Article

        

1口クラブの裏話を大暴露!

2009/ 09/ 06
                 
[1口クラブの裏話を大暴露!]


最近は土曜夜に触れた優駿HCを始め、8/252627で東京HR、8/911でグリーンFと1口クラブの勝負話を暴露したら、大きな反響があった。



1口クラブにとって夏場の成績は1歳馬募集の売り上げに直結する重要な時期で、クラブ毎にほぼ毎週勝負話が入ってくるからな。
優駿HCのサンディエゴシチーやグリーンFのジュエルオブナイルのように目論見どおり重賞を勝とうものなら、クラブ側は笑いが止まらないってワケよ。



これには普段POGや1口ネタを食わず嫌いしていた“馬券野郎”の古株読者にも大ウケだったが、見慣れないハンドルネームの読者から拍手コメントで

『☆☆☆☆クラブに1口出資しようと思うんですが…』

と何件か質問が届いている。



話の流れとはいえ結果的に1口クラブの入会促進とも取れる内容を書いてきたので仕方ないが(苦笑)、クラブ毎に良し悪しはあるし個人の主観も加わるから、何処がオススメとは言い辛い。



それに1口クラブは全40口募集の社台RH・サンデーRを筆頭に、全400口募集の所までピンキリだからな。
そんなワケでどこのクラブが良いとかは書けないが、その代わり今日は各1口クラブの大まかな特徴を教えるから、出資の参考にしてくれ。



●社台グループ系1口クラブ
・社台RH
・サンデーR
・キャロットF
・グリーンF


●個人馬主系1口クラブ
・東京HR 山本英俊
・ウイン 大迫久美子(ゼンノ)
・シルク 半沢(グラス)
・ブルーマネジメント 中西健造(ケンブリッジ)
・大樹F RRA
・広尾レース 中尾公亮


●マイネル軍団系1口クラブ
・サラブレッドクラブ・ラフィアン
・セゾンRH


●生産牧場系1口クラブ
・ターフ・スポート
・ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
・ローレルR
・ロードHC


とこんな感じだ。



社台グループ系とマイネル軍団系は説明不要だと思うけど、個人馬主系と生産牧場系の線引きは難しい。
シルク・大樹・広尾も以前は生産牧場系1口クラブだし、ブルーインベスターズも半分は生産牧場系だ。



とりあえず個人馬主系1口クラブだと、個人名義で近年活躍馬が出ていない所は避けるべきだろう。
人間誰しも自分が可愛いモンだし、本当に良い馬は個人名義で走らせる。
それにも関わらず活躍馬が出ていないんじゃ、それより劣る馬を降ろしているクラブ所属馬は言わずもがなだからな。



おっと、下手すると某1口クラブの批判とも受け取られかねないから、今日はこの辺にしておこうか(笑)


[“ブログで書ける範囲内”のカネになる情報馬]
12日(土)中山12R
3歳上500万下(ダ1200M)に出走予定
banner2.gif(スペシャルハート)
中山開幕週を目標に調整されている情報馬。
休み明けになるが約1ヶ月に渡って入念に乗り込まれており、陣営も『新潟でも良績があるから先週使っても良かったけど、中山は現級勝ちした相性の良いコースだからね。鉄砲も走る馬だから好勝負は間違いないよ』と自信満々。
今回は勝ち得の一戦になるし、人気でも中心はこの馬で仕方ない。


おまけ
13日(日)中山5R
2歳新馬(芝1800M)に出走予定
リリエンタール
藤沢和厩舎&山本英俊オーナー期待の新馬。
フライングアップルが出走する京成杯オータムHの応援で来場予定のオーナーに合わせて、札幌デビュー予定を中山開幕週にズラして美浦に帰厩。
陣営は『札幌で時間をかけて乗り込んだから、初戦から走れる態勢に仕上がっている。乗り味は良いし走る馬だよ』と評価は高い。
個人的に日本向きとは言えない血統(※父モンジュー)が引っ掛かるが、情報的にどんな走りをするか注目の1頭だ。



スポンサーサイト
                         
                                  

コメント