Article

        

【宝塚記念】大本営から発表された“馬主の意向”には色々ある!?

2015/ 06/ 26
                 
ヤバイ話シリーズとは?
【オフレコ話は例の場所を要チェック!】を参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
6/28(日)函館11R
UHB杯に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ブラヴィッシモ)
毎日ガン見している古株連中からのリクエストに応えて、2日連続で金子真人オーナーの影武者ヤリ(※1)勝負馬を緊急公開。6/25(木)ブログでは村山厩舎が送り出す3本の矢だけ取り上げたが、とりあえず来るか来ないかは置いといて(オイっ!?)、勝負気配だけなら例の場所で公開中のワケアリO・S馬も何ら見劣らない。ぶっちゃけ俺の趣味じゃないけど、この距離に使うことを百も承知で厩舎サイドは持ってきたワケで…………

…………色んな意味で当日の新聞に掲載される陣営のコメントが楽しみだが、関係各所に配慮して遠回しに書くと、少し競馬を知っていればO・S馬の使い方は支離滅裂で節操がないし、何がやりたいのか全く見えてこない。それなのに週末の紙面では文字数の都合もあるとはいえ、恐らく不可解な出走ローテに、ファンが満足する話は書かれないだろう。これが競馬マスコミの限界であり、情報屋さんの存在意義でもあるんだが。。。。。。
(※1シェイク・モハメドの“影武者ヤリ”が東京競馬場で炸裂!!を参照)









待たせたな!






今週は宝塚記念の新聞に載らない激裏話SPECIALと題して、前人未踏の3連覇がかかるゴールドシップ陣営の内部事情を大・大・大暴露している。




6/24(水)競馬マスコミの報道は戦時下の大本営発表に酷似!?

6/25(木)大本営発表により貶められるゴールドシップ馬主の品格



水木と体たらくな競馬マスコミをダシに使って(!?)、俺が競馬最強の法則7月号のオーナー・サイダー連載で言いたかったことを、大人の事情が許す限界ギリギリの線でぶっ放した。



os7.jpg
画像は最強7月号O・S連載より



ただ、関係各所に配慮した表現方法を用いた分だけ、読者のみんなに誤解が生じた感は否めない。



基本的に俺はどちらの味方でもないし、大本営(厩舎)だけをスケープゴートするのは中立に反する。一部で手遅れ疑惑もあるが(苦笑)、須貝師のフォローをさせてもらうと…………









…………新聞などではひとくくりに“馬主の意向”とされているけど、その中身は多種多様、千差万別、十人十色。色々ありすぎて内幕を全て書けるワケがない。



例えばゴールドシップと並ぶ須貝厩舎の代表馬ジャスタウェイ。この馬も新聞に載らない激裏話には事欠かないんだけど、リアル大人の事情により例の場所でもぶっ放すと、天の声さん(仮名)から直電がかかってくるからな~



仕方ないので世間に公開されている範囲内の表現で説明させてもらうと、同馬は2014年の安田記念で1週前に主戦の福永Jが騎乗停止になり、直前にG1の乗り役を探す危機に直面したことがあった。



当時はO・Sブログでも


2014年6/4(水)【安田記念】ジャスタウェイ柴田善サプライズ人事の真相~前編~

2014年6/5(木)【安田記念】ジャスタウェイ柴田善サプライズ人事の真相~中編~

2014年6/6(金)【安田記念】ジャスタウェイ柴田善サプライズ人事の真相~後編~


と3日連続で取り上げたけど、ここだけの話、関係各所に配慮して攻めきれなかった。。。。。。



苦肉の策として当時はダビ●タの画像でお茶を濁したが、結果的にこれで良かったかなと。



何しろ競馬史に残る柴田善J強奪事件(!?)は、大和屋暁オーナーの著書ジャスタウェイな本でもサラリと触れているだけで、驚愕の舞台裏は完全スルーしている。



この件にしても大本営、須貝厩舎からマスコミに発表された内容は



「オーナーの希望もあって」



とされているけど、その裏では調教師を筆頭に、多くの関係者が東奔西走していた。



Yahoo!_20140604202215280.png
画像は当時のYahoo!ニュースより



ところがどっこい、



マスコミ各紙で“柴田善Jを希望した”とされている当事者の大和屋暁オーナーは、著書ジャスタウェイな本



「福永さんが騎乗停止になって、すぐに須貝先生から電話がありました。1度でも乗ったことがある人がいいとの判断の元、須貝先生がいろいろと奔走してくれた結果、柴田善臣騎手が乗ってくれることになりました」

ジャスタウェイな本193Pより引用



と書かれているように、柴田善Jを名指したって感じの言い回しではないよな?



ここから先は危険水域に突入するので(苦笑)、オブラートに包んだ表現にするけど、それこそ種牡馬入りするような名馬には馬主や調教師だけでなく、生産牧場や外厩関係者など、数多くの人間が関わっている。



本来はその辺の舞台裏を新聞各紙で取材して公開できればいいんだけど、いかんせん競馬界には何かと制約、マスコミ連中が書きたくても書けない“大人の事情”が多すぎる。



そりゃ当事者である馬主ですら自身の著書でも伏せているくらいだし、どんなに俺から戦前の国営放送と大差ないとボロクソに言われようが、既存のマスメディアに真実を公開できるハズがない。



話をまとめると、本当のことを公表しない(できない)陣営も悪いし、大本営発表しか書かない(書けない)マスコミ連中も悪い。諸悪の根源は規制でがんじがらめの競馬界にある



何を隠そうトレセン内外で“競馬界の治外法権”と言われているこの俺ですら、ジャスタウェイの関係者には配慮せざるを得ない。



最後に、今夜ブログで紹介した大和屋暁オーナーの著書ジャスタウェイな本は、KKベストセラーズより全国の書店、アマゾン等で絶賛発売中です。天の声さん、何かあったら後はよろしくお願いします!?(超無責任)


“大人の事情”に満ちあふれたジャスタウェイの競走生活を
オーナーのグルメ話と酒席の話題で埋めた内容は要必見!?

150127_yamatoya.jpg


ジャスタウェイな本



大和屋 暁




アマゾン、全国書店で絶賛発売中!!



ブログで書けないヤバイ話は例の場所で?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【ゴールドシップの馬主】
合同会社小林英一HDの“内部事情”を大暴露!?

好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強7月号

競馬最強の法則7月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント