Article

        

秋華賞週は山本&レッドが大勝負!

2009/ 10/ 14
                 
[秋華賞週は山本&レッドが大勝負!]


待たせたな。



それじゃさっそく日曜夜から引っ張っている“アノ名物オーナー&1口クラブ”の、勝負話を教えてやろう。



と言ってもブログのタイトルで古株読者にはバレバレだと思うが(笑)



今週末は秋華賞に出走する看板馬レッドディザイアに合わせて、【1口クラブの裏話を大暴露!】で勝負話を書いた東京HRと、クラブをバックアップしている山本英俊オーナーの愛馬が大攻勢を駆ける。



現時点で出走を予定している馬だけピックアップしても


東京HR
レッドジュエル 土曜東京5R 3歳上500万下(牝馬・ダ1600M)

レッドクロス 日曜東京4R 2歳新馬(芝1600M)

レッドジール 日曜東京6R 3歳上500万下(ダ1600M)

ヘヴンリークルーズ 日曜東京10R 白秋S(芝1400M)

スティールシャーク 日曜京都5R 3歳上500万下(牝馬・ダ1800M)

レッドディザイア 日曜京都11R 秋華賞(牝馬・芝2000M)

レッドボルサリーノ 日曜京都12R 3歳上1000万下(ダ1400M)


山本英俊
キャプテンキッド 土曜東京7R 3歳上500万下(芝2400M)

シャガール 日曜東京3R 2歳新馬(芝1800M)

バーキングウルフ 日曜東京6R 3歳上500万下(ダ1600M)

タイガーマスク 日曜東京12R 3歳上1000万下(ダ1600M)



っと、エラい事になっている。



上記の馬達の大半が有力馬ばかりだし、しかも殆どがオーナーが来場する日曜に出走を予定している。
POGで話題のシャガールは1ヶ月以上も前からこのレースを目標に調整されていたが、理由は何を隠そうオーナーサイドの強い意向に他ならない。



また東京HRも【ワケあり価格の裏には理由が…】でも書いたように、レッドディザイアにクラブの命運を委ねている。
さらに今回は看板馬に合わせてクラブ全所属馬が20頭程度しかいないのに、その約3分の1に相当する7頭を今週末にかき集めたからな。



どの馬も大なり小なり勝負仕上げを施されているし、どんな形であれ馬券に加えておいた方が無難だ。



また、週中の段階でこんな事を書くと拍手コメントで

『秋華賞はレッドディザイアで鉄板!?』

って質問が殺到するのは目に見えているが、前にも書いたようにGⅠは勝負だからと言って勝たせてくれるほど甘くない。



それに秋華賞週は山本&レッドだけじゃなく、あの

“生産界の巨人”

も大攻勢を駆ける。



その詳しい詳細は木曜のブログで書くとして、秋華賞当日は両陣営の勝負馬が各レースでガチンコ対決の様相だし、色んな意味で注目だ。



そしたら最後のブログで書ける情報馬は上記で取り上げた勝負馬の中でも、俺が独断と偏見で選んだ2頭を、読者限定でコッソリ教えてやろう(笑)



[無料で書ける範囲内のカネになる情報馬]
日曜東京★R
☆☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
banner2.gif
【ヒロシのお薦め情報馬を公開中】でも取り上げたウチの超ドル箱馬。
中間はこのレースを目標に山と乗り込まれているし、陣営も『まともに走ればこのクラスに留まる馬じゃないからね。まず大丈夫だと思うよ』と星勘定に加えている。
問題は同じレースにもう1頭ウチのドル箱馬も出走を予定しているけど、最終結論は週末の情報会議にかけてからとはいえ、情報馬はこの2頭のどちらかになるのはほぼ間違いない。


日曜京都★R
☆☆☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
b_01.gif
看板馬レッドディザイアに合わせて、かなり前から秋華賞当日の平場戦を目標に調整されている情報馬。
っと厩舎番の情報網から聞いていたのに、何で鞍上が☆田(※騎手名)なのか謎だが?
想定表の記入ミス(※たまに“武豊”と“武幸”の誤植がある)で厩舎の準主戦格・川田だと思って確認したら、どうやらダービージョッキーの☆田で正しいらしい…。
この辺をどう捉えるか悩み所だけど、このレースは“生産界の巨人”の為に仕込まれたブログお馴染みの情報馬も出走を予定している。
それは明日にでも軽く触れるから、楽しみに待っていてくれ。


※追記

ブログをアップして速攻でハンドルネーム・エヴァ山本、POG狂の詩、サンシャイ~ンから拍手コメントで

『日曜京都4Rの新馬戦でデビューを予定していたレッドステラーノが回避した“本当の理由”を教えて下さい』

的な趣旨の質問が届いている。

俺も想定表に居なかったから気になっていたんだが、公式発表にあるように『見た目に腹回りがスッキリ映るのが気になります。レースに使って使えないこともありませんが、これだけの馬ですから中途半端な状態では使えません。一旦、放牧に出して立て直すことにします』との事で、今週末は出走しない。

名牝ロンドンブリッジ産駒で東京HR“目玉”の2歳馬だし、クラブ側としても当然レッドディザイアに合わせて、今週末にデビューする予定だったからな。
この辺はデリケートな問題で難しいんだけど、噛み砕いて説明するとクラブ側は『使え!』の一点張りに対して、厩舎サイドは『無理はできない』と出走要請を突っぱねた形だ。

まぁ、誰でも見られるブログではこの表現が精一杯だけど、ヘビーユーザーの読者なら木曜夕方に発表される日曜京都4Rの出走馬を見れば、クラブ発表の公式コメントが陣営の「建て前」だと気付くだろう…。




スポンサーサイト
                         
                                  

コメント