Article

        

【阪神JF】ノーザンF関連馬(ジューヌエコール、ディーパワンサ、リスグラシューなど)の新聞に載らない激裏話

2016/ 12/ 07
                 






待たせたな!






今週は香港国際競走の個人的見解があるので変則更新だが、7(水)は阪神ジュベナイルFの新聞に載らない激裏話SPECIALの真打ち登場。ジューヌエコールディーパワンサリスグラシューなどノーザンF関連馬だ!



毎日ガン見している読者には説明不要だと思うけど、ノーザンFは阪神JFで過去に前例のない






使い分け







を断行。今年の2歳牝馬戦線はファンタジーSを圧勝したミスエルテ(サンデーR)を筆頭に、デイリー杯を勝ったジューヌエコール(サンデーR)、アルテミスSをリスグラシュー(キャロットF)と、いずれも系列クラブ所属のノーザンF生産馬が制している。



大将格ミスエルテの朝日杯FS参戦は牡馬路線が手薄という裏事情ありきとはいえ、アルテミスS2着フローレスマジック(サンデーR)も馬体回復と長距離輸送を理由に、阪神JFには向かわず来春のクイーンCだからな~



もっとも割を食ったのがアズールムーン(シルクR)。半姉エスメラルディーナ(馬主名義は吉田和美)は関東オークスなどダート戦線で活躍している。それらを複合的に判断しての兵庫ジュニアGP参戦(1番人気5着)とはいえ、すずらん賞(京都芝1400M)勝ち馬がファンタジーSに向かわず、ダートに矛先を向けたのは少々言葉が悪いけど、クラブ関係者や出資者の意向を軽視した暴挙と言わざるを得ない。



12/5(月)ブログで詳しく説明したノルマンディーTRのアリンナが典型例だけど、クラブにとって所属馬のG1出走は大変名誉なことであり、会員やこれから出資を検討している競馬ファンへの宣伝になる。



それだけに賞金が足りていれば使うのが当たり前。競馬に絶対はないし、出走する以上は勝つチャンスが生まれるからな?



ましてシルクRはノーザンFの傘下に入って日が浅く、あくまで表向きは業務提携のクラブだ。



それが賞金から確実に阪神JFには出走可能にも関わらず“大人の事情”により使えない。クラブHPでもアズールムーンの出資者に対して異例の公式コメントが掲載(注1)されたけど、シルクR関係者にとっても苦渋の決断だったと察せられる。



注1ブログ参考画像(ひっそり一口馬主より)
牧場スタッフ=ノーザンF=カッツミーor俊介
この言い回しはクラブ公式ではあり得ない。そりゃシルクRも納得しないよ
(出資者怒り発言の補足。りんどう賞はエーデルワイス賞を除外されてスライド出走だった)



おっと、調子に乗って12/13(火)に発売される競馬最強の法則1月号オーナー・サイダー連載で書いた内容の一部を、雑誌発売前にブログでぶっ放すところだったぜ。



里見治オーナーの意向をガン無視して、“真の所有者”サトノダイヤモンド香港ヴァーズに参戦未遂事件(!?)を限界ギリギリで解説している。



今回は表向きの馬主が公式の場で発言した錦の御旗があるからな。官軍(!?)の立場でガンガン攻めたので楽しみに待っていてほしいけど、ここに来て吉田勝己氏は無我の境地(!?)に入ったのか、以前と比べて使い分けを隠さなくなった。



俺が敬愛する清水成駿さん(故人)が生前の最強紙上で何度も語られていたように、ノーザンFができるだけ生産馬同士をバッティングしないよう、出走レースを裏で選定してきたのは周知の事実だ。



それでも少し前までは系列クラブに多少の配慮をしていたし、登録上の個人オーナーに対しても意向に沿う使い方をしていた。



ところがシルクRのアズールムーンや、未遂に終わったとはいえサトノダイヤモンドの出走ローテ報道を振り返ると、もはや共同所有者としての範疇(はんちゅう)を超えている



本題から豪快に脱線したので話を阪神JFに戻すと、ぶっちゃけジューヌエコールディーパワンサリスグラシューなどが揃って討ち死に。来週の朝日杯FSでミスエルテが取りこぼす可能性もゼロじゃない。



“取らぬ狸の皮算用”、“二兎を追う者は一兎をも得ず”、“花も折らず実も取らず”という言葉があるように、余裕の采配で大将格を牡馬相手にぶつけられるほど、上記3頭は抜けて強い馬なのか。



ここが今年の阪神JFで馬券の鍵を握るポイントだと個人的に思っているが、多方面に配慮してノーザンF関連馬の取捨と新聞に載らない激裏話は緑色の場所&ヒヨコと、オーナー・サイダーLINE@限定公開させてほしい。



今回は香港国際競走の兼ね合いでジューヌエコールがバルザローナ、ディーパワンサがシュタルケ、リスグラシューが戸崎Jにそれぞれ乗り替わるけど、鞍上の配置から真の所有者の期待度(!?)が見え隠れすると感じたのは俺だけ?


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
12/11(日)阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定

阪神JFにリスグラシューを送り込むキャロットFの勝負馬。「ディーパワンサは……」というツッコミはオーナー・サイダーLINE@に譲るとして、日曜阪神★Rに出走を予定しているクラブの元期待馬(!?)にも注目してほしい。ぶっちゃけ★★Jに馬場見せのため用意した……とも受け取れるけど、久々をひと叩きして中間の気配は良化しているからな。これで結果が出なければマジ終わっているし、今回が色んな意味で試金石になる。



ち・な・み・に



緑色の場所で公開しているO・S馬は1年2ヶ月前、菊花賞参戦も検討されていた。それが“大人の事情”により条件戦に回ってから、微妙に歯車が狂ってしまう。これはノーザンFというよりキャロットFの使い分けもあったとはいえ、クラブとしても所属馬3頭出しは間違いなく宣伝になった。今年の菊花賞も系列クラブの有力馬が回避を表明して一部で話題になったが、これも全ては“真の所有者”の意向だから仕方ない!?


【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
緑色の場所&ヒヨコでしか書けないネタがある!?


人気ブログランキングへ     c_01.gif
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【オーナー・サイダーLINE@】



芸能人馬主の愛馬がG1を勝つと宣伝に!?
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201612.jpg

競馬最強の法則12月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)


オーナー・サイダー2~ルールの闇~から5年
【感謝御礼】読者みんなのお陰で帰ってきたぜ!

os3.jpg

小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダー3




新・金脈編



競馬界を動かす馬主地図



ここまで変わっていた!


全国書店、アマゾンで絶賛発売中!



【LINEはじめました】
友だち追加
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント