Article

        

【追記あり】ゴールドシップ“秘中の策”とは!?

2013/ 12/ 21
                 
【有馬記念】~CLIMAX~新聞に載らない激裏話を大暴露!!
【追記あり】ゴールドシップ“秘中の策”とは!?


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
12/21(土)中山9R
クリスマスローズSに出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ネロ、シゲルカガ)
今朝飛び込んできた前代未聞の珍事()を受けて、土曜昼は急遽予定を変更。中山★Rに出走する関西馬を狙い撃つ。予備知識として関西馬は全て前日輸送で中山入りしているので、アウェーなのにホームに匹敵するアドバンテージを得ての出走だ!!
(12/21スポニチアネックス【中山競馬】交通事故で全レース発走時間を変更 馬運車身動きとれずを参照)

別に事故渋滞が無くてもレベルが1枚落ちる関東馬相手に“ヤリ”だったけど、人気ブログランキング2頭にとって今回のアクシデントは千載一遇の好機。前者は読者みんなもよ~く知っている某大物馬主の期待馬。後者は馬主業をビジネスと割り切り、空き巣レースと見れば直接指示を出してブチ込んでくるオーナーだからな。これで勝ち負けできなかったらいよいよ★★さん、マジで頭抱えるぜ……

------------------------------------------------------------------






待たせたなっしー♪





12/20(金)マスコミがひた隠すゴールドシップ“秘中の策”とは!?で暴露した新聞に載らない激裏話が大反響だなっしー♪



昨夜から今日の昼までに150を超える拍手コメントが殺到しているなっしー♪






感謝感激雨あられだなっしー♪




逆にちょっと怖くなってきたなっしー♪♪




マジでゴールドシップ頼むよなっしー♪♪♪$×¥●&%#?















ふなっしーバージョンここまで。





今週は久しぶりに軍令違反上等のノリで新聞に載らない激裏話をぶっ放したけど、ネタがネタだけに読者みんなの反応も尋常じゃないな~



そんなワケで普段は情報馬のみ公開している土曜昼ブログだけど、昨日のフォローを兼ねて通常更新することにしたよ(苦笑)



ハッキリ言えることは、ゴールドシップ陣営が考えた起死回生の秘策を“本当に実行できれば”、今年の有馬記念はメチャクチャ面白いことになる。



最大の問題は走るのはお馬さんであって、計画を立てた人間ではないこと。



そもそもゴールドシップは牧場時代からスタッフを病院送りにするなど、その名を知られた札付きの悪(ワル)。筋金入りの気性難はGⅠホースとなった現在も変わらず、須貝厩舎の腕利きスタッフをして「ちょっとでも油断したらいつ何時襲われるか分からない。調教中も何回振り落とされると思ったことか……。パワーがありすぎて制御が利かないんですよ」と真顔で語るほどだ。



南関東時代に幾多の癖馬に跨ってきた元主戦の内田博Jですら、本人は絶対に認めないけど、お世辞にも手の内に入れていたとは言い難い。それを須貝師は不満だったからこそ、ムーアに乗り替わりを決断したワケだが……


ゴールドシップ
ムーアが乗ってもお約束の尻っぱね


正直、ゴールドシップの気性を踏まえると、陣営が考えた起死回生の秘策は“絵に描いた餅”に終わる可能性も否定できない。よしんば実行に移せたとしても最高の結果がついてくるとも限らないし、逆に策が裏目に出れば大敗も頭をよぎる。リスクも少なくない“賭け”だ。



し・か・し



小回り中山でスローのヨーイドン、瞬発力勝負になると仮定すれば、オルフェーヴルに勝つにはこれしかない。得意の持久力勝負に持ち込めない以上、本気で負かそうとするなら、地力でどうにかするしかないからな~



もっともそれはオルフェーヴルが万全の状態であればの話であって、ライバルが本来の力を発揮できず、逆にゴールドシップはリズムを崩して共倒れなんてオチもあったりして……?

人気ブログランキング

ブログ参考動画(PC限定)
2012年 有馬記念 ゴールドシップ

得意の大まくりでグランプリを制したゴールドシップ
今年の面子で同じ競馬をしたらどうなるかって話よ

------------------------------------------------------------------

人気でも逆らえなかったノーザンFに異変!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強1月号

競馬最強の法則1月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント