Article

        

【祝10万馬券的中】宝塚記念“目イチ3点勝負馬券”を特別無料配信!!

2015/ 06/ 27
                 























何、字がデカすぎてなんて書いてあるか分からないだと?



パソコン、スマホからブログを見ている読者は驚いたと思うけど、上記の漢字は【祝】



本会員向け勝負レースとして提供した土曜阪神8Rで、爆穴本命馬トワエモア(単勝16.1倍1着)から馬連、3連複、3連単完全的中&10万馬券GETを祝ってのものだ!!!!!!!!!!



towa1.jpg
towa2.jpg
towa3.jpg
towa4.jpg



無料メール会員の読者には後ほど10万馬券的中おめでとうメールが届くと思うけど、勝ったトワエモアは各専門紙で印スッコ抜け。俺が愛用している専門紙Bにいたっては“トレセン取材してこの評価ですか?”って有様だが、詳しくは読者各自で驚愕の印を確認してほしい。本当は馬柱だけ切り取って掲載したいところだけど、リアル大人の事情により具合が悪いので…………
(土曜昼ブログでヤンチャし過ぎて怒られた。ゴーメンナサイヨー)



…………ただ、この場を借りてフォローさせてもらうと、記者連中を責めるのは少々酷過ぎる。トワエモアは前走、3歳牝馬同士の東京戦で二桁着順に敗れている。古馬混合戦の今回は本来であれば単勝50倍レベルの超人気薄だからな?



新聞の成績欄だけ見て予想したら絶対に獲れない穴馬を仕留めてこそ、情報屋さんの存在意義であり真骨頂だ。我が社が誇る情報スタッフは御用聞きと化している既存メディアの記者連中とは取材の中身が違うし、基本的に俺は身内をあまり褒める方じゃないけど、トワエモア&日吉厩舎のヤリ話は素晴らしかった。



トワエモアはブログで公開していないだけに、こんなこと口走ると毎日ガン見している古株連中の神経を逆なでしそうだが、あくまでブログで公開しているO・S馬は“無料で書ける範囲内”に過ぎない。



仮に中辻明オーナーが阪神ご当地馬主だったら、情報的にアクセスの少ない週中にぶっ放していたかもしれないが。。。。。。
(ちなみに中辻明オーナーは京都の有力者。馬主協会の所属もお膝元の京都だ。デビューから破竹の5連勝と将来が楽しみなビッグアーサーを始め、非社台系の新興馬主にしては走る馬が目立つ。秋の京都開催時に最強O・S連載で取り上げてもイイかも?)



towa5.jpg
土曜阪神8Rのレース動画はJRAホームページで視聴できる



それはともかく、今週は宝塚記念の新聞に載らない激裏話SPECIALと題して、前人未踏の3連覇がかかるゴールドシップ陣営の内部事情を大・大・大暴露している。



6/24(水)競馬マスコミの報道は戦時下の大本営発表に酷似!?

6/25(木)大本営発表により貶められるゴールドシップ馬主の品格

6/26(金)【宝塚記念】大本営から発表された“馬主の意向”には色々ある!?




もっとも毎日ガン見している読者にとって直近の関心事はズバリ、宝塚記念でゴールドシップの取捨だろう。



相変わらず新聞各紙は大本営(厩舎)に配慮してヨイショ記事のオンパレードだけど、実際の仕上がり具合はさておき、この中間は異例ずくめの調整だからな~



何だかんだ言いながら勝った前走時との違いを列挙すると、



・天皇賞・春で枠入りをゴネたためゲート再審査

・その影響で昨年より1週間早い5月末に帰厩(連覇した14年は6/6に初時計)

・何故か6/3に福永Jが追い切りに騎乗…………

・横山典Jが4週連続で栗東に駆けつけて稽古をつける(前走時は2週、昨年は3週)

・日頃の調教を担当している北村浩助手が函館出張のため畑端Jが2週間代役(!?)



gs_201506271657355aa.jpg
画像及び調教時計は競馬ブックweb より



とこんな感じで、ツッコミどころ満載なんだよ?



基本的に大舞台を目前にして普段と調整方法を変更するのは諸刃の剣。リスクが大きすぎるし、前走でタコ負けしているならいざ知らず、勝っている馬のすることじゃない。



ゴールドシップ陣営の内部で何が起こっているのか。それを誰でも見られるブログで舞台裏を全て公開することはできないけど、過去の事例から馬券のヒントを教えてやろう。



2012年の天皇賞・春で断然人気を裏切ったオルフェーヴル。同馬も前走の阪神大賞典でレース中に逸走、調教再審査をくらい、外厩のノーザンFしがらきから通常時より1週間~10日ほど早く池江厩舎に戻していた。



厳密に同じ再審査でもゲートと調教、外厩先も吉澤ステーブルWESTとノーザンFしがらきは違うけど、ゴールドシップとオルフェーヴルに共通しているのは“外厩から普段より早くトレセンに帰厩”していること。



その影響は世間で思われているよりも想像以上に大きい。実際にゴールドシップは須貝厩舎に戻ってからも、舞台裏を知らないファンが見たら、上記のように不可解なことを行っている。



内幕に関しては読者各自で想像力を働かせてほしいが、ここだけの話、吉澤ステーブルWESTで仕上げる時間が少ないのは最強7月号O・S連載取材時に、天の声さん(仮名)が指摘していたことなんだよ~



毎日ガン見している読者には説明不要だけど、天の声さんは馬主情報だけでなく、外厩のスペシャリストでもある。



先日の最強8月号O・S連載取材でも、島川隆哉オーナーが作ったトーセン専用(!?)外厩、エスティF小見川を徹底解剖したばかりだけど、近大競馬において外厩の存在は欠かすことができない。



外厩の良し悪しで馬主成績に甚大な影響を及ぼすし(注1)、場所によっては下手な厩舎よりも、仕上げが上手かったりするからな~
(注1詳しくは7/13に発売される競馬最強の法則8月号O・S連載を要チェック。来月号の最強は島川隆哉オーナー祭り!?)



軽く話が脱線したけど、最強7月号の取材時に天の声さんは



「昨年より早くトレセンに帰厩している今年の宝塚記念でゴールドシップは危ない」



と熱く語っていた。



os7.jpg
画像は最強7月号O・S連載より



そのノリで原稿を書き上げたモンだから、見る人によっては“須貝厩舎は馬を仕上げられない”と受け取られかねない文脈になっちまってさ~



俺は人様が書いた原稿に手を加えるのは趣味じゃないけど、さすがに岩神編集長に「(雑誌的に)この内容で本当に大丈夫ですか?」と確認したら、編集部の方で大工事してくれました。はい。



その代償として最強7月号O・S連載でゴールドシップの取捨がよく分からない内容になっちまったが(苦笑)、あくまで俺としては小林英一オーナーを取り上げた以上、事情はどうあれイラないとは言えないよね?



それは最強読者に対して裏切り行為になるし、とりあえず前人未踏の3連覇を達成したら俺的に万々歳、馬群に沈んだら天の声さんのお手柄(!?)ってことにしておくか(く、苦しい……)


トレセン近郊で外厩を経営する大物馬主も絶賛(マジ)
馬主、外厩のスペシャリスト天の声さんが本文構成
bb.jpg




秘中の馬券作戦




ブラックボックス馬券術




アマゾン、全国書店で絶賛発売中!!



ブログで書けないヤバイ話は例の場所で?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【ゴールドシップの馬主】
合同会社小林英一HDの“内部事情”を大暴露!?

好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見!

最強7月号

競馬最強の法則7月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント