Article

        

【有馬記念CLIMAX】キャロットFの新聞に載らない激裏話

2015/ 12/ 26
                 






待たせたな!!






いよいよ【有馬記念CLIMAX】も競馬に例えれば最終コーナーを回ったが、本題に入る前に読者のみんなにはお手数だけど


12/23(水)公開枠順ドラフト廃止の舞台裏を大暴露!

12/24(木)ゴールドシップの新聞に載らない激裏話

12/25(金)ラブリーデイ(金子真人HD)の新聞に載らない激裏話


水木金の上記過去ブログに目を通してほしい。



これでも俺なりに“大人の事情”が許す範囲内で頑張ったつもりだけど、どうしても毎日ガン見している古株連中にはオルフェーヴル騒動(※1)と比べられちまうからな~


※1詳しくは過去ブログ

13年12/21【衝撃】オルフェーヴルが禁止薬物を使用!?

13年12/22オルフェーヴル8馬身差圧勝は“ヤリ過ぎ”

13年12/23【オルフェーヴル問題】競馬マスコミは腐ったミカン!?

13年12/29ファン不在の競馬マスコミに物申す!!~前編~

13年12/30ファン不在の競馬マスコミに物申す!!~中編~

13年12/31ファン不在の競馬マスコミに物申す!!~後編~

をガン見してくれ!!


苦肉の策として12/25(金)ブログでは例の場所で触れたラブリーデイのエクイロックス使用の件も、オルフェーヴル騒動の前科があるので。。。。。。



そりゃ俺だって“ラブリーデイは有馬記念の特別出走奨励金対象馬。結果を問わず回ってくるだけで2000万円がもらえるだけに……”(※2)と、読者の耳目を引く言い回しの1つもしたかったよ。
(※2昨年から有馬記念のファン投票上位馬には順位に応じて出走するだけでJRAからボーナスが支払われる。詳しくは2014有馬記念SPECIAL前夜祭を参照)



ラブリーデイは今年の中山金杯から数えて10戦目。さらに近3走は京都大賞典→天皇賞・秋→ジャパンC→有馬記念と月1ペースを超える出走間隔の強行軍だ。



常識的に考えてお釣りが残っている方がおかしいし、それを裏付けるかのごとく、週中に降って湧いた蹄の不安説だよ。競馬歴の長いファンなら誰だって危ないと思うよな?



し・か・し



全ての面で技術が格段に進歩を遂げた近大競馬では、過去の定説は一切通用しない。



それは2013年のオルフェーヴルを振り返れば明白だし、2014年に有馬記念を制したジェンティルドンナにしても、あまり大きな声じゃ言えないけど、両前脚ともエクイロックスを使っての勝利(※3)だからな~



ここで誤解してほしくないのは、エクイロックスはレースでも使用が認められている接着蹄鉄(※4)であること。オルフェーヴルが調教中に貼って物議を醸したネーザルストリップと同様、ルール上は全く問題ないことを覚えておいてほしい。



※3ブログ参考画像
karisuma.jpg
サンスポ競馬2014年12/25『カリスマ装蹄師』西内氏より
(基本的にエクイロックスはネガティブなイメージがあるのでマスコミは取り上げないんだが……)
(※42013年12/14【有馬前夜祭】古豪復活の舞台裏に良薬あり!?を参照)



この表現方法でも誰でも見られるブログでは問題になりそうだけど、今夜の主役はラブリーデイ(エクイロックス)ではなく、有馬記念に豪華3頭出しキャロットFの新聞に載らない激裏話だ。



毎日ブログ&例の場所&サイト内までガン見している無料メール会員の読者には説明不要だが、マリアライト、リアファル、ルージュバックが出走するキャロットFは有馬記念の結果次第で、2年連続馬主リーディング1位の偉業達成がかかっている。



ち・な・み・に



古株連中から拍手コメントで



「“中央のみの成績”だと先週時点で2015年の馬主リーディング1位は1億7000万差でサンデーRですが……」



という質問が何通か寄せられているけど、さすがは毎週末馬券と格闘している猛者達だけはある。



上記の件は俺が所属する情報会社でも週中話題に挙がったし、天の声さん(仮名)が実名でバイト(!?)している某競馬ポータルサイトでも、JRAでの賞金差で馬主リーディングを解説していたからな~



これも全てはTARGETやnetkeibaの馬主リーディングが中央成績しか対応していないのが諸悪の根源だけど、大前提として調教師、騎手などのJRA賞は地方、海外を含めた成績で決められている。



分かりやすい例が2012年度で、中央成績のみだと最多調教師は池江師、最多勝利騎手は浜中J(※5)だけど、地方&海外成績を加えると角居師、岩田J(※6)になる。



※5ブログ参考画像
2012r.jpg

2012r1.jpg
netkeibaの2012年度の調教師、騎手リーディング(中央のみ)


※6ブログ参考画像
2012r2.jpg
2012年度のJRA賞。詳しくはJRAホームページを参照



詳細は「2012年度JRA賞」対象 調教師・騎手成績(PDFファイル)をチェックしてほしいが、JRAのみだと119勝で騎手部門3位の岩田Jは地方で14勝、海外1勝の合計15勝で134勝に。角居師も地方1勝、ルーラシップで制したクイーンエリザベス2世C(香港G1)の海外1勝の差で池江師を逆転する。



香港国際競走と違って日本では馴染みの薄いクイーンエリザベス2世Cだけど、1着賞金は800万香港ドル。これは日本円に換算すると1億2000万円の国際G1だからな?



話を2015年の馬主リーディングに戻すと、中央のみだと先週時点でサンデーRが1億7000万差で1位(※7)だが、地方&海外成績を含めると逆に8638万差をつけてキャロットFが逆転(※8)する。



これはクリソライト(ダイオライト記念など)、リアルインパクト(豪G1ジョージライダーSなど)の活躍が大きく、前者は今年の5走全て地方で走り7820万、後者は海外2戦で112万豪ドル(約1億円)を稼いだからにほかならない。



これがJRA賞にカウントされないのは筋が通らないし、馬主リーディングも地方、海外を含めた成績が正当だと思われる。



※7ブログ参考画像
2015r.jpg
netkeibaの2015年度馬主リーディング(中央のみ)

※8ブログ参考画像
or1220.jpg
競馬ブックwebの2015年度馬主ランキング(地方、海外を含む)



最後に、これで終わらすと質問者の読者や天の声さんがモヤモヤした感じで年越しを迎えるのでフォローすると(苦笑)、ここだけの話、現行のJRA賞に馬主リーディングの項目は存在しない。



これはお上が競馬界の権力ピラミッド頂点に立つ馬主を軽んじているから…………















…………ではなく、















数年前までは馬主リーディング1位は10年以上に渡り社台RHが独占していたので、大々的に表彰する必要が無かったと推測される。



それが現在はノーザンFの台頭によりキャロットF、サンデーRの同系列1口クラブの争いになり、2015年は新たに金子真人オーナーが加わった。



今年ほど馬主リーディングが注目を集めた年は無かったし、地方&海外成績の差で順位がひっくり返る大接戦は記憶にないからな~



ペーパーオーナーゲーム(POG)だと集計の関係上、いまだに地方と海外成績を含めないところが目立つけど、毎年のように誰かの指名馬が全日本2歳優駿やUAEダービーで活躍する時代だ。



来年から凱旋門賞の馬券が買えるようになるし、いい加減JRAホームページで地方&海外を含めた馬主リーディング成績を公開してもいいんじゃないか?


キャロットF有馬3頭出しの取捨は例の場所で!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【方針変更】師走競馬は山本&レッド軍団で儲けろ
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201601.jpg

競馬最強の法則1月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)



【樋野竜司さん(ヒノくん)の最新単行本】
アマゾンKで有馬記念ほか大穴予想をGET!!
政治騎手2016

馬券術政治騎手名鑑2016




地方創生





amazon(アマゾン)で絶賛発売中!


★刊行記念アマゾンキャンペーン!
本書の刊行を記念して、以下の特典付きキャンペーンを行ないます。アマゾンにて、『馬券術政治騎手名鑑2016 地方創生』(12月22日発売)を、下記要領にて購入していただくと、以下のような特典が付きます。

●特典
下記日程で、著者・樋野竜司の予想を2~3レース(重賞、午後のオススメレースなど)配信します。大穴男ヒノくんの予想にご期待ください(ただし、馬券はあくまで自己責任にてお願いします)。

・12月26日(土)阪神C
・12月27日(日)有馬記念
・1月5日(火)中山・京都金杯

●応募方法
1、『馬券術政治騎手名鑑2016 地方創生』をアマゾンで購入してください。

2、アマゾンで購入したのがわかるように画面キャプチャや写メールおよび注文書のテキストを下記アドレスへお送りください。
※この際、お名前、詳細なご住所などの個人情報は応募される皆様のほうで消してください。

horse.eventskk2@gmail.com

3、12月25日(金)までにお申し込みいただくと26日(土)の予想から配信させていただきます。12月26日(土)~1月4日(月)に申し込みいただいた方には1月5日(火)の予想のみの配信となります。それ以降の申し込みは無効とさせていただきます(応募者多数の場合は早めに打ち切る場合もあります)。
各予想とも、前日夜~朝方の配信を心がけておりますが、やむをえず、当日の午前中となることもありますので、ご了承ください。配信をもって、応募の返信に代えさせていただきますので、そちらもご了承ください。
 また馬券は自己責任でご購入お願いいたします。

●ご注意
・携帯でお申し込みいただく場合、メールが届かないことおよび文字数制限により全ての文章が閲覧できないことがあります。その点をご留意いただいた上、お申し込みください。PCで閲覧できる環境でのお申し込みを推奨いたします。とくにdocomoをお使いの方は、セキュリティが強化されていますので、お手持ちの機種のセキュリティをご確認ください。
・予想はメルマガの配信システムを使用する場合があります。お使いのプロバイダー、または、セキュリティソフトなどでまれにメルマガが届かないことがあります。1回限りのイベントのため、不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・yahooやgooメールなど、一部のフリーアドレスでは迷惑メールに配信されることもあるようです。受信箱の容量が一杯になっている場合、ゴミ箱や迷惑メールフォルダが一杯になっている場合でも届かないことがあるようです。

・gmailのアドレスで配信していますので、gmailのアドレスを取得してお申し込みいただくと、最低でも迷惑メールには届くようです。

・ダウンロードしたデータに関しては皆様のPC環境、ソフト環境で閲覧できない場合もあります。こちらも不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・また、このイベントに関するお問い合わせにつきましては、

horse.eventskk2@gmail.com

のみで受け付けております。

発売元のKKベストセラーズ、アマゾンにはお問い合わせできません。

・お問い合わせに関しては返信に1~2日掛かる場合があります。

・メールアドレスはイベント終了後、2週間以内に削除いたします。また、このキャンペーン以外に使用することはありません。

★刊行記念書店キャンペーン!
『馬券術政治騎手名鑑2016 地方創生』(12月22日発売)を、下記日程で対象書店にて購入していただくと、購入当日の著者・樋野竜司の予想(2~3レース=重賞、午後のオススメレースなど)をお付けします。大穴男ヒノくんの予想にご期待ください(ただし、馬券はあくまで自己責任にてお願いします)。

・12月26日(土)阪神C
・12月27日(日)有馬記念
・1月5日(火)中山・京都金杯

【キャンペーン対象書店】
●オークスブックセンター東京ドーム店(JR水道橋駅・後楽園黄色いビル2F)
●啓文堂府中店(京王線府中駅・駅ビル2F)
●書泉グランデ(都営地下鉄神保町駅・神保町1丁目)
●書泉ブックタワー(JR秋葉原駅・神田佐久間町1丁目)
●紀伊国屋書店梅田本店(阪急梅田駅・阪急三番街)
●三省堂書店名古屋高島屋店(ジェイアール名古屋タカシマヤ11F)

※品切れになった時点でキャンペーンは終了いたします。馬券は自己責任でご購入お願いいたします。

【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント