Article

        

【認知症】大山のぶ代の旦那に教えたいコウノメソッドの凄さ

2015/ 11/ 03
                 





【コウノメソッドの最新情報が毎週更新】
ドクターコウノの認知症ブログは要必見!!



10/4【現状報告2015秋】安心してください、生きてます!?以来の認知症ブログだけど、相変わらずコウノメソッド(PDFファイル)のお陰で絶好調。最近は頭が良くなりすぎてチョッピリ困っているほどだ。



先日、介護本を出版した大山のぶ代の旦那(注1)にも教えたいくらいだが、報道によれば自分がドラえもんだったことも分からなくなっているらしいからな~
(注1J-CASTニュース認知症、大山のぶ代さんのいま 夫砂川啓介さんが本の中で「徘徊」「幻覚」明かすを参照)



近所の書店では品切れ状態なので内容はまだ見てないけど、症状から察するに介護者は相当キツいと思われる。



大山のぶ代はアルツハイマー、俺のお袋はレビー小体型なのでタイプが違うが、認知症で1番困るのは徘徊なんだよ?



よく新聞でも高齢者が迷子になって行き倒れ……という痛ましい記事を目にするけど、お袋もくも膜下出血でぶっ倒れる前の歩けた頃は、半日ほど行方不明になっている(注2)。
(注2・2012年3/17認知症のお袋が行方不明に……を参照)



あの事件もワイルド親父(牡72)の不注意と言ってしまえばそれまでだが(苦笑)、当時はボケているのは分かっていたとはいえ、そこまで症状が進んでいるとは俺も認識していなかった。



近所をかけずり回って探したのを昨日のことにように思い出すが、世間の人々は普通に歩いているお婆ちゃんのことを気にも留めていないし、目撃証言ゼロだったからな。。。。。。



何はともあれ無事に帰ってきて良かったけど、あれからお袋が1人で出かけると言い出したら“俺が買ってくるよ”とそれとなく制止して、それでも自分で行くと聞かなければ、後からコッソリ尾行していたほど。



基本的には近所のコンビニで本を買う程度だし、あさっての方向に向かいだしたらバッタリ遭遇したように見せかけて軌道修正したけど(苦笑)、文章にすると簡単だが実際は大変だよ~



さらに認知症で問題なのは子供でいうオイタ。意味不明なことをして介助者を困らせることだ。



いまでこそお袋はコウノメソッドのお陰で問題行動は一切見られなくなったけど、薬害でパッパラパー(注3)にされた当時はお先真っ暗。とても自宅で介護できるレベルじゃなかったし、あの状態が治るんだから信じられない。
(注3・2014年7/4【現状報告2014上半期】徳●会グループとの死闘を参照)



報道によれは大山のぶ代の問題行動(注4)は、最も症状が酷かった頃のお袋に勝るとも劣らない。自分で動ける分だけ逆の意味で厄介だし、介助者の肉体、精神的負担は察するに余りある。
(注4女性セブン40年間寝室別だった大山のぶ代夫妻 認知症発症後は毎日ハグを参照)



それと比べればお袋は幸か不幸か、くも膜下出血を発症後に薬害で入退院を繰り返し、寝たきりになっちまったからな。



皮肉なモンで介助する方としたら要介護5、身体障害者1級の寝たきり、車椅子でも、イランことをしない分だけ負担は少ない。



紙オムツでもウ●コを掴んでところ構わず汚すようなこともないし(ラリパッパの時は何回かあった)、食事や着替えの介助が少し面倒だけど、以前とは比較にならないほど楽になった。



本当にコウノメソッドの考案者である河野和彦先生には、どんなに感謝してもしきれない。



俺ができるせめてもの恩返しは1人でも多くの人に、コウノメソッドを知ってもらうこと。どんなにボケが進行しても家族が諦めちゃダメ。タイプに合わせた薬を処方すれば認知症は良くなる

画像は10/26ドクターコウノの認知症ブログより
3718a50a.jpg
コウノメソッドの漫画小冊子。お袋が通っている病院に問い合わせてみるか~


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
11/7(土)京都6R
2歳新馬に出走予定
人気ブログランキングへc_01.gif (ラルク)
ブログ初登場。謎の新興馬主、(株)キーファーズの勝負馬。毎日ガン見している読者には説明不要だと思うけど、当初は松島正昭オーナーの個人名義で登録していたが、色々あって現在は本業と全く関係ない法人名義に変更している。例の場所で公開中のO・S馬は代理人名義の落札だし、それにも関わらず今年のセレクトセールでは億超えの良血馬を買い漁り注目を集めるなど、やっていることが支離滅裂で矛盾この上ない。シャイ(死語)な方なのか、それとも目立ちたがりなのか、個人的にツッコミどころ満載なんだが…………

…………って話を競馬最強の法則11月号オーナー・サイダー連載でやろうと思っていたけど、いかんせん肝心の勝負馬が例の場所のO・S馬と、1勝馬の身分で菊花賞に格上挑戦したミコラソン(16着)くらいしかいなかった。後者は予定していた自己条件でも確勝級とは言い難かったし、何だかんだで最強の法則は馬券がメインだからな。仕方なく自重してスマートの大川徹オーナーにしたけど(これが大正解)、将来的にはノーザンFお抱え(!?)新興馬主として取り上げたいお方だ。今回はオーナー地元開催(本業は京都の有力者)に組まれたベスト条件で懇意にしている武豊Jが騎乗するし、これはO・S的に買うしかない!?


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



俺のお袋(牝81)もコウノメソッドで救われた!!
【認知症治療の神医・河野和彦先生の最新本】

ko.png



医者を選べば認知症は良くなる!




患者も介護者も救うコウノメソッド





全国書店やアマゾンで買えるぜ

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント