Article

        

ローカル開催でダート変更が行われない舞台裏を大暴露!!

2014/ 12/ 05
                 
[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
12/6(土)阪神2R
2歳未勝利に出走予定
(オールマンリバー)
最強O・S連載を毎月欠かさずガン見している読者には説明不要の阪神ご当地馬主、★★★★オーナーの勝負馬。12/13(土)に発売される最強1月号でも間接的に触れているが、例の場所のO・S馬は話の核心部分で目玉中の目玉だ。それがオーナー地元開催の阪神開幕週なので仕方ないとはいえ、発売日前に出走……。こうなっては是非もなし。また雑誌的には後出しジャンケンになっちまうけど、このパターンは最近よく来るんだよな~(ミュゼスルタン、トロワボヌール、スノーエンジェル、アキトクレッセントなどなど)

おまけ
12/6(土)中京4R
2歳未勝利に出走予定
(カフジオリオン)
中京馬主協会の重鎮、加藤守オーナーの勝負馬。ブログ開設当初からガン見している読者には142万円掴み取り馬(※1)ブライドルアップの馬主さんと言えば、すぐピンと来ただろう。詳しくはオーナー・サイダー1単行本をガン見してほしいが、名古屋では旧中京ご当地馬主四天王(※2)に勝るとも劣らないほど勝負がかり。それだけに近走成績を度外視して狙う価値がある。

ただ、最大の問題として詳細はブログ本文で取り上げるけど、中京は雪の影響で中止の可能性がある。よしんば開催できたとしても例の場所のO・S馬は芝に出走を予定しているので、降雪の状況次第ではレースそのものが行わない恐れがある(芝1200Mのフルゲートは18頭立てだが同距離ダートは16頭。この場合はダート変更できない)。血統&走法的に開幕週の時計勝負よりは力を要す馬場になった方が向くタイプだし、開催できて雪(雨)の降り方次第ではO・S的に穴1発!?
(※12010年2/3【ご当地馬主】の勝負馬に便乗するだけで大儲け!を参照)
(※2所属協会別“ヤリ”馬主リスト・中京競馬場を参照)

------------------------------------------------------------------







待たせたな!!






読者の関心はテレビのニュース番組でも大々的に報じられた美浦トレセン調教助手、殺人未遂事件(※1)だと思うが、毎週末馬券と格闘している競馬ジャンキーのみんなには重要なことがある。
(※1デイリースポーツ元騎手の栗原調教助手が美浦で刺されるを参照)


それは明日土曜の中京開催が降雪の恐れがあり中止の可能性が考えられることだ(マジ)





競馬歴の長いファンは覚えていると思うけど、冬の中京は改装前からたびたび雪の影響で開催中止に追い込まれている。



詳しくは読者各自ググってほしいが最新の天気予報だと、正直どっちに転ぶか微妙なんだよな~



w.png
画像はウェザーニュースより。赤丸のあたりが中京競馬場



愛知は縦長で地域によって寒暖の差が結構ある県だが、北部の一宮だけでなく、織田信長の覇業を支えた西部の津島湊も朝方まで雪予報だよ?



中京競馬場は名古屋の下で都市部に比較的近いとはいえ、ウェザーニュースの予報では気温に大差はない(最低気温は名古屋が3度の予報だが津島は2度)



台風と違って雪は1度の差が明暗を分けるし、朝方の冷え込み次第でどう転ぶか予断を許さない状況と俺は見ている。それはJRAも同じらしく、お上公認の競馬ソフトTARGETでは下記画像の有様だ。



t.png
中京競馬場の馬場状態に注目。芝「?」はシートで覆ったから???



理由はどうあれ馬場不明はねーよと心底思ったが(苦笑)、今回の中京降雪はトレセン関係者にとっても寝耳に水だ。



俺も競馬関係者のはしくれとして大雪で道路が通行止めにならないことを祈るばかり(栗東トレセンがある滋賀の方が北なので)だけど、希望的観測込みながら恐らく土曜の中京開催は大丈夫だろう。



仮に降雪があったとしても発走時間を遅らせて対応できるし、それでもおっつかなければ中京4R(芝1200M)、6R(芝1400M)を取り止めれば何とかなる。



補足として中京4、6Rはどちらも芝レースの18頭立てだ。同距離のダートはフルゲートが16頭立てなので、裏技のダート変更が使えない。もし他の競馬ブログでダート変更とか書いてあったら、そいつは競馬規則すら理解していないモグリだと断言しよう。



そんなワケで基本的に1頭でも枠をオーバーしたらダメなので、土曜中京メイン金鯱賞も17頭立てでダート変更不可。冬の小倉で芝1200Mは18頭立てなのに、ダ1000Mのフルゲートが14頭だからアウトなのと理屈は同じだ。



意外と知られていないがローカル開催におけるダート変更は、上記で説明したフルゲート頭数の違いで実施できない場合が多い。



これが中央開催だと冬場は仮柵を設置して、基本的に芝レースのフルゲートを16頭に統一している。大雪で代替競馬になった今年のクイーンCも東京芝1600Mは本来18頭立てだが、除外馬が8頭も出た16頭立てで行われた。



このフルゲート調整は関係者の間でも様々な意見があるんだが、土曜中京のように降り方次第で微妙な状況下だと、主催者的に融通が利く方がイイのは間違いない。



だからこそ今回はトレセン関係者ですら「中止の恐れがあるって本当?」って感じなのに、JRAは過敏過ぎるほど神経をとがらせているワケよ。



最後に話をまとめると、土曜の中京は降雪次第で開催中止、もしくはレース発走時間の変更、芝レースが一部取り止めの可能性が考えられるけど、全レースダート変更は20000%あり得ない。読者のみんなは安心して(?)予想してくれ!!


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

【限界ギリギリ】触れてはいけない“馬主の正体”に迫る
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強12月号

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント