Article

        

【5年半、待たせたな!】O・S3発売記念!菊花賞ダイヤモンドは砕けないSPECIALを大公開!

2016/ 10/ 22
                 
[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
10/23(日)京都1R
2歳未勝利に出走予定
(サトノクリエション)
O・Sマニアの読者には説明不要。里見治オーナーの影武者ヤリ(※1)勝負馬。詳しくは関係各所を説得後(!?)に更新する本文をガン見してほしいが、菊花賞には主君格サトノダイヤモンドが出走を予定している。土曜の前売り時点で1番人気、しかも今年はサトノエトワールと2頭出しと、ただならぬ勝負気配が漂っている。

それだけに影武者のサトノ●●●●●●にも要注目だが、ここだけの話、当初はダ1800M戦に出走を予定していた。それが相手関係を見極めて前走と同条件に回った形だし、新馬戦も除外されて仕方なくスライド出走だったからな。情報的に少々引っ掛かるけど、これはオーナー御前試合で何としても結果を出したい裏返し。シッカリ露払いを務めてほしいな。
(※1シェイク・モハメドの“影武者ヤリ”が東京競馬場で炸裂!!を参照)









待たせたな!






最初にこの場を借りて、ついにオーナー・サイダー3が発売(注1)された!



前作オーナー・サイダー2~ルールの闇~から5年半だよ。実際、手に取るまで内心不安だったけど、名実ともに帰ってきたぜ!!!



この間に私事も含めて色々あったけど、これも全ては読者みんなのお陰だ。本当にありがとよ!!!!!



注1ブログ参考画像
sa11os3.jpg
宣伝するのを忘れていた(!?)最強11月号とO・S3のツーショット



来週の秋天に出走を予定しているモーリス(正確には吉田勝己氏とノーザンF)に、限界ギリギリまで斬り込んだ競馬最強の法則11月号オーナー・サイダー連載も是非チェックしてほしいが、O・S3も負けちゃいないぜ~



馬産地における二大巨頭の1人博才がないとディスり、リーチ1発ツモオーナー売●奴扱い、挙げ句の果てに砂漠の石油王貧弱貧弱ゥゥゥ(byDIO)と、自分で書いといて言うのも何だが、マジやりたい放題だからな~



競馬界のガリバーは大丈夫だと思うが、関西方面から鉄砲玉(!?)が来襲する可能性があるし、中東からアサシン暗殺集団(!?)が送り込まれてるかもしれない。俺に不測の事態が起こっても思い当たるフシが多すぎて、警察の犯人探しも苦労するだろうな(笑い)



詳しくは読者各自でO・S3をガン見してほしいが、今回の単行本は個人的に胸を張って過去最高の出来栄えと断言できる仕上がりだ。



逆にO・S1O・S2は色んな意味で恥ずかしいけど(苦笑)、それだけ俺が数度に渡りメガトン級の地雷を踏み死にかけたことで、人間的に成長した証(!?)だろう。



そうだ。アマゾンでO・S3のレビューを書いてくれた読者には、抽選で1名様に俺のサイン入り単行本と、とらやで羊羹を買った時に貰った特製クリアファイル(注2)をつけてプレゼントするので、忌憚(きたん)のない意見をガンガン寄せてくれ!



注2ブログ参考画像
tora.jpg
急いで撮影したらフラッシュがクリアファイルのビニールに反射して……



ただ、夕方の更新時に“あそこ”でチラっと書いたけど、アマゾンで注文した読者の大半は、22(土)夜時点でO・S3が手元に届いていないと思われる(注1の画像は発売日前に送られてきた献本)



そ・こ・で



非常手段としてO・S3で書いた里見治オーナーの激裏話を、大人の事情ガン無視でブログ公開に踏み切ることにした(マジ)



これは出版記念の打ち上げで大塚の競馬書籍責任者H氏と、ウチの上層部がムチャなお願いをして仕事量倍増で瀕死(!?)のワンオペ担当者から怒られそうだけど、あっちが立てばコッチが立たずで、どうやっても説明の仕様が無いからな~



内部的にジョジョ第3部のDIO VS 承太郎なみにラッシュの打ち合いを試みたが、ザ・ワールド(心の目で見るように!!)を使うのはまだ早い。



23(日)になれば潮目が変わるかもしれないし、それ相応の“貸し”は作ったつもりだけに。。。。。。


オーナー・サイダー3 第3章 社台・ノーザンF系大物馬主を狙い撃つより引用

ノーザンF系●サトノ軍団の影武者ヤリは激アツ!! ※一部抜粋

今一番、ノーザンFの高額馬を購入しているのが、サトノの冠名でお馴染みの里見治オーナーだろう。昨今のセレクトセールでは億単位の馬を買える数少ない馬主としても有名だ。近年は池江泰郎元調教師をアドバイザーに迎え、念願のGI制覇へ向けて邁進している。サトノダイヤモンドは惜しくもダービーでハナ差の2着になるなど、あと一歩のところまで来ているといっていいだろう。

里見オーナーは娯楽遊技機器の販売で財を成した方だ。往年の人気マンガ「北斗の拳」を用いたアミューズメント機器は大ブームを起こした。まぁ、馬で儲けるというよりは、損得勘定なんかおかまいなし。「馬主活動に一片の悔いなし!」とばかり、何がなんでもGIを獲ってやろうという気構えを感じるぜ。
~中略~
里見治オーナーはJRAで重賞13勝を挙げているが、11勝は14年以降。つまり、池江元調教師がアドバイザーとしてセレクトセールで馬を購入するようになってから、V字回復でサトノ軍団は走るようになった。これは高馬を買い漁っているから当たり前と思うかもしれないが、使った金額は藤沢和厩舎がメインステーブルだった時とそこまで大差ない。池江厩舎のようにハードトレーニングを課す厩舎とマッチングした部分もあるだろう。本当の理由はさておき、ここに来てサトノ軍団は上昇気流を描き始めている。

当然、馬が走れば使うカネは惜しまない。画像(注4)は16年セレクトセール時のもの。Yahoo!ニュースにも掲載されたほどの爆買いだ。特徴としては、ディープインパクト産駒を中心に、自分で所有した馬で走った馬の兄弟などを購入している。超高額馬でも狙っている馬であれば、セリからは下りないといっていいだろう。

これはノーザンFにしてみれば、超A級のお客様だ。セレクトセールは一時期、高額馬ほど走らないという状況が続いた時代もあった。億単位の馬が走らなければ、多かれ少なかれ、馬主さんは牧場サイドへ厳しい注文を出すモンだけど、里見治オーナーに関してはそういった声はほとんど聞こえてこなかったらしい。それだけにノーザンFとしても、サトノ軍団にGIを勝ってほしいと思っているのは間違いない

注4ブログ参考画像(オーナー・サイダー3単行本ゲラより)
Yahoo!.jpg
今更だけどこの画像、Yahoo!&デイリー的に大丈夫なのかな~

最後に、オーナー・サイダー的な狙い方を説明すると、現在の里見治オーナーは中山馬主協会に所属している。15年の弥生賞をサトノクラウンが制しているけど、何と言っても注目は影武者ヤリだ。影武者ヤリとは、GIや重賞などのメインレースに愛馬を出走させるオーナーが、同日(同週)に他のレースでも勝負馬を使い活躍するということを意味している。

例を挙げると、15年3月8日の弥生賞にはサトノクラウンが出走。直後の12R4歳上1000万下にはサトノネプチューンも使っていた。ともに堀厩舎の管理馬だが、厩舎サイドは里見治オーナーが中山競馬場に来場するのを把握している。結果はサトノクラウンが弥生賞を制覇。返す刀で12Rもサトノネプチューンが勝利している。

続く皐月賞ではサトノクラウンは1番人気で6着に敗れたけど、12R春興Sを池江厩舎のサトノアラジンが上がり32秒7の鬼脚を繰り出して快勝。これぞ典型的な影武者ヤリだし、池江厩舎の株がさらに上がったのは間違いない。サトノ軍団はメインレースだけでなく、条件戦に使う馬達も激アツだ!!


おまけ1
ka1.jpg
我が競馬人生に一片の悔いなし!(あそこまで行ったら3着に粘れよ……)

おまけ2(TARGET京都11R室町S単複時系列オッズより)
kaji2.jpg
恐らく毎日ガン見しているO・Sマニアの誰かだと思うが……

オーナー・サイダー2~ルールの闇~から5年
【感謝御礼】読者みんなのお陰で帰ってきたぜ!

os3.jpg

小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3




新・金脈編



競馬界を動かす馬主地図



ここまで変わっていた!


全国書店、アマゾンで絶賛発売中!




刊行記念アマゾンキャンペーン
『小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3 新金脈編』

著者 小宮 城
10月21日配本(アマゾン22日発売~) 定価:本体1667円+税 四六版並製

(内容)
競馬界の発言権ピラミッドの頂点に立つオーナー(馬主)たち。彼らの所有馬が勝負をかけるときに、馬券で狙い撃つ「オーナー・サイダー」が、5年半ぶりに単行本カムバック! 
「馬主たちの浮き沈みは思いのほか激しい。社台Fが力を入れ始めた矢先にパンクした新興オーナーもいた。かつてダービー馬を所有していた大物馬主であっても、諸々の事情により競馬から撤退された方も少なくない。
 馬主の活動を振り返れば、今の日本を取り巻く環境が凝縮されているのがわかる。これは決して大袈裟じゃない。それだけ競馬界の発言権ピラミッドの頂点に立つ馬主という存在は、とてつもなく重要だってことよ。
俺も歳を重ねてきて1作目や2作目ほどぶっ放せる(!?)かはわからないが、大人の事情により既存の競馬マスコミが書かない激裏話を、少しでも伝えられればと思っている」(小宮城)
ダービー・オーナーの金子真人氏始め、社台F・ノーザンF系のドンたちから新興馬主まで、この5年半の間に変動した業界の内幕を小宮城がスッパ抜く!
 もちろん、ファンお待ちかねのJRA10場、馬券直結「ご当地馬主最新リスト」もボリュームアップで大公開!

本書の刊行を記念して、以下の特典付きキャンペーンを行ないます。
アマゾンにて、『小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3新金脈編』(10 月22日発売)を、下記要領にて購入していただくと、以下のような特典が付きます。なお、アマゾンでは予約も可能です。

●特典
下記日程で、「著者・小宮城が本気で勝負するオーナー・サイダー馬(本命馬のみ)」を、一日1~2レース提供配信します(なるべく午後のレース。メインとは限りません。なお、馬券はあくまで自己責任にてお願いします)。
10月22日(土)/10月23日(日)/10月29日(土)/10月30日(日)

●応募方法
1、『小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3新金脈編』をアマゾンで購入してください

2、アマゾンで購入したのがわかるように画面キャプチャや写メールおよび注文書のテキストを下記アドレスへお送りください。
※この際、お名前、詳細なご住所などの個人情報は応募される皆様のほうで消してください。

horse.eventskk2@gmail.com

3、10月21日(金)までにお申し込みいただくと22日(土)の予想から配信させていただきます。10月22日(土)~28日(金)に申し込みいただいた方には10月29日(土)、30日(日)の予想のみの配信となります。それ以降の申し込みは無効とさせていただきます(応募者多数の場合は早めに打ち切る場合もあります)。
各予想とも、前日夜~朝方の配信を心がけておりますが、やむをえず、当日の午前中となることもありますので、ご了承ください。配信をもって、応募の返信に代えさせていただきますので、そちらもご了承ください。
 また馬券は自己責任でご購入お願いいたします。

●ご注意
・携帯でお申し込みいただく場合、メールが届かないことおよび文字数制限により全ての文章が閲覧できないことがあります。その点をご留意いただいた上、お申し込みください。PCで閲覧できる環境でのお申し込みを推奨いたします。とくにdocomoをお使いの方は、セキュリティが強化されていますので、お手持ちの機種のセキュリティをご確認ください。
・予想はメルマガの配信システムを使用する場合があります。お使いのプロバイダー、または、セキュリティソフトなどでまれにメルマガが届かないことがあります。1回限りのイベントのため、不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・yahooやgooメールなど、一部のフリーアドレスでは迷惑メールに配信されることもあるようです。受信箱の容量が一杯になっている場合、ゴミ箱や迷惑メールフォルダが一杯になっている場合でも届かないことがあるようです。

・gmailのアドレスで配信していますので、gmailのアドレスを取得してお申し込みいただくと、最低でも迷惑メールには届くようです。

・ダウンロードしたデータに関しては皆様のPC環境、ソフト環境で閲覧できない場合もあります。こちらも不備がありましてもご容赦いただきますようお願い申し上げます。

・また、このイベントに関するお問い合わせにつきましては、horse.eventskk2@gmail.com
のみで受け付けております。
発売元のKKベストセラーズ、アマゾンにはお問い合わせできません。

・お問い合わせに関しては返信に1~2日掛かる場合があります。

・メールアドレスはイベント終了後、2週間以内に削除いたします。また、このキャンペーン以外に使用することはありません。


★本書の刊行を記念し、書店キャンペーンを行ないます!
対象書店で、下記日程で、『小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3新金脈編』(10 月22日発売)をご購入いただいたお客様には、本書の刊行を記念して、以下の特典付きキャンペーンを行ないます。

下記日程の購入当日のレースから、「著者・小宮城が本気で勝負するオーナー・サイダー馬(本命馬のみ)」を、1~2レース提供します(なるべく午後のレース。メインとは限りません)。
10月22日(土)/10月23日(日)/10月29日(土)/10月30日(日)

【キャンペーン対象書店】
●オークスブックセンター東京ドーム店(JR水道橋駅・後楽園黄色いビル2F)
●啓文堂府中店(京王線府中駅・駅ビル2F)
●書泉グランデ(都営地下鉄神保町駅・神保町1丁目)
●書泉ブックタワー(JR秋葉原駅・神田佐久間町1丁目)
●紀伊国屋書店梅田本店(阪急梅田駅・阪急三番街)
※品切れになった時点でキャンペーンは終了いたします。なお、馬券は自己責任でご購入お願いいたします。


【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント