Article

        

【天皇賞・秋】ノーザンFのノーザンFによるノーザンFのための大運動会!?

2016/ 10/ 29
                 






有言実行






どこかの競馬サイトで掲載されている某騎手のコラムみたくなっちまったけど(苦笑)、今週の俺は久々に本気を出したら、色んな意味で凄いことになっている。



大人の事情ガン無視で土曜昼ブログにアルテミスSの個人的見解を公開(フローレスマジック&リスグラシューのワンツー)、アマゾンキャンペーンでスワンSを脅威の末脚でブッコ抜いたサトノアラジンを推奨、さらに詳しくは後述するジョーの部屋で取り上げたキャロットF、サンデーR、佐野信幸オーナー(旧ビジョンサラブレッドクラブ)が3開催場で大暴れだからな~



これも全てはオーナー・サイダー3単行本を祝しての無礼講(!?)だけど、ちなみに旧・例の場所とは異なり、ジョーの部屋でググっても検索エンジンではヒットしない。



まだリニューアルオープンして日が浅いし、問題不出の馬主激裏話が競馬関係者にバレないよう、選ばれし者(!?)しか部屋に入れない仕組みになっている。



しかし、今回はO・S3発売記念の無礼講だ。個人的にも先週の菊花賞サトノダイヤモンド、スワンSサトノアラジンを大人の事情ガン無視で推奨して機嫌が良い(!?)し、特別にジョーの部屋に入るヒントを教えてやろう。



まずは全国書店&アマゾンで大好評御礼。競馬部門ブッチ切り1位のオーナー・サイダー3を、読者各自で手元に用意してほしい。



そして第5章237P新潟ご当地馬主レオプラザからパワーポケット→ラキシス→ジャスタウェイと読み進めていくと、ジョーの部屋への入り口(注1)がある。



ここだけの話、本来この場所は恒例の“あとがき”を予定していたんだけど、俺が馬主毎にあり得ない数の画像リクエストを出したことで、ページが足りなくなっちまってさ~



仕方ないので最後の馬名申請やっちまった列伝(!?)を削ろうとしたら、「これは面白いので載せましょう」と。かと言って部屋への入り口を外すこともできず……。俺としては読者のみんなや作成に関わった関係者の皆さんに、お礼を述べる場所を設けたかったのにな~



注1ブログ参考画像(O・S3単行本より) ※大人の事情により一部加工
jonoheya.png
ここを通ると俺が全力で拒否(!?)して却下された“鬼”が笑顔で出迎えてくれる

jonoheya2.jpg
今週サイト内で公開しているジョーの部屋より。イチ押しはキャロットFだ




前置きが長くなっちまったけど、いよいよ今宵は天皇賞・秋の新聞に載らない馬主大・暴・露SPECIALグランドフィナーレ。



大トリを飾るのは意外(!?)にも土曜の前売り段階で2番人気、昨年の年度代表馬モーリスノーザンFだ!



O・Sブログを毎日欠かさずガン見している読者には説明不要だけど、秋のハイシーズンはG1しか馬券を買わないライト競馬ファンも多く訪れる。



そこで補足説明すると、モーリスの馬主名義は吉田和美オーナーだけど、その実態は競馬界のガリバー、馬産地における二大巨頭の1人、ノーザンFを率いる吉田勝己氏の所有馬になる(吉田和美オーナーは勝己氏の妻)



詳しくはO・S3単行本&ジョーの部屋をチェックしてほしいけど、グループ直営クラブのリアルスティール(サンデーR)、業務提携クラブのステファノス&ルージュバック(キャロットF)、共同所有サトノクラウン(里見治)などは、全て吉田勝己氏の愛馬と表現しても過言じゃない。



これに預託生産馬ラブリーデイ(金子真人HD)、旧メジロ牧場の生産馬でノーザンFが買収後レイクヴィラFになったサトノノブレス(里見治)、辻牧場生産のアドマイヤデウス(近藤利一)、アンビシャス(近藤英子)なども、ノーザンFの関連施設で調整されている。



何が言いたいのか。今年の秋天はフルゲート15頭中、ヒストリカル(近藤英子)を含む10頭が大なり小なりノーザンFの関連馬ってこと。



例えれば2016年の天皇賞・秋はノーザンFのノーザンFによるノーザンFのための大運動会。古馬中距離路線の絶対王者ドゥラメンテの故障種牡馬入りにより、グループ各馬がG1の大舞台でガチンコ対決ってワケよ。



1番人気エイシンヒカリや社台F生産馬ロゴタイプですらビジター参加(!?)扱いだし、競馬に絶対は無いが勝ち馬はノーザンF関連馬10頭のなかにいると、馬主情報的に断言していいだろう(逃げ馬好きの俺としてはどんな形であれエイシンヒカリは買うけど……)



突然だが読者のみんなに問題です。吉田勝己氏はどの馬に勝ってほしいと思っているでしょう?



それはO・S3単行本&ジョーの部屋に加えて、全国の書店コンビニで絶賛発売中の競馬最強の法則11月号オーナー・サイダー連載(注2)を熟読すれば、答えを導き出せる(!?)はずだ。



注2ブログ参考画像(競馬最強の法則11月号O・S連載より)
sa11os.jpg
雑誌では限界ギリギリの危ない橋を果敢に攻めた野心作は要必見!



これで終わらすとO・Sマニアの読者から「最後の最後でコレかよ(怒)」と、拍手コメントでクレームが殺到するのは目に見えている。



そこでお詫びも兼ねて舞台裏をブチ撒けると、先週10/23(日)【菊花賞】我が競馬人生に一片の悔いなし!!!!!!!!!?で、自信の本命馬サトノダイヤモンドを大人の事情ガン無視(!?)してブログでぶっ放したじゃん?



もちろん内部的には完全アウトなんだけど、俺自らアマゾンキャンペーンの特典に菊花賞を追加したのを失念(!?)しててさ~



詳しくは多方面に配慮してオブラートに包ませてもらうが、最近カルシウム不足と過労による不眠でキレキャラに変貌(!?)しているワンオペ担当者から



「“特典”の意味(注3)を分かってますよね?(怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒)」



となり……。あとは後は読者各自で察してくれ。やっちまった~


注3ブログ参考画像(日本語表現辞典Weblio辞書より)
tokuten.jpg
緑色の場所では「ザ・ワールドでダイヤモンドは砕けない」って表現だが……
(ジョジョの奇妙な冒険3&4章を知らなければ何のことか分からないよな?)


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
10/30(日)東京★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定

謎の新興馬主、●●●●●●●の勝負馬。先週もブログでノーザンFが仲介した砂戦車(※1)を猛プッシュしたけど、★★★★オーナーは東京馬主協会に所属するご当地馬主になる。詳しくは全国書店、アマゾンで絶賛発売中のオーナー・サイダー3をガン見してほしいが、単行本の発売週にイイ仕事をしてくれたなと。

今回取り上げるお馬さんはノーザンF生産馬ではないが、秋天当日の地元開催に組まれた適鞍で勝負には違いない。★★★厩舎では後の重賞好走馬と遜色ない評価をされているし、普段からジャッジが厳しい★★Jが手応えを掴んでいるのも心強い。何か伏せ字だらけになっちまったけど(苦笑)、実名を出すと日曜の馬主席で面倒なことになりそうなので。。。。。。
(※110/16【担当者激怒!?】●●●●●●●のワケアリ勝負馬をO・S3発売日直前に……を参照)


オーナー・サイダー2~ルールの闇~から5年
【感謝御礼】読者みんなのお陰で帰ってきたぜ!

os3.jpg

小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3




新・金脈編



競馬界を動かす馬主地図



ここまで変わっていた!


全国書店、アマゾンで絶賛発売中!



★本書の刊行を記念し、書店キャンペーンを行ないます!
対象書店で、下記日程で、『小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3新金脈編』(10 月22日発売)をご購入いただいたお客様には、本書の刊行を記念して、以下の特典付きキャンペーンを行ないます。

下記日程の購入当日のレースから、「著者・小宮城が本気で勝負するオーナー・サイダー馬(本命馬のみ)」を、1~2レース提供します(なるべく午後のレース。メインとは限りません)。
10月30日(日)

【キャンペーン対象書店】
●オークスブックセンター東京ドーム店(JR水道橋駅・後楽園黄色いビル2F)
●啓文堂府中店(京王線府中駅・駅ビル2F)
●書泉グランデ(都営地下鉄神保町駅・神保町1丁目)
●書泉ブックタワー(JR秋葉原駅・神田佐久間町1丁目)
●紀伊国屋書店梅田本店(阪急梅田駅・阪急三番街)
※品切れになった時点でキャンペーンは終了いたします。なお、馬券は自己責任でご購入お願いいたします。


【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント