Article

        

オルフェーヴル陣営の引っ張りを見抜けた理由~前編~

2012/ 06/ 29
                 
競馬では時として“先入観”が誤った結論へ導く!?
オルフェーヴルの引っ張りを見抜けた理由~前編~






待たせたな!





本題に入る前にブログで事前公開()した宝塚記念のオルフェーヴルの取捨に沢山のお礼コメント本当にありがとよ。

詳しくは過去ブログ

6/22【宝塚記念】オルフェーヴルの取捨は!?

をガン見してくれ!

ブログ参考動画(※PC限定)
2012年 6/24 宝塚記念 1着オルフェーヴル


陣営の弱気一辺倒の公式コメントを真に受けて多くの競馬記者や予想家がオルフェーヴルの評価を下げたけど、俺は引っ張りを見抜いたからと言って鬼の首でも獲ったように責めるつもりはない。



何故なら彼らもファンと同様に“陣営の弱気発言に引っ張られた被害者”だからな。



俺は関係者情報を取り扱う職業柄プロの競馬記者であっても、陣営のコメントに引っ張られて状態を見誤ることがあるのを知っている。



あれは忘れもしないフェラーリピサが勝った09年の根岸S。同馬は東京ダ1400Mのレコードホルダーであり、当時は前走のエルムSを快勝して5戦連続連対中だった。

フェラーリピサ

通常であれば各専門紙グリグリになる実績の持ち主だが、中間に顔面神経痛を発症して予定していたジャパンCダートを回避。一頓挫明けだけに陣営は公式コメントやウチの情報網にも弱気発言を繰り返し、最終的には単勝7倍(4人気)に留まった。



し・か・し



レースでは顔面神経痛の影響を何ら感じさせない内容で押し切り勝ち。しかも自身が持つコースレコードにコンマ2秒差の好時計で快勝だよ?




これには当時の俺も“調子の悪い馬がレコードと大差ない時計で走れるワケがないだろ(怒)”と、陣営の引っ張りを見抜けなかった情報網を責めたモンよ。



ただ、東西トレセンで馬と触れ合いながら取材している競馬記者や情報網だからこそ、実際に顔面神経痛で歪んだ顔を見て「こりゃダメだ……」と判断してしまったとも言える。



普段は的確なジャッジを下せる相馬眼の持ち主でも“先入観”のせいで、自慢の眼鏡が曇ってしまうことがあるんだよ。



まぁ、フェラーリピサの一件は最終的に「顔面神経痛は競走能力に影響しませんでした」ってオチなんだけど(苦笑)、中間の調整内容を振りかえると“そもそもデキは悪くなかった”という結論に行き着く。

-------------------

【フェラーリピサ根岸S時の中間調整】

助 手 1.14 栗 坂 稍 53.1 38.8 26.2 13.2   馬なり余力

岩 田 1.21 栗 坂 良 - - - 13.3   一杯に追う
   ケイアイテンジン(三500万)一杯を追走0.6秒遅れ

岩 田 1.28 栗 坂 良 53.0 - 24.6 12.5   一杯に追う

-------------------
ブログ参考動画(※PC限定)
2009年 1/28 根岸S
フェラーリピサの栗東坂路最終追い切り




引退した馬でも競馬ブックweb なら過去の調教時計を調べられるし、さらにはG1、重賞だとYouTubeに最終追い切りの動画までアップされている。本当に便利な世の中になったモンよ。



それはともかく、フェラーリピサの根岸Sは上記の中間調整や最終追い切り動画を見ても、「顔面神経痛の影響で本調子ではない」ということを知らなければ、普通に良い動きだと思わないか?



過去にも10年8/18ヤリ調教馬を見抜いて黄金を掴め!で詳しく説明したように、勾配のキツい栗東坂路でラスト2F24秒台を切ってこれる馬は、馬場状態にもよるが本当に数えるほどしかいない。オープン馬でもラスト2F24秒台、1F12秒台であれば好時計の部類だ。



そ・し・て



前置きが長くなっちまったけど、宝塚記念のオルフェーヴル中間調整と、最終追い切りの動画をガン見してほしい。

-------------------
【オルフェーヴル宝塚記念時の中間調整】

助 手 6.10 栗 坂 重 52.1 37.7 25.0 12.6   馬なり余力

池 添 6.14 栗 坂 良 51.6 37.9 24.8 12.1   一杯に追う
   エアラフォン(古オープン)一杯を0.3秒追走0.6秒先着

池 添 6.20 栗 坂 不 52.5 38.6 25.3 12.5   一杯に追う
   エアラフォン(古オープン)一杯を0.4秒追走0.6秒先着

-------------------

ブログ参考動画(※PC限定)
2012年 6/20 宝塚記念
オルフェーヴルの栗東坂路最終追い切り




補足として6/20(水)の栗東坂路は台風4号の大雨で不良馬場。当日の1番時計は4F51秒4と通常より1秒以上も要していて、オルフェーヴルの52秒5でも4番目に速いタイムだったりする。



馬場状態を考慮すれば仕掛けてから少しフラついたのも許容範囲だし、少なくても俺はこの動きを見て



状態7割の動きではない



と思ったワケよ。



さ・ら・に



俺のオルフェーヴル復調の自信が“確信”に変わったのが、過去に制したGⅠの調整内容と宝塚記念時を比較した時だ。

-------------------

【オルフェーヴル有馬記念時の中間調整】

助 手 12. 7 栗 坂 良 52.6 38.7 25.8 12.5   末強目追う

池 添 12.15 栗 坂 良 51.7 38.0 24.9 12.2   一杯に追う
   エアラフォン(古オープン)一杯を0.6秒追走0.3秒先着

池 添 12.21 栗 坂 良 51.7 37.7 24.4 12.3   一杯に追う

-------------------
ブログ参考動画(※PC限定)
2011年 12/21 有馬記念
オルフェーヴルの栗東坂路最終追い切り




有馬記念を制した当時の最終、1週前、2週前追い切りを抜粋しても、宝塚記念時と調整内容やタイムに大きな差はない。最終追い切りのフラつき加減にいたっては、有馬記念の方が酷く見えるほどだ。



これに池江師が発した「7割のデキ」と照らし合わせると、有馬記念も同程度の状態で後方から上がり33秒3の鬼脚で差し切ったことになるが……







……と本当の状態はオルフェーヴルに聞かないと分からないし、馬は喋ることができないからな。



1つだけハッキリしているのは陣営の弱気コメントに多くの競馬記者やファンが引っ張られて、フェラーリピサの根岸Sと同じくオルフェーヴルの“本当の状態”を見誤ってしまった。



池江師は発した弱気コメントの真意はともかく、宝塚記念で3冠馬の復活を素直に喜べなかったファンも多かったんじゃないか?



それが残念でならないし、結果としてファンにウソをついてしまった陣営も罪深いよな。。。

-------------------

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/30(土)中京★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif
俺が個人的に狙っている“少々ワケアリのヤリ調教”勝負馬。
ワケアリの理由を説明すると当初は日曜中京7R(ダ1800M)で勝負の予定が節(出走間隔)で入らず、仕方なく土曜の芝にブチ込んできたから。これだけ聞くと到底狙えないように聞こえるかもしれないが、デビュー当時は芝で走りそれなりの実績を残している馬だ。当時接戦を演じたジェントルマン(準OP)を物差しにすれば、芝でもやれる下地はある。今週の動きは半端じゃなかったし、芝替わりで人気が下がれば逆にオイシイんじゃないか?


ち・な・み・に


余談として人気ブログランキングの澤田昭紀オーナーはスポーツ紙広告でおなじみ「凄十」が主力商品の「宝仙堂」の社長だ。最近、夜のお勤めに自信が無いと悩んでいる読書のみんなは、試しに飲んでみたらどうだ(笑)
(ルールを理解した者だけが勝ち組になれる!を参照)

凄十
※スポーツ新聞の愛読者ならこの広告シリーズは目にしたことがあるだろう。

--------------------------------------------------------------------------------------


≪超注目のオススメサイト≫
今までなかったスゴイ競馬サイトが遂に誕生!

日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知の大手スポーツ紙ネット3社公認!競馬界の最新情報が全て集まる超便利なサイト「特ダネ!競馬ニュース」がいよいよベータ版OPEN!夏競馬の最新情報もココさえ見れば全て揃います!他では見れないちょっとアブナイ裏ネタも…!? ≫≫≫ 今すぐ見る!


--------------------------------------------------------------------------------------

福島競馬は【シルク】が爆勝する!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強7月号

競馬最強の法則7月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!


【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント