Article

        

知る人ぞ知る大ベテラン中山ご当地馬主、古川嘉治オーナー

2015/ 09/ 24
                 
ヤバイ話シリーズとは?
【オフレコ話は例の場所を要チェック!】を参照。

例の場所その1で(続く)の意味が分かりません
読者のみんなに超基礎的なお知らせ&お願いを参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
9/27(日)中山6R
3歳上500万下に出走予定
(クロフネビームス)
昨年春以来の登場(※1)。知る人ぞ知る大ベテラン中山ご当地馬主、古川嘉治オーナーの勝負馬。現役馬の出世頭ブライトボーイは地元開催の中山で500万、1000万を勝利。準OPで頭打ちになるも障害に転向、21(月)中山の未勝利戦を鮮やかに逃げ切った。基本的に初障害は不利が定説だけど、それにも関わらず古川嘉治オーナーは競馬場に来場していたからな。これぞご当地馬主の鏡。さすがに甘くないと思うけど、暮れの中山大障害に出走してきたらO・S的に狙える!?

ブログ参考画像(9/21ブライトボーイ勝利後に撮影)
buraito.jpg
画像は中山馬主協会ホームページより

そんな古川嘉治オーナーが日曜中山で愛馬2頭出し。上記のブライトボーイを含めてJRAでの所有馬4頭の半数を使うだけに要注目だが、文句なく今週1番は例の場所で公開中のO・S馬だろう。ぶっちゃけ新聞の公式コメントで「通用する能力はあるのに真面目に走らなくて……」とこき下ろされる気性難だよ。それだけに前走の激走には関係者の誰もが驚いていたが、揉まれる形で結果を出したのは高く評価できる。今回はオーナー地元開催で直線に心臓破りの急坂が待ち受ける中山替わり。逃げ、先行馬が止まらない新潟よりは間違いなく差し、追い込み有利の舞台設定だし、例の場所で後述する出走舞台裏を含めて狙う価値あり!?
(※1・2014年4/2伝説の名ステイヤーを彷彿とさせるO・S馬とは!?を参照)

おまけ
[調教師に出走ローテを丸投げすると損な典型例のヤバイ話]
人気ブログランキングへc_01.gif
文字数の関係で例の場所その1その2だけだと言葉足りずなので、誰でも見られるブログだと少々おっかないが補足させてほしい。実際に調教師が馬主にどう報告したか裏は取らなかったけど、このケースは何となく想像がつく。読者のみんなは土曜中山6R3歳上500万下(ダ1800M)の出走馬をガン見してほしい。日曜に牝馬限定戦の適鞍が組まれているのに、紅一点で牡馬相手に使うのなんでだろう~

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【ノーザンF系(!?)新興馬主】河合純二オーナーとは
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強10月号

競馬最強の法則10月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント