Article

        

来年もオーナー・サイダーとコウノメソッドをよろしくお願い致します!!

2014/ 12/ 31
                 





【コウノメソッドの最新情報が毎週更新】
ドクターコウノの認知症ブログは要必見!!



今年半ばからコウノメソッド(PDFファイル)により劇的な回復を遂げた俺のお袋(牝80)を題材にして、機会を見つけて認知症にスポットを当てて書いている。



と言いつつ最近は認知症と直接関係ない特別企画の遠征記が中心だけど(苦笑)、お陰様でお袋は絶好調で取り立てて書くことがないんだよ~



10/26怪我の功名でお袋がさらにパワーアップ!?で詳しく説明したけど、グルタチオン1800mg、ニコリン500mgの点滴を毎週打つようにしてから本当に安定している。



真面目な話、認知機能がくも膜下出血でぶっ倒れる前の状態(要介護2)に近づいてきたし、付きっきりで介護している俺の親父(牡72)が「近頃のお母さんは頭が良くなりすぎて困るな~」と嬉しそうに話す姿にはマジ感動したよ。



具体的にどれくらい認知機能が改善したかを示すエピソードとして、現在のお袋は自宅(俺の実家)と病院、施設などの区別が100%つくようになった。



これは(改訂版)長谷川式簡易知能評価スケール3問目の問題だけど、先日もグルタチオン点滴を打ちながらお袋に質問したら即答で「病院でしょう」とキッパリ!!!!!!!!!!



ブログ参考画像(改訂長谷川式スケール問1~3)
ht.jpg
春先は意思の疎通ができずテストすら実施できなかった



参考までにコウノメソッド治療を受ける前の春先に同じ質問をしても、1回たりとてまともな答えは返って来なかった。そもそも問いかけに対して上の空、よしんば質問の意味を理解できたとしても、具体的な場所が出てこない。そりゃ息子の俺が分からなくなるほど薬害でクルクルパー(死語)だったんだし、ある意味では仕方ないだろう。



ちなみに俺が実施した改訂長谷川式スケールの点数は5点。時間とスペースの関係で問4、6、8は実施できなかったけど、問1(自分の年齢1点)、問2(12月1点)、問3(いまいる場所は病院2点)、問5(100-7=93で1点)明らかに認知機能が改善している。



これだけ頭が良くなっているのに問9知っている野菜の名前が0点(5個以下)なのが不思議でならないけど、欲を言えばキリがないからな。



あれほど困っていた問題行動の数々が一切見られなくなり、親父や俺のことも完璧に認識できて、会話が言葉のキャッチボールで意思の疎通ができる。介護もお袋の補助動作があるから楽チンだし、春先までの苦労が何だったのかと思うほどの回復ぶりだ。



俺は片っ端から河野和彦先生の著書を読み漁り、お袋の症状と照らし合わせて良くなる手応えは感じていたけど、さすがに薬の有効領域が狭いレビー小体型認知症で1発改善するとは思わなかった。



ましてお袋の薬剤過敏性(薬が効きすぎる)はマジ半端ない。薬がメチャクチャ効くのはイイことな反面、分量を誤ると春先のように副作用(※1)でとんでもないことになる。
(※1・7/5【憤激リポート】医者も調教師も同じ“先生”だが……を参照)



恐らく家族天秤法で薬の量を微調整できる在宅介護でなかったら、過剰投与による副作用とウォッシュアウト(薬抜き)の繰り返しで、今頃は生死をさまよっていたに違いない。



家族天秤法に関しては過去ブログを参照(※2)してほしいが、現在は1週間に1回グルタチオン&ニコリン点滴を打つようにしたので、フェルガードをBから興奮作用の少ない100Mに変更(※3)している。
(※2・8/31レビー小体型最大の特徴“薬剤過敏性”を参照)
(※3・12/7FG(フェルガード+グルタチオン)療法の凄すぎる効果!!を参照)



競馬関連や歴史小説以外の本をこれだけ読んだ年は記憶にないけど(苦笑)、春先に老健のケアマネージャーに「お母様の認知症はこれ以上よくなりません」と言われたことが、逆に俺の反骨心に火をつけた。



俺の2014年を漢字ひと文字で表せば“怒”。憤怒が人を突き動かす原動力になるし、それが情熱に転じて華ひらいた結果、少しは親父とお袋に俺が若かりし頃ヤンチャした恩返しの親孝行ができたかな~


ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
コウノメソッド勉強会 講師:平山貴久 先生

コウノメソッド治療前のビフォーアフターが明確に分かる動画
(講師は7/27のブログで紹介した平山貴久(※4)先生

(※4厚地脳神経外科病院コウノメソッド実践医。詳しくは鹿児島認知症ブログを要チェック)



最後に、今年も読者のみんなには俺の駄文に付き合ってくれて本当にありがとよ。



締めが競馬と関係ない話で恐縮だけど、今年も本当に様々なことがあった。読者みんなのお陰で色んな意味で有名人になっちまったし(苦笑)、本気で来年はヤバイ話の公開方法を見直さないとマズい。う~ん、マジどうしよう。。。。。。。


それは決まり次第報告させてもらうとして、2015年も元旦からブログを更新するのでお楽しみに。よいお年を!!


[正月開催に出走を予定している大人のお年玉O・S馬]
1/4(日)中山6R
4歳上500万下に出走予定
(ボウマンミル)
大人のお年玉O・S馬第3弾は少し趣向を変えて、ダーレー軍団(馬主名義はH.H.シェイク・モハメド)の勝負馬をブログ限定公開。競馬最強の法則6月号O・S連載種牡馬コマンズ偏重の弊害を指摘したけど、現時点でOPまで出世したのは1/5(月)中山11RジャニュアリーSに出走を予定しているブルーストーンのみ。大半が下級条件をウロウロ、2歳世代にいたっては勝ち星ゼロだ。アーニングINDX(※1)はメイショウ軍団以下の1.17だし、さぞがしダーレー日本法人も頭を痛めているに違いない。


ブログ参考画像(競馬ブックweb馬主収得賞金ランキングトップ10)
in.jpg
モハメド殿下に馬主名義を統一して頭数の多さでランクインも大物不在


こんなことを書くと「ダーレーはダメ」と受け取る読者も多いと思うが、種牡馬や条件を得意分野に限定すれば分厚く狙える。例の場所で絶賛公開中の勝負馬はStreet Cry産駒の持ち込み馬だ。米国の競馬史上に残る女傑ゼニヤッタの父として有名だけど、ダーレーが誇る世界的な名種牡馬だからな。最近の原油安は少々心配だが砂漠のオイル王らしくダート戦では滅法強いし、前残りの流れを後方から1頭だけ別次元の脚色で追い込んできた前走と同じ走りができればまず勝ち負け。冬場に調子を上げるタイプだし、正月のお年玉O・S馬にはもってこいじゃないか?

※1アーニングINDX(AEI)とは?
aei.jpg

噛み砕いて説明すると数字が高いほど少数精鋭、低いのにトップ10入りしている馬主は質より量ってこと。参考までにジャスタウェイの大和屋暁オーナーは収得賞金18位でAEIは驚愕の34.76!?他の2頭もパンデモニウムこそ未勝利だがオツウは3勝・2着3回と結果を残している。こんな数値は見たことないし凄い馬運の良さだよな~


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

俺のお袋(牝80)もコウノメソッドで救われた!!
【認知症治療の神医・河野和彦先生の最新本】

ko.png



医者を選べば認知症は良くなる!




患者も介護者も救うコウノメソッド





全国書店やアマゾンで買えるぜ

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント