Article

        

WBC日本ラウンド決勝観戦記(上)~天の巻~

2009/ 03/ 12
                 
[WBC日本ラウンド決勝観戦記(上)~天の巻~]

昨日書いた【WBC日本ラウンド決勝観戦記~プロローグ~】の続きだが、思いがけないサプライズイベント?を経て、東京ドームに潜入した俺とチビ。
16時開場と同時に中に入ったのは、チビに間近で練習風景を見せる為だからな。

16時05分に入場
※16時05分に入場

その目論見通り、ネット際でティー打撃している選手を間近で激写。

私は誰でしょう?
※私は誰でしょう?

一瞬、トレードマークの“ヒゲ”がないから分からなかったけど

ガッツだぜ!
※ガッツだぜ!

巨人の主砲ガッツ(小笠原)だ!


さらにその真横には…

トレードマークの“アゴ”がネットの影に…。
※トレードマークの“アゴ”がネットの影に…。


昨年のセ・リーグ首位打者、横浜のウッチー(内川)じゃないか!?

ティー打撃の間にウッチーと同じ横浜の村田(と思われる)と談笑
※ティー打撃の間にウッチーと同じ横浜の村田(と思われる)と談笑


しかも中央の打撃ゲージでは原監督と高木豊(※現在は解説者)が、何やらヒソヒソ話。

原監督と高木豊のツーショット。
※原監督と大洋のスーパーカートリオ(古!)の1人、高木豊のツーショット。

その横では侍ジャパンの選手達がフリー打撃の順番待ち。

練習着だから背番号がなくて、誰が誰だかよく分からん…。
※練習着だから背番号がなくて、誰が誰だかよく分からん…。


恐らくイチロー(本物)も何処かにいるし目をこらして探していたら、警備員から『ご自分の席にお戻り下さい~』と注意されてな…。
まだ10分と撮ってないのに厳しい対応だけど、チビの手前従わざるを得ない。
子供は意外と親の態度を見ているモンだし、他の客は警備員の注意をガン無視して撮りまくっていたが、そこは今後の教育の為にグっとガマンだ(苦笑)


まぁ、俺が某オークションでGETしたプレミアチケットは本当にネットの真裏だし、例え席から撮ってもこの通りだ。

横を向いている選手はもしや…
※横を向いている選手はもしや…

っと、よく見たら遠目にイチローらしき選手が!?

遂に本物(笑)に巡り会えたと思った途端、イチローがフリー打撃に登場!

俺に1本打たせてくれ。
※俺に1本打たせてくれ。

ウリャー
※ウリャー


っとボテボテのゴロだった…。


その1本でイチローは終了。
恐らく開場前にフリー打撃は終わっていて、そこで感触がイマイチだからイチロー特権?で割り込んで、1本だけ打ったって感じだ。


そんなこんなで日本の練習も制限時間一杯になり、いよいよ韓国と国の威信を賭けた戦いが幕を開ける!


が、それは・・・









































続く。



あと明日は通常通り競馬モードに戻って、この続きは日曜の夜以降に書くぜ。
次回はようやく試合が始まる予定だから、楽しみに待っていてくれ(苦笑)


そして強引にでも最後はカネになる話(情報馬)で締めるのが、このブログのお約束だ。


まず1頭目は土曜阪神7R4歳上500万下(ダ1200M)に出走を予定している
banner2.gif(←馬名はここで確認してくれ)
は、巻き返し必至の強力情報馬だ。

前走で人気を裏切ったけど、敗因は直線で前が壁になり脚を余しての内容。
陣営も『中間も引き続き好調をキープしていますし、スタートからダートの阪神ダ1200Mならテンに無理せず好位置に付けられますからね。今度こそ決めてくれると思います』と大きな期待を寄せている。
鞍上を見ての通り適鞍を求め勝負の西下になるし、牡馬相手でも好勝負は必至だ。


もう1頭は少々時間帯の早いレースになるが
b_01.gif(←馬名はここで確認してくれ)
は情報的にもそうだけど、個人的に分厚く狙ってみたい。

今回は初ダートになるが母系を遡ると南関東の伝説的女傑ロジータを筆頭に、レギュラーメンバーやカネツフルーヴなど、ダートの猛者がズラリと並ぶ血統だ。
乗り役も『決め手に欠けるタイプだからダートは絶対に合っています。前々で競馬すれば、突き抜ける場面まであるんじゃないですか』と色気タップリだったし、ガラリ一変が期待できそうだぜ。


あと木曜恒例・俺のゴルフ仲間の推奨馬は
トレセン取材オフィシャルブログ
(携帯からはhttp://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=furukawa_yukihiro
で確認してくれ。


スポンサーサイト
                         
                                  

コメント