Article

        

今年のJBCでは、ぶっちゃけ個人的にクラシックが1番自信はある

2016/ 11/ 03
                 

ブログで書けない激裏話や
競馬関係者のあんなこと、こんなことは……


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!


[JBCクラシックの個人的見解]
(アウォーディー、ホッコータルマエ)
G1が3連続で行われるJBC競走のなかでもレディスC、スプリントが砂の牝馬、短距離路線の最終戦という位置づけに対して、クラシックだけは「チャンピオンズC→東京大賞典→川崎記念→フェブラリーS」と続く中距離ダートG1開幕戦になる。前2レースと違ってG1にも関わらずココが目イチって馬は皆無だし、情報的にひと筋縄ではいかない様相だ。

それでも今年のJBCでは、ぶっちゃけ個人的にクラシックが1番自信はある。◎-○大本線で決まってくれれば言うことなし。本命馬は臨戦過程、距離ともベスト。対抗馬は例年と比べて今年は使うレースが少ない分、仕上げのギアが1段高い。ペースが落ち着く川崎ダ2100Mの舞台も好材料だ(最終的に展開はコパノリッキーと後続の仕掛け次第になるが……)

あと、ここだけの話、JRA勢には何頭かキナ臭い香りがする有力馬が含まれている。多方面に配慮して詳細はヒヨコ(心の目で見るように!!)で後述するけど、条件戦ならいざ知らず、交流G1では甘くないんじゃないか?

おまけ
11/5(土)京都2R
2歳未勝利に出走予定
(ハイパーノヴァ)
福島ご当地馬主、宮川純造オーナーの“京都”勝負馬。全国書店、アマゾンで大好評御礼のオーナー・サイダー3では福島競馬場注目馬主20選(※1)に名を連ねているけど、本業はみちのくの有力者で福島馬主協会の重鎮だ。ところがどっこい、主戦を務める幸Jの都合(適鞍の関係で来週の土曜福島だと乗れない)により、今週末の京都で使われちまった。

※1ブログ参考画像(オーナー・サイダー3単行本より)
f.jpg
大人の事情により一部加工。福島開幕週にご当地馬主の勝負馬……

ただ、これは仕方ない側面もある。前走と同じだけ走れば中央開催でも好勝負できるし、厩舎サイドの立場から考えても、長距離輸送を強いられる福島に使うメリットは薄い。それなら鞍上のスケジュール抜きにして、栗東から近い京都で使った方がイイって結論にたどり着く。これで取りこぼしたらO・S的に超ピー(自主規制)だけど、ひと叩きした上積みが見込める今回はまず勝ち負けと見たぜ。

オーナー・サイダー2~ルールの闇~から5年
【感謝御礼】読者みんなのお陰で帰ってきたぜ!

os3.jpg

小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3




新・金脈編



競馬界を動かす馬主地図



ここまで変わっていた!


全国書店、アマゾンで絶賛発売中!



【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
                         
                                  

コメント