Article

        

いよいよ明日!

2009/ 11/ 12
                 
[いよいよ明日!]


【競馬最強の法則12月号】が、明日13日(金)に発売される。



表紙ページのゲラ原稿だけブログで先行公開してきたけど、実際の紙面では

「顔出し」

で掲載されるからな。



それだけに社内でも賛否両論あったんだが、編集長から

『ウチ(競馬最強の法則)では基本的に名前と顔出しでお願いしている』

との強い意向により、俺の正体が明らかになる運びになった。



まぁ、編集長から

『最近は“顔出しは嫌だ”やら“名前はハンドルネームにしてくれ”とか、色々と注文が多いんだよね~』

と前振りがあったせいもあるが、確かに競馬最強の法則で取り上げられている馬券師の皆さんは、大概上記のどちらかに該当している。



これはあくまで個人的感想だが、俺が思うに

己の馬券理論に自信がない

から、名前や顔を出したくないんじゃないか?



それとも単に“シャイ(死語)”なだけかも知れないが(笑)



それはともかく、競馬最強の法則12月号で紹介する馬主馬券術


オーナー・サイダー


は、これまでの「予想屋さんの馬券術」とは全ての面で異なる。



俺が情報会社で実際に経験した「ヤリ話が仕組まれるメカニズム」が根本になっているし、極論を言ってしまうと“インサイダー情報がなくてもヤリ話が見抜けるようになる究極の馬券術”だ。
その一部はブログでも繰り返し書いてきたと思うけど、競馬最強の法則紙上では一般競馬ファン向けにより分かりやすく紹介されているので、是非チェックしてみてくれ。



そしたら最後はブログで書ける範囲内だが、GⅠ週にブログでお馴染み「生産界の巨人」が絡んだ情報馬で締めようか。


[ブログで書ける範囲内の“生産界の巨人”が絡んだ情報馬]
日曜東京8R
3歳上1000万下(牝馬・芝2000M)に出走予定
banner2.gif
このレースには火曜のブログで書いたダークエンジェルも出走を予定しているが、土曜の山中湖特別と両睨みだった情報馬がハンデを嫌って平場戦に回って来やがった。
1000万の限定戦に使うこと自体が反則に近いし、公式HPで臭わせていたとはいえ社台オーナーズ2頭出し(※500万から格上挑戦するロイヤルネックレスも含めると3頭出し)はしないと読んでいたんだが…。
ダークエンジェル陣営には失礼だが情報馬とは元値が違いすぎるので、人気でも下手に逆らわない方が無難だ。


おまけ①
日曜京都8R
黄菊賞(芝1800M)に出走予定
b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
このレースにはブログでお馴染みヒットメーカーも出走しているけど、それより注目はダノンパッションを蹴ってまで“アノ名手”が騎乗する情報馬の方だ。
事情を知っている人間なら激アツだと速攻で分かるが、情報馬の大迫基弘オーナーは“ゼンノ”冠号で知られる大迫久美子氏の息子で、1口クラブ・ウインRの代表取締役だ。
ここで古株読者ならピンと来た(※1)と思うけど、乗り替わりの背後には過去に“アノ名手”のエージェントを務めたウインRの片山社長(※2)の存在が見え隠れする。

しかも日曜東京9R赤松賞にはクラブの期待馬ウインマリアベールも出走するし、かなり高い確率でオーナーが競馬場に来場する可能性大だ。
俺の読みではウインマリアベールが出走する東京には片山社長、情報馬が出走する京都には大迫基弘オーナーが来場すると見たぜ。

(※1詳しくは9/82324252610/2をチェックだ)
(※2詳しくは【ウインRの勝負馬が大暴れ!】で確認してくれ)


おまけ②
【今週末“バイオ”ハザード警報が発令!】情報馬の続報

水曜のブログで

banner2.gif

で書いた情報馬は想定段階で日曜になっていたが、陣営と☆☆のエージェントで交渉した結果、馬主が来場する土曜に使ってきた。
オーナー・サイダー的には激アツ確定だし、ここは一丁単勝10万円ブチ込んだ先週のエックスダンスに続いて、オッズを動かしてやろうかな…。



オーナー・サイダー馬主馬券術
※13日(金)発売の「競馬最強の法則」12月号に掲載予定だ




                         
                                  

コメント