Article

        

【ヤバイ話】今週末アドマイヤ軍団の有力馬が大挙出走も……

2015/ 03/ 17
                 
ヤバイ話シリーズとは?
【オフレコ話は例の場所を要チェック!】を参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
3/22(日)阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif
毎日ガン見している読者には説明不要の阪神ご当地馬主、近藤利一オーナーの勝負馬。例の場所で公開中のO・S馬は夫人の英子オーナー名義だけど、ご存じのように近藤オーナーは阪神馬主協会の元会長だ。先日の大阪城Sでは古豪ヒストリカルが華麗な復活V、来週の毎日杯に出走を予定している3歳勢の出世頭アンビシャス、来週の日経賞で復帰予定のアドマイヤデウスなど、以前と比べて小粒ながら重賞、オープンで好走馬も目立ってきた。

ただ、活躍馬をよ~く分析してみると、上記3頭はいずれも現役時代に近藤英子オーナー名義で走り、引退後は牧場に預託している繁殖牝馬が生んだ仔達だ。その一方、過去に例の場所でぶっ放したヤバイ話の影響とはいえ、大枚をはたいて購入した馬の不振が目に余る。基本的に競走馬セリ市はカネさえあればイイ馬を買えるオープンな場所だけど、社台グループは本当に走る馬だけは懇意のオーナーに落としてもらうよう耳打ちするからな。日本の競馬界を牛耳るノーザンFの目利きは確かだし、この成績を振り返ると●●●●●●(自主規制)としか…………

…………それはさておき、例の場所のO・S馬はノーザンF生産馬だけど、ヒストリカルと同じく預託繁殖から生まれた馬になる。このケースだと牧場側も売らないワケにはいかないし、セレクトセール出身馬と違い安心して(!?)、命の次に大事なカネを託せる。前走の敗因は騎手のヘグり。スムーズなら間違いなく勝ち負けになっていたし、奥手の血統だけに来年の今頃にはオープン馬になっていても驚かないぜ?


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

トーホウジャッカルの馬主【東豊物産】とは?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強4月号

競馬最強の法則4月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント