Article

        

【皐月賞】天地人(天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず)

2017/ 04/ 15
                 

【最強の法則が監修】競馬ブログランキングが誕生!
samasamune.jpg
ただいまプレオープン期間中!熱き競馬ブロガー戦士よ、ココに集え!
(ランキングバナーはブログ下部プライスレスに設置。紹介欄の適正利用を心がけましょう!)


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
4/16(日)阪神6R
3歳500万下に出走予定
(マイネルパラディ)
赤い軍団改めBR軍団(仮名)のワケアリ勝負馬。この土曜も4/10(月)ブログで取り上げたMW(仮名)を筆頭に関連馬が大暴れしたけど、月曜の記事内で不適切な動画(音声)を使用したせいか、一部読者から「赤い軍団=レッド(東京HR)と誤解されるから止めてくれ!」と厳しく叱責されてな。。。。。。

仕方ないので元祖・赤い軍団(!?)に変更しようかとも考えたが、また拍手コメでお叱りを頂戴するので自重。これなら良い意味でも悪い意味でも無難だろう。てーか、軍団名の由来は赤い三連星のジェットストリームアタックだ。土曜福島では四連星チームプレー(レース動画がYouTubeにアップされたらブログに載せる)が炸裂したけど、近代競馬は組織戦(!?)の時代だな~

この前振りの後に競輪でいう自力先行の勝負馬を推奨するのも少々アレだが、狙える理由は土曜阪神12Rを好時計で快勝したベルクリア(単勝3.6倍2人気1着)と同じ。4/15(土)昼ブログを更新する前までは単勝8倍もついていたのに……。単複派の俺としては本気で頭を抱えたけど、まぁ、読者のみんなが喜んでくれたのでヨシとしようか……泣






天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず――



有名な孟子の言葉だが、一般的には大河ドラマ天地人(注1)の由来になった



天の時 地の利 人の和



の方が広く知られているだろう。



これを現代語にすると



天の与える好機も土地の有利な条件には及ばず、土地の有利な条件も民心の和合には及ばない



さらに続きがあって



正しい道を心得ている者は、多くの援助が得られ、天下もこれに従う



とはよくも言ったり。



驚天動地の変貌を遂げた土曜中山の芝レースを見て






これがJ●Aの意志か……






と思わずにはいられなかった。





先週あれだけ雨が降った後だし、馬場に一切手を入れるなとは俺も言わないよ。



ただ、毎週末馬券と格闘しているイチ競馬ファンの立場から苦言を呈させてもらうと、もう少し“なめらか”にイジれないのか?



論より証拠。2週前の4/2(日)中山11R船橋市市制施行80周年記念。準OPの芝1200Mで勝ち馬アルティマブラッドの走破時計は前日に雨が降ったとはいえ、公式発表は良馬場で1分8秒9だ。



ところがどっこい、



4/15(土)中山5R3歳500万下(芝1200M)。1着スビールアスール(中山ご当地馬主)の勝ち時計は1分8秒6(良馬場)。参考までにハナ2着同着ポンポン、ザベストエバーも同タイムだぜ?



勝ち馬の能力が抜けていたとかじゃないし、こう言っちゃ何だが最強5月号O・S連載で取り上げたミルファームのポンポンですら(失礼)、持ち時計を1秒以上も更新できる高速馬場になったワケですよ!!!!!!!!!!



4/10(月)ブログで中山4R3歳未勝利(芝2000M)を勝ったマイネルヴンシュ(1着)を取り上げたけど、これは正直言ってチームプレー(!?)&馬が強かったお陰。馬場傾向を完全に読み違えたし、皐月賞の予想を大幅に変更せざるを得ない



関係各所に配慮してブログで書けないここだけの話はオーナー・サイダーLINE@【ID検索@ownersider】色んな場所(心の目で見るように!!)で限定公開させてもらうけど、少々お上は天の時と地の利を蔑(ないがし)ろにして、人の和に寄りすぎてないか?


注1ブログ参考画像
ai.jpg
こんな競馬の天地人を俺は見たくない。直江兼続は逆境に強い武将なのに……


【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
緑色の場所&ヒヨコでしか書けないネタがある!?


人気ブログランキングへ  
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【LINEはじめました】



【使い込む系!?】大物馬主で儲ける裏ワザ!
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201705.jpg

競馬最強の法則5月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)

【LINEはじめました】
友だち追加
↓質問・応援コメントはコチラ↓
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント