Article

        

これまでのバローズ軍団とはひと味もふた味も違う!?

2014/ 11/ 18
                 
[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
11/22(土)東京2R
3歳未勝利に出走予定
(ゴールデンバローズ)

11/22(土)東京3R
3歳未勝利に出走予定
(ブライトバローズ)
東京ご当地馬主、猪熊広次オーナーの勝負馬。O・Sブログでは後述する俺の趣味(?)により取り上げる機会こそ少ないが、同オーナーは(株)バローズなどのモバイルコンテンツ事業を展開する会社の代表だ。何故か新潟馬主協会で理事を務めているけど、東京馬主協会にも所属している。この場合O・S的には本業の拠点は都内だし、どちらかと言えば東京が地元開催と表現していいだろう。

その割に東京でほとんど推奨した記憶がない理由は、誰でも見られるブログで書くと少々具合がよろしくない。この場では“俺の趣味じゃない”ってことにしておくけど、今週末の東京で出走する例の場所のO・S馬2頭は既存のバローズ軍団とはひと味もふた味も違う。これまで猪熊広次オーナーはカネこそ持っているが、馬を見る目が無かっただけ(失礼)。その点、ノーザンFの目利きは折り紙つき()だ。預託厩舎も仕上げも信用できるし情報的に買うしかない!?
(馬場幸夫オーナーにはノーザンFが優先的に走る馬を回している。詳しくは7/13【必見】プロキオンS緊急公開の舞台裏を大暴露!! をガン見してくれ!!)


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

【限界ギリギリ】触れてはいけない“馬主の正体”に迫る
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強12月号

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント