Article

        

【2(水)AM9:00追記】JBCレディスクラシックの個人的見解&週末O・S馬を再公開!

2016/ 11/ 01
                 

ブログで書けない激裏話や
競馬関係者のあんなこと、こんなことは……


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



【お知らせ】


~オーナー・サイダー3発売記念~



11/3(木)JBC交流G1×3



ブログで個人的見解を(大人の事情ガン無視で)公開!?


【交流重賞の個人的見解ブログ公開日程(予定)】
11/1(火)   JBCレディスクラシック(G1)
11/2(水)   JBCスプリント(G1)
11/3(木)   JBCクラシック(G1)
O・S3単行本で取り上げた大物馬主の砂戦車が大挙出走!

[JBCレディスクラシックの個人的見解]

これは真面目な話、ヒヨコの方が23時を過ぎて紹介欄が更新できなくなった(翌朝まで切り替わらない)。そこで苦肉の策として緑色の場所(心の目で見るように!!)に、◎○▲☆注△を強引に押し込んだけど……。1頭だけ切った有力馬の補足をしたかったのに参ったな~

それはともかく、今年のレディスクラシックは川崎ダ1600Mで行われる。さらに国内唯一の牝馬限定ダートG1とあって、距離適性を軽視して使っている馬も多い。また目イチ仕上げで馬が少ないのも特徴だ。一長一短、帯に短したすきに長しなので、関係者情報ガン無視(オイっ!!)して、最終的に俺の信念に従った。

大前提としてJRA勢6頭は全て大なり小なりケチがつけられる。極論すれば条件はベストだけど不安情報のある馬か、先を見据えた仕上げで多少距離は忙しくても自力を信じるかの二択。もう1頭、条件と距離も合っていない鬼調教馬がいるけど(苦笑)、JBC3競走で最も馬券妙味がある反面、情報的に1番取捨が難しい。長年の経験上、弱気コメントを出している時ほど“買い”。先週のスワンSをブッコ抜いたサトノアラジン(※1)のように…………?

※1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
10/29 京都11R スワンS サトノアラジン


ブログ参考画像(競馬ブックwebより)
yobousen.jpg
オルフェーヴルの引っ張り(※2)を見抜いた俺にコメント裏読みなど朝飯前!?


※2詳しくは過去ブログ

12年6/22【宝塚記念】オルフェーヴルの取捨は!?

12年6/29オルフェーヴルの引っ張りを見抜けた理由~前編~

12年6/30オルフェーヴルの引っ張りを見抜けた理由~後編~

をガン見してくれ!

おまけ
11/5(土)東京7R
3歳上500万下に出走予定
( フィールザプリティ)
馬主協会で分類すると中山だけど、成績上は東京ご当地馬主(!?)、★★★オーナーの勝負馬。全国書店、アマゾンで大好評御礼のオーナー・サイダー3第5章冒頭で



「馬主協会に所属=地元開催」ではない!



と力説しておいて推奨するのも気が引けるが、ここだけの話、所有頭数が5頭に満たない馬主は所属優先になっている方が少なからず存在する。★★★オーナーは過去5年の競馬場別成績(注1)だと一目瞭然だし、これは緑色の場所で公開しているO・S馬の兄弟が揃って府中巧者ってことで勘弁してくれ(く、苦しい……)

注1ブログ参考画像(TARGET★★★オーナー競馬場別成績)過去5年
sa.jpg
所有頭数の少ない馬主は代表馬の得意コースに良績が集中する

知られざるご当地分類できれば修正したい馬主シリーズ第1弾(!?)はさておき、毎日ガン見している読者に●●●●●●●●●が狙える理由は説明不要だろう。右回りでは[0-0-0-2]なのに、左回りでは[2-3-2-1]という典型的なサウスポーだからな。まして今回は久々をひと叩きして再び牝馬限定戦。福島に有力馬も分散するだろうし、情報的に人気でも下手に逆らわない方が無難だ。


【2(水)AM9:00追記】

昨夜はドタバタして更新したら勢い余って上記のO・S馬を緑色の場所から削っちまった。拍手コメで多数の指摘があったので再追加しました。毎度毎度申し訳ない。これも全ては23時以降は紹介欄が翌朝まで切り替わらないヒヨコの業務怠慢だし(元をたどれば千葉ウエストホスピタルのせいだが……)、俺のお袋に免じて勘弁してくれ。。。。。。


オーナー・サイダー2~ルールの闇~から5年
【感謝御礼】読者みんなのお陰で帰ってきたぜ!

os3.jpg

小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3




新・金脈編



競馬界を動かす馬主地図



ここまで変わっていた!


全国書店、アマゾンで絶賛発売中!



【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント