Article

        

【認知症】プロジェクトB〜ウ●コと戦う挑戦者たち〜

2015/ 03/ 29
                 





【コウノメソッドの最新情報が毎週更新】
ドクターコウノの認知症ブログは要必見!!



最近は一部読者から手抜き疑惑が噴出している日曜の認知症話だけど(苦笑)、本当にビックリするくらい何の問題もなく元気なんだよな~



参考までに薬害でラリパッパだった頃のお袋(牝80)は幻視、妄想、就寝中の奇声、異食(食べられない物を口に入れる)、振戦(手の震え)、昼夜逆転、介護拒否に認知機能の大幅低下(※1)と、マジで目も当てられない有様だった。


※1詳しくは過去ブログ

7/4【現状報告2014上半期】徳●会グループとの死闘

7/5【憤激リポート】医者も調教師も同じ“先生”だが……

8/3【断言】“認知症は治らない”は大ウソ!!

をガン見してくれ!!


それがコウノメソッド(PDFファイル)のレビー小体型認知症の処方に変更して以降、上記の症状が全て見られなくなったからな~



その中でも俺と親父が1番驚いているのがお通じ。お食事中の読者には汚い話で申し訳ないけど、毎日ウ●コをするようになったことだ。



説明するためとはいえ身内の恥を晒すのは忍びないが、お袋の便秘は筋金入りでな。元気だった頃から野菜など食物繊維が採れる料理をほとんど作らない(マジで!!)。そんな生活を長年に渡り続ければ腸内環境が悪くなるのも道理だ。



ここだけの話、俺も以前は極度の便秘症だった。それを独り暮らしを初めてから毎朝ヨーグルトを食べて、仕事から帰宅したら必ず野菜ジュースを飲む。それで多少は改善されたけど、最終的には生活習慣や食形態をガラっと変えて、ようやく毎日ウ●コが出るようになったほどだ。



話をお袋に戻すと、高齢者の便秘は腸閉塞(イレウス)などを引き起こすので、どうにかして腸内に溜まったウ●コを取り出さなければならない。



具体的にはマグミット(便を軟らかくする薬)、効果が無ければ下剤、それでもダメなら浣腸、最後の手段として摘便(肛門から手を突っ込んでウ●コを手づかみ)などだが、お袋はくも膜下出血で入院していた病院や老健でひと通りやっている。しかも毎週のように…………



…………ぶっちゃけ在宅介護で1番不安だったのが便秘のケアでな。プロの介護スタッフでも摘便は難しい。腸内を傷つけずウ●コを取り出さなければならないし、俺も在宅復帰して日が浅い時に親父が試みたのを横で見ていたけど、あれはマジ大変だよ~(念のため摘便では爪で腸内を引っかかないように医療用のビニール手袋を使用している)



前置きが長くなっちまったけど、ここからが今夜の本題だ。在宅介護の障壁となるお袋の便秘を解消すべく、プロジェクトB(便秘benpiより)を立ち上げることにした。



繰り返しになるがお袋の便秘は筋金入りだ。すでに病院や老健でありとあらゆる方法を試し、残念ながら全く効果が見られない。レビー小体型認知症の薬物過敏性でマグミットや下剤は効くはずなのに、それでも出ないとなると半端ない強敵(?)だ。



し・か・し



俺には約10年の月日をかけて、自分自身の便秘を治した知恵と経験がある。



基本的に下剤は便の質が悪くなるので使いたくないし、食生活を見直して腸内環境を改善させるのが最も効果的な方法だ。



そこで真っ先に取り組んだのはヨーグルトの摂取。お袋が入所していた老健でも定期的に食べていたようだけど、俺の経験上、牧場●朝は安い割に美味いが便秘には効かない(※2)。
(※2個人の感想です)



それじゃ高ければ効くのかと言えばそうでもなく、某大物馬主の冠号を商品名に使用しているダ●ンヨーグルトも、俺は2週間どころか約4倍の2ヶ月に渡り毎朝食べたけど、俺の腸内にいる善玉菌と相性が良くなかったのか、残念ながら効果を感じられなかった(※3)。
(※3個人の感想です。恐らくダノックスとは全然関係ないけど競馬補正が加わった表現にしています)



こんな感じで若き日の俺は自分の腸内に合うヨーグルトと巡り会うために、それこそ東京都F市で某大物馬主が経営しているスーパーに陳列してあった商品を、一定期間全て試してみた。



そして約30品目に及ぶヨーグルトからお通じに明確な効果が見られたのが、グリコの朝食bifixだ。





加糖タイプはヨーグルトっぽくない(ブル●リア、ナチ●レ恵みなど)ので効くイメージが無かったけど、俺の腸内にbifix(ビフィックス。正式名称はGCL2505株)が合ったのか、ヤギみたいに固くてコロコロしていたウ●コが普通になったからな~



従って実家にいたころは食事も似たようなモンを食べていたお袋なら、血統的に俺と同様の効果が見込めるに違いない。



そんなワケで「近所のスーパーではビ●ダスの方が安いぞ」という貧乏性の親父を説得して(笑)、朝と夕食時にフェルガード(※4)をヨーグルトに混ぜて朝食bifixを食べさせたんだよ?
(※4フェルガード(米ぬか脳活性食)の凄すぎる効能を参照)



そ・し・た・ら



昨年4月に在宅復帰してから約1ヶ月足らずで摘便や浣腸をするほど酷い便秘は見られなくなり、いまでは親父が「よくもまぁこれだけブリブリ出るな~」と苦笑いするほど、毎日ウ●コをするようになった。



ち・な・み・に



現在のお袋はマグミットなど便を軟らかくする類の薬は使用してしない。野菜中心の食生活に変えたことも大きいと思うが、毎日ヨーグルトを食べることにより腸内環境がガラリ一変した。



我褒めになるけど俺ってス・ゴ・イ。またまた病院や老健のスタッフ連中が四苦八苦していたお袋の症状を独力で治してやったぞ……と、内心では誇りに思っていたんだが!!!!!!!!!!






デイサービスでの日誌と実家で介護をしている親父の話を統合すると、便秘が解消された“本当の理由”はヨーグルトじゃないような気がしてきた。



いや、日誌の記録を振り返るとお袋はデイサービスに出かけても、ほとんどウ●コをしていない。せいぜい紙オムツに黄色い痕がつく程度らしい。



と・こ・ろ・が



家に帰って来て親父がオムツ交換する際に、紙オムツてんこ盛りにウ●コをしていることが多々あると。。。。。。



2つの異なる介護記録を見比べて考えられる結論は1つ。ヨーグルトや野菜中心の食生活を改めた効果もあるとは思うが、筋金入りの便秘が解消された最大の理由はコウノメソッドにより認知機能が大幅に改善されて、自分の居る場所がハッキリ分かるようになったからじゃないかな~と。



12/31のブログでも説明したように、いまのお袋は家や病院、施設など現在いる場所を理解できるようになった。



参考までに薬害でクルクルパーだった時は全然ダメ。その以前にまともな会話すら成立しなかったけど、いまでは言葉のキャッチボールが出来るほどまで頭が良くなっている。



そして家ではリラックスしているのか親父や俺にはよく喋るのに、病院に行くと緊張しているのか言葉数が少なくなる。



すなわち、お通じも小学生の子供が学校でウ●コをしたくないのと同じで、デイサービス先では我慢している(?)から、家に帰ってくるとモリモリ出るのではないかと。



最後に話をまとめると、現時点でハッキリ言えるのはヨーグルトだけで便秘が解消されるほど世の中は甘くない。



腸内環境だけでなく生活全般、お袋の場合は在宅復帰してストレスなく過ごせるようになったことが、ウ●コが出るようになった1番の理由と思っている次第だ。



そんなワケで読者のみんなは朝食bifixを毎日朝夕食べ続けて便秘が治らなくても、俺に文句を言う前に生活習慣を見直してくれ。あくまで上記ヨーグルト批評は個人の感想だし、効果は人それぞれだからな~(笑)


ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
自然食研 しじみ習慣 CM

動画右下に注目。CS野球中継のコマーシャルでよく流れるんだよな~


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
4/4(土)中山★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif
なんちゃって中山ご当地馬主、(株)ウインの勝負馬。土曜の日経賞では現役の看板馬ウインバリアシオンが2着に好走。昨年の覇者だけに単勝7.3倍(5人気)はO・S的にも少々馬鹿にされすぎた感じがしたけど、現在のウインレーシングはマイネル軍団に買収されて中山馬主協会に所属している。もっともマイネル系列のクラブは総じてご当地意識が希薄だ。ぶっちゃけ例の場所のO・S馬も中山だからヤリではないし、今回の狙える理由はズバリ馬場。差し、追い込みがバンバン決まった前走時のトラックバイアスから一転、来週の中山は逃げ先行馬が有利になると読む。

その根拠となるのがBコース替わり。中山は連続開催のまっただ中だけど、来週から芝は内ラチ沿いの荒れた箇所に仮柵が設置される。これにより馬場傾向がガラリ一変するのは必至。その中でも狙い目は前走時に差し・追い込み有利の中山で先行して、渋太く掲示板を確保した馬達だ。

特に例の場所で公開中のウイン勝負馬が出走した3/15(日)の中山芝は、超がつく外差し馬場だった。小回り中山では不自然すぎるほど差し、追い込み馬が上位を独占したし、そんな状況下で例の場所のO・S馬は最内から伸びてきたからな。馬場差を知らなければ内々をロスなく立ち回って敗れたように見えるけど、それで紙上の印が甘くなればもっけの幸い。1週前追い切りでは自己ベストを更新するほど動いたし、これはチョッピリ自信あるぜ?

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
3/15 中山11R 中山牝馬S バウンスシャッセ

直線入り口で上位馬の位置取りに注目。あれだけ外に振られたのに……


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

------------------------------------------------------------------

俺のお袋(牝80)もコウノメソッドで救われた!!
【認知症治療の神医・河野和彦先生の最新本】

ko.png



医者を選べば認知症は良くなる!




患者も介護者も救うコウノメソッド





全国書店やアマゾンで買えるぜ

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント