Article

        

土曜も激裏インサイダー情報が炸裂!

2009/ 04/ 04
                 
[土曜も激裏インサイダー情報が炸裂!]

土曜はブログで取り上げた情報馬がキッチリ結果を残してくれたな。
コーラルSの本命馬オリジナルフェイトは惜しくも②着に敗れたが、陣営からの情報通り逃げて押し切る構えだったし、これは勝った馬を褒めるべきだろう。


それよりも注目は木曜に取り上げた荻野要が騎乗したペプチドルビーだ。
陣営の指示通り道中は後方で脚を溜める競馬も、直線で猛然と追い込んだが④着に敗れた。
展開と馬場状態を考えれば一番強い内容だったが、レース上がり36秒2のダート戦であの位置取りでは届かないよな…。


一方、土曜朝のブログで取り上げた阪神7Rのザッハーマインは、壮絶な叩き合いを制しオーナーの期待に応えて見せた。
直線で中谷の鬼追いには悲壮の決意がビシビシ伝わってきたし、ブログで取り上げた手前俺もホっとしたぜ。


しかし、ザッハーマインに中谷が跨る理由として“競馬ファンなら誰でも知っている某大物馬主の強い意向”と書いたら、ハンドルネーム・無我夢中、あんどぅー、灰色の幽霊ほか数人から『吉田和子なんて知りません』と、素で突っ込まれちまった…。


古株の読者連中なら言わずもがなだろうが、俺の書き方にも少々語弊があったからな。
ライトユーザーの為に、できるだけ分かりやすく説明してやろう。


吉田和子名義の活躍馬は最近だとキストゥヘヴン、少し前ではベガ・ファビラスラフイン、ゴールドティアラ辺りが有名だが、俺が言いたかったのはそんな事じゃない。
それは吉田和子の家族構成だ。


恐れ多くも吉田和子夫人は、社台グループの創設者・吉田善哉氏のヨメだ。
さらに社台ファーム総帥・吉田照哉氏、ノーザンファーム総帥・吉田勝巳氏は、実の息子になる。
現在の競馬界を牛耳る社台グループの生みの親だからな。


そんな社台の大御所にひょんな事から中谷が気に入られて、陣営に直接『乗せてあげて』と注文を出している。
厩舎サイドからすればこの注文は命令に等しいし、拒否したらそれこそ社台グループから、良い馬が回って来なくなる可能性まで考えられるからな。
前にブログで【馬主に可愛がられている騎手】を取り上げたけど、中谷はその誰よりも凄い“競馬界の大物馬主”から気に入られているって事だ。


俺なりに分かりやすく説明したつもりだが、これで理解できたかな?


余談だが“三度目の正直”になる今回は、それでも負けたら降ろされる可能性もあった。
いくらオーナーの強い意向があるとはいえ、厩舎サイドからすれば“仏の顔も三度まで”だからな。
会議の結果、当日の勝負レース候補からは漏れたけど、情報的には分厚く狙える激裏話だったんだぜ。


おっと、また前置きが長くなっちまったから、この辺で日曜のカネになる情報馬に話を替えようか。


中山6R
→→banner2.gif←←
ノリちゃんと並んで俺がジャッジに信頼を寄せるアノ騎手の日曜一番。
当人は『稽古で跨った感じ使われた上積みが見込めますし、今度はもう少し楽に前へ付けられると思いますからね。かなりの能力を感じますから、ここも連勝も十分期待できます』と素質を惚れ込んでいる。
本人は乗らないけど8Rのダノンマスターズも状態は良いらしいし、明日はF厩舎2頭に注目だ。


中山7R
→→b_01.gif←←
頭数の割に情報の良かった馬が多いが、個人的に一番狙ってみたいのがこの馬。
陣営は『脚元の関係で一戦一戦が勝負の馬。中間は幸い小康状態を保っているし、具合が良い内に勝っておきたい』と今度こその構えだ。
少なくても勝負度合いは出走馬の中では一番だし、人気が割れるようなら面白い。


とこんな感じだ。


最後に、中山・阪神で行われる両重賞の情報は、例によって明日の朝だ。
それ以外にも今日のザッハーマインのように勝負レース候補から漏れた激裏ネタを教えてやるから、寝坊せず見に来いよ!


スポンサーサイト
                         
                                  

コメント