Article

        

【クリノ】栗本博晴オーナーの勝負馬が地元開催で目イチ仕上げ!?

2015/ 12/ 06
                 
ヤバイ話シリーズとは?
【オフレコ話は例の場所を要チェック!】を参照。

例の場所その1で(続く)の意味が分かりません
読者のみんなに超基礎的なお知らせ&お願いを参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
12/13(日)阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定

阪神ご当地馬主、栗本博晴オーナーのワケアリO・S馬。何気にキチンした形で紹介(※1)するのは初めてだけど、来週は阪神ジュベナイルF当日に組まれたベスト条件に満を持して、例の場所で公開しているクリノ勝負馬が出走を予定している。1週前調教では胸を借りた厩舎の古馬にこそ遅れたとはいえ、Cウッドで長めからハードに追われたからな。これだけ動けば近2走の走りは本物と見てよさそうだし、馬主情報的には間違いなく“買い”。俺と相性の悪い動物虐待系(!?)オーナーの馬じゃなければ相当自信あるよ。

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2011年 阪神12R ゴールデンホイップT アスカクリチャン

当時の馬主は上野武オーナー。210万(税込)の馬を半持ちって……
(※1アスカクリチャンは上野武オーナーと栗本博晴オーナーの半持ちを参照)

毎日ガン見している読者は何となく気付いていると思うけど、小宮城という男は出走手当目的で愛馬を使い倒す馬主さんの勝負馬を狙うのは好きじゃない。この手のオーナーは安馬を使えるところにバンバン出走させて利益を生み出す。サラブレッドは経済動物。これはこれで立派な馬主としての方針だが、レースが調教代わりみたいなモンだからな。そんな馬が出走間隔をあけて目イチ仕上げで臨むとあ~ら不思議。厩舎サイドや馬も慣れてないのか調教が強すぎてヤレズ……なんて場合が多々ある。マジ心配はそれだけ。前走だけ走ればG1当日で骨っぽいメンバー相手でも通用すると思うが…………

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【金子真人HD】その驚くべき“馬主力”に迫る!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

最強12月号

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント