷になりました」と言われても文句は言えない。中谷以外にも成績上位のジョッキーが空いていたとしても……だ。



結局、どこの1口クラブも大なり小なり社主であるオーナーの意向(私情)が経営に表れていて、それが嫌ならヨソに行ってくれって話なんだよな?



競馬最強の法則紙上の連載でも取り上げているように、長引く不況と補填制度の廃止で多くの1口クラブは危機に直面している。



昨年はシルク、セゾンHR、ウインと経営統合が相次いで発表されたのは偶然ではなく、いずれもクラブが生き残るために苦渋の決断を迫られた結果だ。



この厳しい状況下でも一部クラブは私情丸出しで経営しているけど、社主であるオーナーは会員の声に耳を傾けた方がいいと、老婆心ながら思ってしまう。



あえてどことは言わないが募集馬の売れ行きは右肩下がりだし、こんな調子じゃ近い将来、社台グループに経営統合されちまうぜ?


【社台vsノーザン】外国人Jの起用方針を大暴露!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術も要チェック
競馬最強の法則1月号

競馬最強の法則1月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!



【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント