Article

        

【ジャパンC特別企画】イトウ家の食卓~持ち時計を5秒短縮する裏ワザ~

2015/ 11/ 25
                 






待たせたな!






本日は最強オーナー・サイダー連載の取材があったので遅くなっちまったけど、いよいよ満を持して(!?)ジャパンC特別企画イトウ家の食卓~持ち時計を5秒短縮する裏ワザ~を大・大・大公開だ!!!!!!!!!!



もちろん今夜の主役は外国馬イトウ。あのディープインパクトの母ウインドインハーヘアも勝った独G1バイエルン大賞(当時のレース名はアラルポカル)の勝ち馬であり、父は独ダービー馬Adlerflug(アドラーフルク)、母父も独G1バーデン大賞(芝2400M)を連覇、1999年のジャパンCに来日したタイガーヒル(10着)という筋金入りのドイツ血統だ。



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
11/1 ミュンヘン競馬場 バイエルン大賞 イトウ

スタミナ&馬力勝負は大得意も直線ヨーイドンの決め手比べになると?



この時点で競馬歴の長いファンほど「日本の高速馬場では用なし……」と思うに違いない。前走のバイエルン大賞は重馬場とはいえ、芝2400Mで走破タイムは驚愕の2分36秒4!? 持ち時計も良馬場で行われたベルリン大賞(2着)の2分28秒7が最高だし、昨年エピファネイアが圧勝したジャパンCの勝ち時計が2分23秒1(良馬場)だからな~



机上の計算ではレース当日にドロンコの重、不良馬場になるほど天候が悪化するか、持ち時計を5秒短縮しないとお話にならない。



ちなみに今週末の東京は現時点で土日とも晴れ予報。水木に結構な雨が降ったとしても、タップダンスシチーが勝った2003年(偶然にも勝ち時計は2分28秒7)のような極悪馬場は期待薄だ。



良馬場で勝ち負けするには地力で何とかするしかないし、往年の人気番組伊東家の食卓で紹介されるような裏ワザ(!?)が必要になる。



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
伊東家の食卓 トランプに関する大発見!!

日本テレビで放送されていた伊東家の食卓なるものはなる!!



しかし、2010年のエリザベス女王杯を驚愕の末脚でブチ抜いたスノーフェアリーの例もあるとはいえ、競走馬も人間と同じく遺伝による得手不得手が存在する。イトウは日本通(!?)の馬名とは異なりバリバリのドイツ血統だけど、対照的にスノーフェアリーはロベルトやウォーニング、マルジュ(サトノクラウンの父)→ラストタイクーンと、日本の軽い芝に実績を残す種牡馬の血脈を受け継いでいた。



マラソンランナーの息子が100M走でボルトで勝てるか?って話だし、瞬発力に秀でる日本馬相手に勝機を見出すとしたら、何とかしてスタミナ比べに持ち込む以外に術はない。



そこで俺は我が国の競馬界にその名を残す“3人のイトウ”の騎乗から、イトウ陣営&読者のみんなにジャパンC攻略のヒント(!?)を授けよう。



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2012年 キャピタルS ヤマニンウイスカー 伊藤工

単勝は驚愕の397.4倍!? これがあるから人気薄の逃げ馬は恐ろしい……

2003年 平安S スマートボーイ 伊藤直

伊藤直Jとのコンビで重賞5勝。徹底した逃げで人気を博したスマートボーイ

1992年 ファイナルC グレイトウェーブ 伊藤暢

92~96年まで行われたヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップ
若き日のデットーリが蒼々たる名手を退けて優勝。ナカタニとか懐かしすぎる
(ちなみにグレイトウェーブは次走で伊藤暢Jに乗り替わりエイプリルSを連勝している)



上記はそれぞれ伊藤工、伊藤直、伊藤暢ジョッキーが騎乗して大穴馬券の立役者になった代表馬のレース動画だけど、この3名に共通するのが“人気薄の逃げ馬”に他ならない。



補足として最後のグレイトウェーブには若き日にデットーリが騎乗しているけど、晩年は伊藤暢が主戦になり1994年のブラッドストーンS(当時は中山芝3200M)では単勝63.4倍の最低人気で逃げて3着に粘り込んでいる。天下のYouTubeでも21年前のOP特別レース動画は無かったし、仕方なく(!?)オールド競馬ファンには感涙モノの貴重な映像で代用させてもらった。



それはともかく、ブログ本文に張ったバイエルン大賞レース動画を見てもらえば分かるけど、イトウ(馬)は陣営も認める逃げ馬だ。





さらに今年のジャパンC出走馬にはイトウ以外、何が何でもハナを切りたい馬は不在。先行馬すらラブリーデイやカレンミロティック程度しか見当たらないし、国際競走ほど展開予想の難しいレースはないけど、恐らく自分の形には持ち込めると見ている。



ただし、欧州競馬や本国ドイツのような直線ヨーイドンの溜め逃げだと、日本馬相手にはほぼ確実に切れ負けするだろう。



そうは言ってもイトウは独G1勝ち馬だ。例の場所で後述するワケアリ参戦(!?)といえど、スマートボーイの伊藤直コンビのような玉砕逃げ打って出れば粘り込みも?(く、苦しい……)


ブログで書けない激裏話は例の場所で!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
11/28(土)京都★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定

毎日ガン見している読者には説明不要の京都ご当地馬主、前田幸治オーナーの勝負馬。ジャパンCにワンアンドオンリーヒットザターゲット(馬主名義は実弟の前田晋二オーナー)が出走を予定しているけど、この土日はG1出走馬に合わせてノースヒルズ関連の勝負馬が大挙スタンバイ。その中でも俺の独断と偏見で例の場所で公開中のO・S馬を取り上げるけど、情報的に小牧太Jの今週1番(!?)レベルだからな。気性的に操縦の難しいタイプだけに、継続騎乗で癖を把握した今回は前進が期待できる。

あと話のついでに。11/24(火)兵庫ジュニアグランプリのカネになる話2015で推奨したO・S馬は、小牧太Jが日曜東京で騎乗するので降板決定(ヒットザターゲット1頭のために遠征)。サウンドスカイも全く危なげない競馬でダートに転じて3連勝。交流重賞ウイナーになっちまったし、これにはマジで同情を禁じ得ない。乗り替わりはジョッキーの宿命とはいえシュウジに続いてこの仕打ちは。。。。。。

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2015年 5/31 目黒記念 ヒットザターゲット

小牧太Jに導かれ馬連万馬券、3連単10万馬券の立役者に



マイルCS、ジャパンC週に金子真人HDが大暴れ!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強12月号

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント