クリスマス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続々・ルールを理解した者だけが勝ち組になれる!

[続々・ルールを理解した者だけが勝ち組になれる!]


昨日夜に以前に募集した「無料メール会員」の読者に、土曜東京12Rに出走するエノクのインサイダー情報を配信したら

『鞍上が郷原になっていますけど、本当に大丈夫ですか?』

というような質問がワンサカ届いた…。


まぁ、ぶっちゃけ俺もこの鞍上はどうかと思ったが(苦笑)、理由は最後に書いた通り「AB投票」によって、ヨシトミの予定が郷原になっちまったんだよ。


そしたら今日はいい機会だから、【続・ルールを理解した者だけが勝ち組になれる!】【トップハンデ馬はむしろ“買い”?】でもチラっと出てきた「AB投票」について詳しく教えてやろう。


普通のファンには馴染みのない競馬用語だと思うが、噛み砕いて説明すると

「第1希望の騎手と、第2希望の予備騎手付き」

で出馬投票できるルールだ。


例えば今回エノクのケースだと

「A(第1希望)柴田善・B(第2希望)郷原」

で出馬投票していた。


それなのに何で第1希望のヨシトミが乗れなかったかと言うと、除外対象ギリギリのラインでお手馬セイコースペシャルも出馬投票していたからだ。


恐らく新聞を見た読者諸君は『ヨシトミがセイコースペシャルを選んだ』と思っているだろうけど、厳密には若干ニュアンスが異なる。


何故ならセイコースペシャルは水曜の想定段階では、節(出走間隔)の関係で6頭中3頭が出走可能という抽選対象だった。


これだと確率は五分五分だしエージェントも『除外される可能性が高い』と判断し、エノクも押さえていた。


しかし、出走順上位馬の回避が続出して、抽選予定の6頭全てが出走枠に入っちまったんだな~。


これはエノク陣営や(ヨシトミの)エージェントすら想定していなかった事態だし、そんな経緯を経て鞍上が郷原に決まったんだよ。


あと補足としてエージェントが何故セイコースペシャルへの騎乗を優先したかと言うと、それはヨシトミがセイコーのオーナー(※某専門紙の社長)のお気に入りだからに他ならない。


しかも特別なケースを除いて、陣営やエージェントに『ヨシトミを乗せろ!』と指示を出すほどの超ヨシトミ贔屓だ。


そんな背景があるから関西からの勝負依頼であるエノクであっても、後々の事を考えてオーナーサイドの意向に沿ったワケよ。


俺なりに分かりやすく書いたつもりだが、ここまで理解できたかな?


とりあえずエノクは休み明けでも走れる態勢は整っているし、1000万なら能力上位は間違いない。


あとは郷原がちゃんと乗ってくれれば(←それが1番の問題だろう!ってツッコミは却下だ)、十分勝ち負けになると思うぜ。


そしたらこんな感じで今宵のカネになる情報馬は、土曜はキラ星の如く有力馬が揃ったヨシトミの星勘定鞍を教えてやろう。


【土曜東京3R】
3歳未勝利(ダ1400M)
b_01.gif
火曜のブログで書いた6Rモンテアルベルトや、1Rアシュラオー、10Rメイショウマリアも気がある感じだったが、その中でも断トツで一番はこの情報馬。
当人も『前走は走破時計も速かったし、使われた上積みが見込める今回はまず勝ち負け』と自信満々だ。
普段は慎重な発言が多いヨシトミがこれだけハッキリ言うのは本当に珍しいし、人気でもここは到底逆らえる雰囲気じゃない。


【土曜東京6R】
3歳500万下(芝1600M)
banner2.gif
このレースはモンテアルベルトに跨るヨシトミが名指しでライバル視したのが、デビュー戦でも取り上げたアノ馬。
前走で人気を裏切ったけど、主戦は『勝負所で外から被されて下がったのが痛かったですね。最後はよく伸びていましたし、正直勝てたレースでした。距離がマイルに延びるのも歓迎ですので、今回は決めて見せます』と巻き返しに燃えている。

ちなみに週中のブログで“放牧に出た”と書いちまったけど、正確には“放牧から帰厩した”の誤りだ。
これは情報網から電話で直接話を聞いた俺のチョンボ(※聞き間違い)だが、そこはご愛敬って事で勘弁してくれ(苦笑)


スポンサーサイト

| ルールを理解した者だけが勝ち組になれる! | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT