Article

        

【勝負馬多数】今年もバローズ軍団の東京ご当地ヤリでガッチリ!!

2016/ 01/ 27
                 
例の場所その1で(続く)の意味が分かりません
読者のみんなに超基礎的なお知らせ&お願いを参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
1/30(土)東京★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定

東京ご当地馬主、猪熊広次オーナーの勝負馬。本業その他諸々は過去ブログや最強O・S連載で大々的に取り上げた(※1)ので割愛させてもらうが、昨年の1回東京開催ではバローズ軍団が大暴れ。ゴールデンバローズの500万、ヒヤシンスS連勝を筆頭にエルヴィスバローズ、ノーザンバローズなど5戦3勝・②着1回の固め打ち。秋の東京でもストロングバローズ、ゴルゴバローズが大暴れしたように、ご当地ヤリの精度は半端じゃない。少し前まで良血の駄馬ばかり掴まされていた馬主とは思えないし、大手牧場のバックアップ(心の目で見るように!!)があると無いじゃここまで違うのかなと。


ブログ参考画像
TARGET猪熊広次オーナーの競馬場別成績 ※2015年度
b_201601271804402da.jpg
赤く囲ったのが地元開催の東京。ダートに限れば連対率は驚異の50%超え!?


その意味で例の場所で公開しているバローズ勝負馬は


1. 半姉は重賞勝ち馬(ただしダート)
2. ダートではなく芝レースに出走予定
3. 生産牧場(アドバイザー)が懇意にしているノーザンFではない
(←ココが重要)


という“旧バローズ仕入れ”を彷彿させる構成だ。それでも推奨する根拠は東京替わり&中間の臨戦過程にある。前走の中山戦は最内枠で後手を踏んだこともあるけど、スローの流れを馬群に包まれて脚を余したからな。今回は直線の長い府中にミエミエの鞍上強化だし、先週で優先出走権(※2)が失効するにも関わらず「中4週あれば確実に滑り込める」と出走頭数まで読み切っていたのも見逃せない。さすがは美浦屈指の常勝厩舎。あれだけ勝てるのには馬質以外にも理由があるんだよ~

※1詳しくは過去ブログ

14年11/18これまでのバローズ軍団とはひと味もふた味も違う!?

15年1/17月刊誌の時間差も本物の競馬関係者には無問題!?

15年1/25東京開幕週にバローズ軍団の真打ち登場

15年2/10【ノーザンF】東京マル混戦半持ち外車使い分け作戦3連勝なるか!?

15年10/20【ネタバレ注意】ゴールデンバローズ級(!?)の砂戦車が東京に降臨!!

をガン見してくれ!!

(※2ルールを理解した者だけが勝ち組になれる!を参照)

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【2016年】小宮城イチ押しノーザンF系(!?)馬主とは?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201602.jpg

競馬最強の法則2月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント