Article

        

【認知症】無知な医者の誤診で介護の現場に重度の負担が……

2015/ 02/ 15
                 





【コウノメソッドの最新情報が毎週更新】
ドクターコウノの認知症ブログは要必見!!



日曜夜のブログは認知症をテーマに書いているけど、今夜は本題に入る前に読者のみんなには認知症介護通信2/14ザ・ピック ・・・ かなり呆れた症例の記事をガン見してほしい。



噛み砕いて内容を説明すると、認知症介護通信を書いているコウノメソッド医療者(介護福祉士)の施設に、ショートステイで入所した利用者の様子が書きつづられている。



(以下、2/14の認知症介護通信より引用)

これだけのピック病の症状があるにも拘わらず、診断がアルツハイマー型認知症です。そして、一時期アリセプトが処方されていたのです。 同僚の職員は、「こりゃ~、家族が大変だろう」と同情していましたが、私は「このくらいのピック病も診断できないのか!」と呆れておりました。

(引用ここまで)



これを読んで俺は昨年の今頃、お袋が入所していた老健での不毛なやり取り(※1)が脳裏に蘇った。

※1詳しくは過去ブログ

7/4【現状報告2014上半期】徳●会グループとの死闘

7/5【憤激リポート】医者も調教師も同じ“先生”だが……

8/3【断言】“認知症は治らない”は大ウソ!!

をガン見してくれ!!

俺もコウノメソッド(PDFファイル)の考案者・河野和彦先生の著書を片っ端から読み漁り、いまではどのタイプの認知症か、ある程度判別できる自信がある(マジで!!)



それくらいレビーやピックなど特徴的な症状の認知症は、お医者さんじゃなくとも見分けがつくワケだ?



認知症介護通信の著者は現役の介護福祉士だし、それこそ似たような症例を山のように見ているに違いない。



し・か・し



現実にレビーやピックをアルツハイマーと誤診されるケースが後を絶たない。



詳しくはコウノメソッド(PDFファイル)をガン見してほしいが、レビーやピックにアルツハイマーの治療薬であるアリセプトを処方すると症状が悪化する



2/14ザ・ピック ・・・ かなり呆れた症例では文章の末尾で



この本を読めば、医師でなくてもピック病の鑑別は可能なのだということを改めて確信した症例でした。「独りにされると逆上する」・・・ 寂しいからではなく、症状なのです。




と締めくくっているけど、どんなに現場のスタッフが声高々に訴えても、家族が動かないと認知症は絶対に良くならない。



お袋(牝80)の場合は要介護5、身体障害者1級の寝たきり、車イスという状況にも関わらず、半ば強引に在宅復帰させて主治医を変更したことで、生命の危機から救うことができた。



と・こ・ろ・が



現実問題として家庭環境など様々な理由により、在宅介護ができないケースの方が圧倒的に多い。



従って誤診された患者が手遅れになるまで間違った処方が続けられ、世話をする家族や介護スタッフが重度の負担を強いられることになる…………



俺は認知症介護通信が更新されると毎回欠かさず愛読しているけど、最近の著者からは現場の悲痛な叫びというか、分かっていても何もできない無力感がヒシヒシと伝わってくる。



俺が勤めている会社は比較的(?)、上下関係を気にせず発言できる業種だが、それでも「ベ●チがピーやから」と本当のことを言ってしまうと、もの凄く気まずい空気になるからな(苦笑)



それでも競馬だと嫌でも当たり、ハズレの結果が出る。“それみたことか”とドヤ顔で言い放てるワケだが(よい子のみんなは真似しないように。大人の世界で相手の鼻っ柱をへし折ると様々な面で弊害が出る場合が多々ある)、施設だと介護福祉士の一存で利用者の薬を変更することはできない。



自分の主張を証明することすらできないし、利用者本人や家族、世話をするスタッフ達を地獄の苦しみから救えるのに何も出来ず、さぞ日々ストレスが溜まるだろうな。。。。。。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
2/21(土)京都10R
春日特別に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ガリバルディ)
日曜夜も欠かさずO・Sブログをチェックしている読者のみんなであれば、例の場所で公開している勝負馬が狙える理由をクドクド説明は不要だろう。主戦を務める福永Jの度重なる駄騎乗で勝ち切れない競馬続きだが、今回はオーナーサイドが強権を発動してCデムーロに乗り替わる

本音では昨年の今頃、外国人ジョッキーにスイッチしたかったに違いない。それが2014年の凱旋門賞を契機に競馬ファンの世論は一変した。オールジャパンで臨んだ3頭とも見せ場すら作れなかったし「やっぱり日本の騎手はダメだ……」と言われても仕方ない。それでも★★★★オーナーは厩舎やエージェントに配慮した側面もあったと思うが、我慢して福永Jを乗せ続けたワケだ。それがこの有様だし、何が何でも勝ちに来ている。馬主情報的に来週末まで引っ張るとブログ公開NGになるので、日曜夜にぶっ放すことにしたよ。

【追記】
昨夜、上記の文章を書いておいたのに、福永Jが先週の東京新聞杯に続き日曜の共同通信杯と2週連続で重賞制覇だよ(苦笑)。この大活躍は2/7【福永Jスポニチ発言】“公正確保”に込められた本当の意味とはで取り上げたMデムーロ&ルメール合格に対する危機感の表れ。実際に例の場所のO・S馬は外国人Jに強奪された形だし、3月になったらお手馬をゴッソリ持って行かれるのは間違いない。そりゃ必死だよな…………


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

俺のお袋(牝80)もコウノメソッドで救われた!!
【認知症治療の神医・河野和彦先生の最新本】

ko.png



医者を選べば認知症は良くなる!




患者も介護者も救うコウノメソッド





全国書店やアマゾンで買えるぜ

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント