クリスマス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【マイルCS】ダーレーJF(ディサイファ)の新聞に載らない激裏話

[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
11/19(土)京都12R
3歳上1000万下(芝1400M)に出走予定
(ダノンシーザー)
準お膝元(!?)の京都マイルCSでG1馬2頭出し。野田順弘(馬主名義はダノックス)、野田みづきオーナーのワケアリ勝負馬。過去2冊の単行本ではお二方とも京都に分類したけど、オーナー・サイダー3では熟慮の末にご夫婦揃って中山へ移籍(!?)している。これはダノックスが12年3月末に京都馬主協会を退会、現在は中山馬主協会に所属しているからだ。ところが16年8月末時点で野田みづきオーナーは京都馬主協会に所属しつつ、中山馬主協会にも名を連ねているから話がややこしい。

野田順弘オーナーは奈良県の出身で、勘定奉行のテレビCMで有名なオービックの代表取締役会長兼社長だ。現在は東京都内に本社があるけど、以前は大阪を拠点に活動されていた。そんな経緯もあって京都に分類していたが、馬主と何らかの縁がある競馬場で用意された勝負馬を狙い撃つのがオーナー・サイダー馬券術だ。細かいことは抜きにして、ダノンとミッキーの有力馬が中山と京都で出走してきたら、ケースバイケースだけど、勝負がかりだと判断してもらって構わない。

それだけに緑色の場所で公開しているO・S馬は京都替わりで買いだが、ぶっちゃけ今回は情報的にピンかパー。断然人気を裏切った前走の敗因は鞍上の大ヘグリと明確とはいえ、輸送で大幅に馬体を減らした後の中2週だからな。★★師が使う以上は走れる状態にあると信じたいけど、リーディング上位厩舎だけに馬房の都合……なんてことも多々ある。馬主1番級は日曜東京の錦秋Sに出走を予定しているダノンフェイス、馬券的には人気が落ちて狙い目なダノン●●●●●ってことで。。。。。。









待たせたな!






先週大好評だったエリザベス女王杯に続き、今週もマイルCSの新聞に載らない激裏話SPECIALと題して、門外不出のマル秘ネタを色んな場所(心の目で見るように!!)で蔵出し公開しようと思う。



あと、読者のみんなにお知らせ。今回は普段と少し趣向を変えて馬主ではなく、生産者にスポットを当ててみたい。



その先陣を切るのが某競馬ポータルサイトで予想オッズ40倍超え。空気を通り越して出ていることを知らないレベルのディサイファ(注1ダーレーJF)ってもの少々アレだが……



注1ブログ参考画像(競走馬のふるさと案内所より)
eiggyou.jpg
2010年ダーレー種牡馬展示会より。ディープスカイは現在いないけど……



H.H.シェイク・モハメとダーレーJFに関しては全国書店、アマゾンで大好評御礼オーナー・サイダー3で詳しく説明したように、表に出ない社台グループとの“冷戦”の末に日本進出が頓挫。真っ向勝負とは分が悪いと判断したのか、近年は芝の短距離戦やダートを中心に方針を変更している。



それはディサイファの出走ローテを振り返ればメチャクチャ分かりやすい。重賞4勝、獲得賞金は4億を超える堂々のオープン馬だが、主な勝ち鞍は札幌記念、アメリカJCC、中日新聞杯、エプソムCだからな。昨秋もジャパンCや有馬記念には目もくれず毎日王冠→天皇賞(秋)→金鯱賞と駒を進めている。



これは距離適性を重視した出走ローテにも見えるけど、一転して今春はアメリカJCC(芝2200M)→日経賞(芝2500M)→安田記念(芝1600M)といった具合だ。これは例の……じゃなかった。色々な場所で後述する大人の事情ありきとはいえ、いずれにしても少々節操がなさすぎる。



過去3年で他のダーレーJF有力馬が勝ったレースを挙げてもティーハーフの函館スプリントSを筆頭に淀短距離S、鞍馬S、霜月S、阿蘇S、コスモス賞、カンナS、夢見月Sと、大半が芝の短距離戦やダートなど、お世辞にも王道路線とは言えない空き巣OP特別ばかりって有様だよ?



し・か・し



これこそダーレー軍団が日本競馬界で活路を見出すべく、名より実をとった戦略にほかならない。



多くの生産者と同様にノーザンFを頂点とする社台グループには、逆立ちしても敵わないのは嫌と言うほど身にしみている。どんなに潤沢な資金がある組織であっても赤字続きの部門は肩身が狭い。恥も外聞もかなぐり捨てて鬼の居ぬ間に稼がなければ、ダーレーJFのスタッフは本国の関係者に顔見せできないってワケよ。



それは表面上(!?)とはいえ、成果をもたらしている。原則としてプリンセス·ハヤ、シェイク・ハムダン名義の馬をモハメド殿下に統一。これによりH.H.シェイク・モハメドはディサイファでAJCCしか重賞を勝っていないのに、2016年の馬主ランキング8位にランクインしている。



さ・ら・に



生産者ランキングではノーザンF、社台F、白老Fの社台グループ三巨頭(!?)に、今年大躍進を遂げた4位ノルマンディー軍団の岡田スタッドに続き、ダーレーJFは堂々の5位(注2)なんだぜ?



大多数のファンはダーレー軍団がそこまで活躍しているイメージは沸かないと思うが、実際に大レースをほとんど勝っていないから当然だろう。



いまや日本の生産者から黒船来襲と騒がれたのは遠い過去の話。UAEの首長、オイルマネーの元締めでも敵わない社台グループの実力を思い知らされた挙げ句、少々言葉は悪いが






空き巣狙い






に徹して、コツコツ条件戦で積み上げた賞金だからな~



注2ブログ参考画像(TARGET2016年生産者ランキングトップ10)
生産者ランキング
並み居る大物生産者を押さえて賞金順、勝ち鞍とも堂々(!?)の5位



前置きが長くなっちまったけど、そんな落ち目(失礼)のダーレーJFを、あえて激裏話に組み込んだのか?



その理由はオーナー・サイダー3単行本の宣伝(!?)でもなければ、ノーザンFを前後半に分けて社台Fで合計3日、枠が1日余った(!?)からではなく、馬主情報的に今回のディサイファは馬券を押さえておいて損はない(マジで!!)



何故なら同馬は2015年、ジャパンCどころかマイルCSに見向きもせず、金鯱賞に向かった過去がある(1番人気2着)



これも空き巣狙いに徹するダーレーJFの戦略だが、今年は毎日王冠→天皇賞(秋)→金鯱賞ではなく、秋天をパスしてマイルCSに参戦だよ。



関係各所に配慮して真相は緑色の場所&ヒヨコで限定公開させてもらうけど、誰でも見られるブログで言えることはダーレーJF関係者が



「今年のマイルCS出走メンバーならディサイファでも勝ち負けになる」



な~んて判断したと受け取っても、馬券的に狙って面白いんじゃないか?
(俺は血統屋さんじゃないけど、ディープインパクト産駒は京都マイルだと鬼レベルで走るし……)


【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
緑色の場所&ヒヨコでしか書けないネタがある!?


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!



芸能人馬主の愛馬がG1を勝つと宣伝に!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201612.jpg

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


オーナー・サイダー2~ルールの闇~から5年
【感謝御礼】読者みんなのお陰で帰ってきたぜ!

os3.jpg

小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3




新・金脈編



競馬界を動かす馬主地図



ここまで変わっていた!


全国書店、アマゾンで絶賛発売中!



【がんばろう日本】
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト

| カネになる話 | 17:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT