クリスマス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【カジキの1本釣り】引退馬券&O・Sのコラボでハメた!!












カジキ












来た









あぁぁぁーーー!!!!!!










先週の1/17(土)月刊誌の時間差も本物の競馬関係者には無問題!?の冒頭を少しイジっただけというツッコミは却下するとして(笑)、1/24昼ブログで緊急公開した京都最終のカジキ(単勝7.8倍4人気1着!!)は熱かったな~



ブログ参考画像(京都最終ゴール前)
kajiki2.jpg
レース動画はJRAホームページで視聴できる



この場を借りてヤリ話の補足をさせてもらうと、幅田昌伸オーナーは (株)さらなど京都を中心に複数の会社を経営しているご当地馬主だ。



1/17(土)の京都最終を単勝22.8倍(11人気)で逃げ切ったバンザイに続いて、2週連続で地元開催の京都で所有馬が激走だよ!?



sara.jpg
画像は(株)さらホームページより



これぞ馬主の地元開催で渾身仕上げを施された勝負馬を狙い撃つオーナー・サイダー馬主馬券術の真骨頂だが、カジキが分厚く狙えた理由はO・Sだけじゃない。



勝負の手綱を託されたのが俺のお気に入りの岩崎J(※1)ってことも個人的に大きかったが、最大の要素はブログでおなじみ白井調教師の引退馬券ヤリだ。
(※1・3/14【中日新聞杯】ご当地馬主の勝負馬を緊急公開!!、7/12【最強8月号】ご当地馬主リスト6×30は要必見!!)



競馬ファンに色んな意味で人気のカリスマ調教師も、残念ながら2月末でJRAの規定により定年を迎える。



スペシャルウィーク、アグネスデジタル、ダンスパートナー、メイショウボーラー、フサイチパンドラなど手がけた名馬の活躍は説明不要だけど、本当の意味で白井師の“凄さ”ココ1番の勝負仕上げにほかならない。


俺も数え切れないほど馬券でお世話になっているけど、厩舎番の記者に★★を★★★★(自主規制)ら、人気の有無を問わずマジ来るからな~



逆に時と場合によっては人気を落とすために新聞コメントを引っ張る(通称:泣き)など、オーナー・サイダー1第4章で使用したエピソードは数知れず(単行本ではイニシャル)



さらに5/10競馬関係者がハメた爆穴馬券を大暴露!?でぶっ放した仰天エピソードなど、この手の話題には事欠かない。まさに“策士”と呼ぶに相応しいレジェンド調教師だ。



今回のカジキも9~10時台の単複に怪しい“買い”が入っていたし、何人かの記者が勝負話に便乗して馬券を買ったのかな~(棒読み)



ブログ参考画像
1/24(土)京都12R⑭カジキTARGET単複時系列オッズ
kajiki1.jpg
赤く囲った9:29~10:19に要注目。情報的にこの売れ方(※2)は……
(※2詳しくは5/10競馬関係者がハメた爆穴馬券を大暴露!?を参照)



詳細は読者各自で想像してほしいが、今年は白井師のほかにも惜しまれながら定年を迎える大物調教師が多数存在する。



美浦は大久保洋、鈴木康の二大巨頭に、マイネルの再生工場と言われた畠山重。栗東は白井師を筆頭に梅内、梅田康、小野幸、境と、東西で合計8厩舎が2月末で解散だ。



土曜中山メイン・アレキサンドライトSを怒濤の追い込みで快勝したベルゲンクライ(単勝7.3倍5人気)は大久保洋、京都牝馬Sで15番人気の低評価ながら2着に激走したゴールデンナンバーは鈴木康、おまけに中京3Rを単勝13.4倍(6人気)でブッコ抜いたメイショウルナの小野幸と、いずれも2月末で定年する調教師の引退勝負馬だった。



その中でもブログでは大人の事情&俺の趣味によりカジキを公開したワケだが、毎年恒例とはいえ引退勝負馬は競馬に“絶対”があると思わず錯覚するほど、凄い精度で馬券になる(マジ)



それでも近年は公正競馬の建前上、以前と比べると他馬も露骨な真似はできなくなった。詳しくは13年2/23【続・引退馬券】世知辛い世の中になったモンよ…… (※3)をガン見してほしいが、ひと昔前までは他の調教師やジョッキーも空気を読んでくれたのにな~


※3ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2007年 4/22 第1回ジョッキーマスターズ

⑨本田師(カワカミプリンセスの勝負服)の直線の追い方をガン見すべし

ジョッキーマスターズ
画像は http://www.jra.go.jp/topics/video/vg_race/jm/より
(上記サイトはJRA公式。公正競馬の建前上、本田師のコメントは大丈夫なのか?)


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
1/25(日)中山★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif
2匹目のドジョウとばかりブログ本文で詳しく解説する定年調教師の管理馬を。オーナー・サイダー的にも日曜中山メインAJCCに出走を予定しているOP馬の影武者ヤリ()だし、土曜の京都最終で猛プッシュしたカジキと同じく引退勝負馬&O・Sのコラボになる。基本的に俺は前走時に取り上げた馬を続けて推奨しないが、例の場所のO・S馬は牝馬の中1週なのに、最終追いで後先ガン無視の鬼時計を叩き出した。その心意気や良し。砂を被ってチンのリスクは承知で狙ってみる価値はある。

ただ、1/25(日)中山★RはO・S的にもう1頭、情報的に興味深い中山ご当地馬主の勝負馬が出走している。★★★★オーナーは昨春の中山でJRA初勝利を挙げた際に紹介したが、同時に本業ホームページ&ブログへの直リンクを張ったのが機嫌を損ねた(?)のか、最近は競馬の話題に触れなくなっちまった(泣)。そんなワケで詳細は例の場所に譲るけど、ひと叩きされて稽古でも素軽さが増したからな。超大型馬だけに上積みは絶大だし、今回はさらに時計を詰めてくる可能性が高い。どちらを本命にするか迷うぜ……
(シェイク・モハメドの“影武者ヤリ”が東京競馬場で炸裂!!を参照)


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

【2015年の注目馬主】バローズ軍団が熱い!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強2月号

競馬最強の法則2月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト

| カネになる話 | 20:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT