クリスマス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【藤田菜七子Jが原因!?】シャララ転厩の舞台裏は…………

例の場所その1で(続く)の意味が分かりません
読者のみんなに超基礎的なお知らせ&お願いを参照。

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
4/3(日)中山1R
3歳未勝利に出走予定
(ノボホウセイ)
3(日)中山★Rはブログ本文で取り上げる藤田菜七子Jが有力馬に騎乗。この時点で単勝オッズがおかしくなるのは確実だ。生粋の馬券野郎である俺にとって菜七子フィーバーは大歓迎だし、土曜中山5Rハナ2着の直後(※1)だけに中山ご当地馬主のワケアリ勝負馬の人気が割れるのはもっけの幸い。中間に一頓挫あって再放牧明けになるけど、1週前追い切りではウッドの自己ベストを2秒近く更新するほど動いたからな。体質が弱くて出世が遅れていたけど、体調さえ万全なら今度こそ順番と見ている。

ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
4/2 中山5R 3歳未勝利 オールドラゴン(2着)

最内1頭分を空ける優等生騎乗(コーナーで膨れた?)。そこを容赦なく突く蛯名J

また情報的に注目は主戦の★★★Jを降ろして、美浦で売り出し中の若手有望株I騎手(仮名)を鞍上に向かえたこと。今回は馬主ではなく調教師の意向による乗り替わりとはいえ、最近はO師の管理馬で好騎乗を連発して評価が急上昇している。これまでO厩舎はブログ本文で触れるエージェントZ氏(仮名)と関係が薄かった。それなのに数少ない騎乗機会を自らモノにして掴んだチャンスだし、この馬まで勝たせたら向こう3年は安泰!?









待たせたな!!






土曜昼ブログにチラっと触れた本題に入る前にヨタ話(!?)として、先月末に例の場所限定でぶっ放したトーホウジャッカルの衝撃スキャンダルは色々あって(!?)、最強紙上で掲載が見送られることになりそうだ。



もっともI編集長は“地獄の早耳では使わない”とおっしゃっていたし、別企画で取り上げられる可能性はゼロじゃないが(苦笑)



巡り巡ってトーホウジャッカルの件は発信源が俺ってことになっているので、個人的にモウストストロングを発動されると超困るのよ~



それもあって最強5月号O・S連載のチェック済み原稿を送るついでに、メール末尾でお願いしておいたら、1(金)の昼下がりにI編集長から電話があって…………



I編集長(以下、I)
お疲れ。原稿ありがとう。


お疲れ様です。先日送った原稿に不備でもありましたか?


いや、原稿は大丈夫だよ。電話はトーホウジャッカルの説明と、別件でちょっと聞きたいことがあってね。


モーレツに嫌な予感がしますけど(苦笑)、何でしょうか。


田村厩舎にいたシャララが上原厩舎に転厩したじゃん。あれって何なの?


(しばらく絶句……)
へ、編集長、シャララの馬主はあのH(仮名)ですよ。過去に編集部の皆さんも巻き込んでご迷惑をかけたことは、よ~くご存じでしょうに。


もちろん。だから小宮くんに聞けば分かるかなと思って(笑)


だったら尚更です。知っていても絶対に言いません!


Hってそんなにヤバイ人なの?


それも私の口からは……。詳細は昨年の件で編集部の皆さんが嫌でも存じ上げているはずです。それにシャララ転厩は下手に触れると田村厩舎から出禁になりますよ?



…………とエイプリルフール当日に不毛なやり取りがあり、かと言って頑なに断るのも失礼だから、仕方なくクラウディーハート4連闘の話でお茶を濁して電話を切ったワケよ。



ここに来て最強は文春のスキャンダル記事に触発されたのか、一時の危ない路線にシフトしつつあるからな~



シャララに限らず転厩はオーナー、調教師の双方にとってデリケートな話題だし、どれほど理不尽な理由であっても最終決定者は競走馬を所有している馬主だ。



これで最強5月号にシャララ転厩の真相記事が掲載されても、天地神明に誓ってネタ元は小宮城ではありません。俺は清原を真似て(!?)何と言われようが口を割らなかったし、これだけは声を大にして宣言しておく!



ten.jpg
画像はイメージです。実在の人物、団体とは関係ありません?



唐突に本来は表に出してはいけないオフレコ話を、誰でも見られるブログで書いたのか?



それは拍手コメントで質問が殺到している藤田菜七子Jの新エージェントに関しても、少し前に色々と面倒なことになった苦い過去があるから。



詳しくは3/5(土)【緊急提言】競馬界の裏も表も知り尽くす俺から藤田菜七子Jにアドバイス!?をガン見してほしいけど、約1ヶ月前に元ダービーニュース川島康孝氏のエージェント就任を事前予告(注1)している。



注1ブログ参考画像
nanakoe1.jpg
画像は3/5(土)ブログ記事より



そして週中にスポーツ各紙で騎乗仲介者がつくことが正式発表されたワケだけど、それから検索キーワードで「川島康孝」でO・Sブログにたどり着く菜七子フリークが続出!?



ちなみにGoogleで「藤田菜七子 川島康孝」と検索すると俺が書いた記事が1ページ目の3番目にヒット(注2)する有様だし、やっぱり実名はアカンと悟ったよ。。。。。。



注2ブログ参考画像
nanakoe3.jpg
話の流れでイニシャルは難しかったとはいえ……。軽くヘグったな~



これは読者の立場からすると



「やっぱり小宮さんは凄い!」

「あの記事は関係者情報を元にしていたんだ」

「何でデイリーは堂々とウソを書くのか?」



と思ったに違いないが、最後の1つはブラックジョークとして(苦笑)、個人的に今回の菜七子エージェント話は色々と具合が悪いのよ~



何故なら一躍時の人(!?)になった川島康孝氏と、旧知の間柄になるエージェントZ氏(仮名)の関係を、事もあろうと誰でも見られるブログで暴露したに等しい



昨今の競馬界でエージェント絡みの話は要注意事項であり、騎乗仲介者による馬の回し合いや事実上の名義貸しなどを、お上主導で厳しく取り締まる気配を見せている。



昨年、見せしめとして3ヶ月の謹慎処分を受けた栗東の大物エージェントは典型例だが、エージェントZ氏も過去にJRAからイエローカード(!?)を1枚もらっちまっているからな~



nanakoe4.png
画像はイメージです。特定の人物、団体とは関係ありません?



それはさておき、藤田菜七子Jにとっては美浦のエージェントで5本、いや3本の指に入るZ氏が率いる騎乗仲介者グループに入れたことは、今後の競馬キャリアにとって間違いなくプラスになるだろう。



毎日ブログ&例の場所その1その2までガン見している読者であれば、エージェントZ氏の手腕は説明するまでもあるまい。



美浦は言うに及ばず栗東のリーディング上位厩舎とも関係が深いし、このお方に騎乗技術を認められれば年間100勝も夢じゃない。それは過去に担当した歴代若手ジョッキーの成績から証明されている。



問題は俺と一緒(!?)で失言癖があって、頻繁に担当騎手とケンカすることだけど(苦笑)、とにかく騎乗馬集めに関してはお世辞抜きに凄いお方だからな。



周囲は良くも悪くも個性豊かな先輩ジョッキーばかりだし、藤田菜七子Jも可愛がられながら騎手として成長できるんじゃないか?



nanakoe2.jpg
津村J300勝の表彰式より。これは関係者目線(!?)だとイイ絵だね~


ブログで書けないここだけの話は例の場所で!?

人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【ワケアリ】短距離馬を大量生産する馬主を狙え!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201604.jpg

競馬最強の法則4月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト

| カネになる話 | 17:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT