Article

        

伝説の名ステイヤーを彷彿とさせるO・S馬とは!?

2014/ 04/ 02
                 
YouTubeには競馬ファンに語り継がれるレース動画がUPされている。良い時代だな~
伝説の名ステイヤーを彷彿とさせるO・S馬とは!?


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
4/6(日)中山8R
4歳上500万下に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ブライトボーイ)
知る人ぞ知る中山ご当地馬主、古川嘉治オーナーの勝負馬。北海道にある豊洋牧場の元代表でオーナーブリーダ(馬主兼生産者)として有名な方だけど、以前は中山競馬場がある千葉県にも牧場を所有していた(Googleマップで住所を調べたら現在は畑とマンションに……)。その縁(?)で中山馬主協会に所属している。

代表馬は何と言っても1980、81年と2年連続で年度代表馬に選ばれたホウヨウボーイ。オールドファンの間で語り継がれる名ステイヤーだが、人気ブログランキングは伝説の名馬を彷彿とさせるスタミナの持ち主だ。本来は2400M以上の距離で狙いたい馬だけど、今春の中山芝はとにかくパワーを要する。今週からBコースに替わるが土曜は雨模様だし、引き続き持久力を問われる馬場になるだろう。オーナー地元開催で攻めを強化した今回は好勝負必至と見たぜ。

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
1980年 有馬記念 ホウヨウボーイ(1着)

日の丸特攻隊サクラシンゲキ、大逃げプリテイキャストの壮絶な先手争いは必見!!

おまけ1
ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
1980年 天皇賞(秋) プリテイキャスト(1着)

当時は東京3200Mで行われていた秋天。伝説の超大逃げに刮目せよ!!

おまけ2
ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
1981年 第1回ジャパンC サクラシンゲキ(9着)

1000Mの通過ラップは驚愕の57秒8!? そりゃ付いてきた馬は潰れるよな……

------------------------------------------------------------------

中京競馬が旨い【馬主×騎手】勝負コンビを狙え!!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強4月号

競馬最強の法則4月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント