Article

        

小倉ご当地馬主の引退勝負馬に社台Gのローカル要員が立ちはだかる!?

2016/ 02/ 09
                 
例の場所その1で(続く)の意味が分かりません
読者のみんなに超基礎的なお知らせ&お願いを参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
2/14(日)小倉★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定



小倉ご当地馬主、桑畑隆信オーナーの勝負馬。本業は宮崎県で複数の会社を経営している日向の有力者だけど、昨夏の小倉ではタンギモウジアが情報どおり掟破りの距離短縮でガラリ一変(※1)。見事に勝ち上がったが、今回も開幕週に組まれたベスト条件に勝負馬を送り込む。さらに例の場所で公開しているO・S馬は2月末で定年を迎える橋口弘厩舎の引退勝負馬だからな。この中間は暮れの中京を叩いて稽古でも素軽さが増しているし、情報的に昇級後の成績を度外視して穴で面白いけど…………

※1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2015年 9/6 小倉1R 2歳未勝利 タンギモウジア

※19/5小倉最終週に禁断の勝負をかけるご当地馬主O・S馬を参照

…………その前に立ちはだかるのは社台グループのローカル要員(!?)、●●●●●●。昨夏の函館開幕週に所属クラブの目玉勝負馬としてブログでも取り上げたので、馬名を覚えている読者も多いだろう。武豊Jを配して函館ダ1000Mでヤリって話だったのに、最終追い切り後にパンク(故障)しちまってさ~。幸い症状は軽度だったけど、こちらも年明けから小倉開幕週の牝馬限定戦を目標に調整されている。相変わらず調教では好時計を連発しているし、まともに走られたら恐らく敵わない。これは小倉に限った話じゃないけど、ローカル開催時における社台グループ系1口クラブのご当地シャバ荒し(!?)も、いい加減ホドホドにしてほしいぜ。。。。。。

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【2016年】小宮城イチ押しノーザンF系(!?)馬主とは?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201602.jpg

競馬最強の法則2月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント