Article

        

【外国人ジョッキーの中館!?】バルジューでも馬主お膝元で勝負!

2016/ 02/ 04
                 
例の場所その1で(続く)の意味が分かりません
読者のみんなに超基礎的なお知らせ&お願いを参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
2/7(日)京都★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
(ミキノハルモニー)
知る人ぞ知る京都ご当地馬主、谷口久和オーナーのワケアリO・S馬。京都馬主協会の要職に名を連ねる淀の有力者だけど、今回は鞍上を●●厩舎の勝負パターンである外国人ジョッキーを配してヤリ。ただし、少々問題なのは実績を残すM・デムーロが先約&大人の事情により、社台系の有力馬に騎乗が決まっていた。そこで白羽の矢が立ったのが先週から来日しているバルジューなこと。近年は例の場所で後述する裏事情により、ローカル開催をドサ回りしているからな。外国人ジョッキーの中館(!?)と化しているし、中央開催で狙うのには多少の勇気がいる。

ブログ参考画像(TARGET●●厩舎の騎手別成績)※15年2/7~16年1/31
oohasi.jpg
ちなみにM・デムーロの騎乗馬8頭は全て非社台牧場の生産馬だ
(バルジューも中堅厩舎で年間2勝だから悪くないがピンかパーなので……)

それでも推奨する理由は馬主の地元開催の京都に組まれた適鞍を目標に勝負仕上げを施されたからに他ならない。基本的に谷口久和オーナーは騎手起用を厩舎に任せている。だからこそ例の場所のO・S馬は崖っぷち若手騎手(!?)の★★Jに手綱を託していたけど、厩舎サイドは消極的な騎乗に度々不満を漏らしていた。振り返れば休養前は鬼のようなメンバー相手に先着している実力馬だからな。2、4、8、9、12着馬が勝ち上がっているし、強敵はM・デムーロが騎乗する当時の5着馬。この手のタイプは下手に動くと末脚が甘くなるケースも多々見られるが、中央開催でバルジューなら鞍上強化でも人気にならないと思うし情報的に狙ってみたくなる……

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2015年 10/4 阪神12R 3歳上1000万下

ブログでおなじみブチコとトラキチシャチョウに先着。位置取りがね~

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【2016年】小宮城イチ押しノーザンF系(!?)馬主とは?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201602.jpg

競馬最強の法則2月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


【がんばれ東北、がんばろう日本!】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント