Article

        

【ダービー】レッドリヴェール陣営の秘策を例の場所で公開中!!

2014/ 05/ 29
                 
大一番を前に中間の調整や食い物を変更するのはリスクも大きい賭けだからな……
レッドリヴェール陣営の秘策を例の場所で公開中!!



混戦ダービーに渦巻く陣営の思惑を大暴露!?






日本ダービー






新聞に載らない(書けない)





激裏話SPECIAL



関係者にバレないところ公開(ポロリもある!?)




【日本ダービー新聞に載らない(書けない)激裏話SPECIAL公開日程(予定)】

・第1回 5/28(水)  公開済
・第2回 5/29(木)  公開中
・第3回 5/30(金)  (19~21時)~
・第4回 5/31(土)昼 12:30~
・第5回 5/31(土)夜 (19~21時)~

------------------------------------------------------------------







待たせたな!






事前予告していたように今週は日本ダービー新聞に載らない(書けない)激裏話SPECIALと題して、門外不出のマル秘ネタを連日“例の場所”で公開している。



さっそく5/28(水)レッドリヴェール参戦の舞台裏を大暴露!!でぶっ放した衝撃の真相には、拍手コメントで100を超える質問、賞賛、陣営へのクレーム(俺に言われても困るんだが……)が寄せられている。



その中でも目立つのは戸崎Jが降ろされた件に関してだけど、例の場所は文字数の関係で言葉足らずになっちまったので……



とりあえず関係者に見られても問題ない表現方法で補足すると、乗り替わりの理由もひと言で説明すればダービー参戦と同じ。それ以上でもそれ以下でもないし、深く掘り下げると“真の決定者”の好き嫌いや、交友関係まで話が及ぶからな~



いずれにしてもこの決断が吉と出るか凶と出るか?



それは神のみぞ知るところだが、日本ダービーは有馬記念と並ぶ競馬界の一大イベントだ。



むしろ真の決定者がエンターテイメント興行の観点からファンが盛り上がる話題を提供してくれたと考えれば、馬の人生(馬生)が狂うのはともかく、馬券を買う側としては歓迎すべきだろう。



何しろ過去20年で牝馬がダービーに挑戦したのは2007年ウオッカ(1着3人気)、1996年ビワハイジ(13着10人気)の2頭しかいない。



両馬に共通するのは関西馬と2歳牝馬チャンピオンだけど、決定的に異なるのは前者が桜花賞で2着(1人気)だったのに対し、後者は15着(2人気)と大敗していること。この時点でレッドリヴェールはビワハイジではなく、ウオッカのケースに近い。



ただ、これはあくまで成績のみを照らし合わせただけの話。



ウオッカは読者のみんなもよ~くご存じのように、女傑と呼ぶに相応しい男勝りの歴史的名牝だ。500キロ近い雄大な馬体の持ち主だったし、それに対してレッドリヴェールは尾崎豊の名曲じゃないけど、いかにも華奢な女の子(420キロ前後)って感じだよ?


ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
尾崎豊 OH MY LITTLE GIRL

数々のアーチストにカバーされた名曲。でも、俺は原曲しか認めん!!



これは一部メディアでも報じられているが、レッドリヴェールは冗談抜きで、見た目もか弱く繊細な牝馬でな。



痩せているのに日々さらなるダイエットに勤しむ女子高生よろしく、カイバをなかなか食べてくれない。



さ・ら・に



環境の変化にも敏感で、栗東トレセンから阪神までの輸送(片道約2時間)でも馬体が減ってしまう。前回の桜花賞でも調教後の馬体重では422キロあったけど、最終的には阪神ジュベナイルFと同じ418キロで出走している。



これが長距離輸送となると減り幅はさらに増して、参考までに栗東から宮城県にある山元トレセン(社台Fの外厩)に移動する毎に、片道だけで毎回約20キロはガレるからな~



トレセンと外厩を往復するだけでこの有様だし、その辺を考慮してこの中間は厩舎で調整されている。



こんな感じで成績は近くてもウオッカとは似ても似つかないし、輸送減りが改善しないと凱旋門賞なんて夢のまた夢の話だよな?


bataijyu.png


正直にぶっちゃけるけど、今夜は例の場所でレッドリヴェールの馬体減りに頭を悩ます須貝厩舎の秘策を、コッソリ公開するつもりでいた。



中間の計測では相当効果があったらしいので個人的に“ひょっとしたら……”と思っていたけど、本日夕方にJRAから発表された調教後の馬体重は、上記画像で赤く囲ったとおり420キロだ。



競走馬の体重計はちょっと動いただけで数キロ上下するので参考数値だけど、本当に現時点で420キロだとしたら、東京までの輸送減りを考慮すると、ダービーは過去最低体重(418キロ)を切っての出走が濃厚になる。



レースが始まる前に秘策の正否を問うのはナンセンスだけど、どんなに★★★★(自主規制)を工夫して食欲増進を促しても、調教を強くすると繊細な牝馬はカイバ食いが悪くなるんだよ。



しかも最終追いは前走時まで一杯で追っていたのを馬なりに手控えてコレだし、当日フタを開けてみないと何とも言えないが、いろんな意味で馬体重とパドックの気配に要注目だな。。。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/1(日)京都★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif
何とか抽選を突破して出走にこぎ着けたので、今夜は予定を変更してX調教師の京都地方妻サイダー馬(※1)を緊急追加公開。今週はX師絡みの勝負馬を連日推奨(※2)しているけど、1番の勝負馬は適鞍を求めて(?)、日曜京都に遠征する人気ブログランキング。いささか強行軍になるが前走だけ走れば関西馬相手でも勝ち負け必至だし、そこは有力馬に限定すると複勝率8割を超えるX調教師の京都勝負馬だ。不純な動機込みとはいえ、情報的に買うしかない!?

【X調教師の京都地方妻サイダー馬の小ネタ】
推奨しておいて苦言を呈すのもアレだけど、オーナー・サイダー的に人気ブログランキング6/8(日)東京8R(ダ1400M)に使うのが筋だ。何故なら当日のメイン安田記念には、同馬主のトーセンラーが出走を予定している。そこなら前走で騎乗した武豊Jも乗れるし、古馬相手になるが厩舎や馬主の使い分けの絡みもない以上、普通は影武者ヤリ(※3)になる来週の東京で使うよな?

それをガン無視して京都に遠征するんだから、それ相応の結果が求められる。ぶっちゃけ競馬場はどこであれ、愛馬が勝てば馬主は誰だって嬉しいよ。それでも来週ならオーナーが来場するG1当日の東京で適鞍が組まれているのに、“3歳馬同士なら相手関係が有利だから”という表向きの大義名分はあるけど、前走から中1週で京都に使う意義がどれだけあるのか。仮に強行軍がたたってタコ負けでもしたら、島川オーナーが許しても俺が許さん。京都の某有名ホテルでの情事、身に覚えがないとは言わせねぇぜ!!(by遠山の金さん)
(※1・4/25【衝撃の遠征理由】“京都地方妻サイダー馬”とは!?、5/21【オークス】クリスマス転厩騒動を斬る!!~前編~を参照)
(※2・5/26(月)【東京ご当地馬主】諸江幸祐オーナーの勝負馬×3!?、5/27(火)さきたま杯のカネになる話2014を参照)
(※3シェイク・モハメドの“影武者ヤリ”が東京競馬場で炸裂!!を参照)


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------


今回の新書には友情出演(?)で俺も登場(マジ)
【最強O・S連載担当・野中香良氏の第2弾単行本】

mainel.png


マイネル軍団の裏を知れば



こんなに馬券が獲れる!




全国の書店で絶賛発売中!!



刊行記念!アマゾンキャンペーン
『マイネル軍団の裏を知れば
こんなに馬券が獲れる!』


野中香良&ラフィアン研究会

競馬ベスト新書 定価:本体907円+税 本文240P 5月23日配本(24日発売)

(内容)
穴馬券の宝庫、マイネル軍団攻略法が一冊になった! マイネル、マイネ、コスモ、ウインの馬たちと、柴田大知騎手をエースとするマイネル・ジョッキーたちが演出する高配当。玉石混交の軍団馬の中から選ぶべき穴馬を、「条件(クラス)別」「騎手別」データから狙い撃ち! 軍団特有の「多頭出し」、新馬・2歳戦での激走の真相、そして知られざる岡田総帥とラフィアン・ヒストリーなど、アナタの知らないマイネルがそこにある。ダービーが終わっても、いやむしろダービーが終わってからが本領発揮の本書。データと数多の実戦から導き出した「ドMの法則」をマスターして、怒涛の夏競馬に突入せよ!

(出版社から)
例えば今年のフローラS。マイネル主戦の柴田大騎手のマイネグレヴィルから買った人も多いんじゃないでしょうか。ところが、グレヴィルはすっ飛んで、3着にはまったく人気のなかったマイネオーラム(松岡騎手)が……3連単は100万馬券に。WHY!? 本書には、その謎解きもしっかりあります。
特に夏の新馬、2歳戦はマイネル旋風が吹き荒れますが、3歳のオープン、重賞戦線でも活用できます。軍団馬券の破壊力をアナタのモノにしてください。
なお、3~5章で使用している「ドM」という言葉は、性的な表現ではなく、M=マイネル馬券術を徹底的に極めるという視点からの、著者の造語です。あしからずご了承ください。

★穴馬の宝庫、マイネル軍団を攻略せよ――
本書の刊行を記念し、アマゾンキャンペーンを行ないます!

アマゾンで『マイネル軍団の裏を知ればこんなに馬券が獲れる!』をご購入いただいたお客様には、特典として、下記の予想を配信させていただきます。なお、アマゾンでは予約も可能です。

【特典内容】
31日(土)・6月1日(日)・7日(土)・8日(日)4日間のマイネル軍団馬の評価と買い消し分析。

【応募方法】
1、『マイネル軍団の裏を知ればこんなに馬券が獲れる!』をアマゾンで購入してください。
2、アマゾンで購入したのがわかるように画面キャプチャや写メールおよび注文書のテキストを下記アドレスへお送りください。
※この際、お名前、詳細なご住所などの個人情報は応募される皆様のほうで消してください。

horse.eventskk@gmail.com

3、5月30日(金)までにお申し込みいただくと、31日(土)以降の予想から配信させていただきます(30日が最終締め切りとなります)。

なお、配信をもって、応募の返信に代えさせていただきますので、なにとぞご了承ください。
また、馬券は自己責任でご購入お願いいたします。

●ご注意
・携帯でお申し込みいただく場合、メールが届かないことおよび文字数制限により全ての文章が閲覧できないことがあります。その点をご留意いただいた上、お申し込みください。PCで閲覧できる環境でのお申し込みを推奨いたします。とくにdocomoをお使いの方は、セキュリティが強化されていますので、お手持ちの機種のセキュリティをご確認ください。

・予想はメルマガの配信システムを使用する場合があります。お使いのプロバイダー、または、セキュリティソフトなどでまれにメルマガが届かないことがあります。1回限りのイベントのため、不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・yahooやgooメールなど、一部のフリーアドレスでは迷惑メールに配信されることもあるようです。受信箱の容量が一杯になっている場合、ゴミ箱や迷惑メールフォルダが一杯になっている場合でも届かないことがあるようです。

・gmailのアドレスで配信していますので、gmailのアドレスを取得してお申し込みいただくと、最低でも迷惑メールには届くようです。

・ダウンロードしたデータに関しては皆様のPC環境、ソフト環境で閲覧できない場合もあります。こちらも不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・配信に関するお問い合わせは当日のキャンペーンメール配信をもって代えさせて頂きます。

・また、このイベントに関する配信以外のお問い合わせにつきましては、

horse.eventskk@gmail.com

のみで受け付けております。
発売元のKKベストセラーズ、アマゾンにはお問い合わせできません。

・お問い合わせに関しては返信に1~2日掛かる場合があります。

・メールアドレスはイベント終了後、2週間以内に削除いたします。また、このキャンペーン以外に使用することはありません。


書店でもキャンペーンを行ないます!
下記日程と対象書店で『マイネル軍団の裏を知ればこんなに馬券が獲れる!』をご購入いただいたお客様には、特典として、当日の著者のマイネル軍団馬分析を付けさせていただきます。

【特典内容】
5月24日(土)マイネル軍団馬チェック(東京・京都・新潟)
5月25日(日)マイネル軍団馬チェック(東京・京都・新潟)※オークス含む
5月31日(土)マイネル軍団馬チェック(東京・京都)
6月1日(日) マイネル軍団馬チェック(東京・京都)※ダービー含む


【キャンペーン対象書店】
●オークスブックセンター東京ドーム店(JR水道橋駅・後楽園黄色いビル2F)
●啓文堂府中店(京王線府中駅・駅ビル2F)
●書泉グランデ(都営地下鉄神保町駅・神保町1丁目)
●書泉ブックタワー(JR秋葉原駅・神田佐久間町1丁目)
●紀伊国屋書店梅田本店(阪急梅田駅・阪急三番街)
●三省堂書店名古屋高島屋店(ジェイアール名古屋タカシマヤ11F)
※当日の出走馬との関係上、予想レースが変わる場合もあります。品切れになった時点でキャンペーンは終了いたします。なお、馬券は自己責任でご購入お願いいたします。

------------------------------------------------------------------

【ダーレー軍団】躍進と不振の謎に迫る!!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強6月号

競馬最強の法則6月号

全国の書店・コンビニで絶賛発売中!

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント