クリスマス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GⅠ当日は社台関連馬が激アツ!

[GⅠ当日は社台関連馬が激アツ!]


昨日のブログで公開した大物馬主2人の口取り画像がよほどインパクトがあったのか、拍手コメントで質問が殺到している。



その大半がブログで答えられないディープな内容ばかりだから困ったモンだけど(苦笑)



あとFC2ブログのシステム上、どんな内容であれ拍手コメントで返信はできないんだよ。
そんなワケでどうしても分からない事や質問があって返信がほしい場合、無料メール会員の読者なら[info@~]の方に問い合わせてくれ。



さて、前置きはホドホドにして、



とりあえず今日はハンドルネーム・ココットから

『1口クラブの馬が勝った場合も口取りはあるんですか?』

との質問に答えようか。



1口クラブに限らずどんな馬が勝っても、口取り撮影は全レース行われる。
ちょうど先週日曜に会社の勝負レースとして提供した東京8Rマイディアサン(※社台RH)の口取り画像を撮ってきたから、まずはこれを見てくれ。


左の男性が田中清師。右はブログでお馴染みマサヨシ。大事な人が抜けているが…
※左の男性が田中清師。右はブログでお馴染みマサヨシ。大事な人が抜けているが…。

馬が待ちきれずに暴れている所をパシャリ
※馬が待ちきれずに暴れている所をパシャリ。

クラブの人が合図を送ると、マサヨシの視線の先には…
※クラブの人が合図を送ると、マサヨシの視線の先には…。


マイディアサンに1口出資している社台RH会員の皆さんと一緒に口取り。自分が代表を務めるクラブの愛馬が勝ったのに吉田照哉総帥は来ず。。。
※マイディアサンに1口出資している社台RH会員の皆さんと一緒に口取り。自分が代表を務めるクラブの愛馬が勝ったのに吉田照哉氏は来ず。。。



っとこんな感じだ。



水曜のブログでも画像を載せたように社台RH代表の吉田照哉氏は競馬場に来場しているんだが、社台の“個人馬主重視”を印象づける出来事だったな…。
まぁ、一応フォローしておくと、毎週末口取りを撮影しているカメラマンさんの話では『社台RHやサンデーRだと条件戦で勝っても代表は口取りに出ない事の方が多い』との事らしい。



まぁ、何はともあれ厩舎サイドとしてはジャパンC当日に競馬界を牛耳る社台グループ総帥の前で、目論見どおり勝利したからな。
これで来年ご褒美として社台から良血馬が入ってくるのは間違いないし、ウチの会社はその勝負話に便乗したってワケよ。



社台RHは東京1Rセイリオスでも勝って日曜は2勝を挙げたが、それは決して偶然じゃない。
厩舎サイドは吉田照哉氏の前で勝つ為に、馬をビッシリ仕上げてきたんだ。



おっと、調子に乗ってオーナー・サイダー馬主馬券術の核心部分に触れすぎたから、今日はこの辺にして今週末の情報馬に話を替えよう。



[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー情報馬]
日曜中山8R
3歳上1000万下(ダ1800M)に出走予定
banner2.gif
前走時もブログで取り上げた情報馬。
確勝を期しての平場戦出走で取りこぼしたのは痛かったが、主戦のマサヨシは『あれは勝った馬が強すぎただけ。抜けた馬が見当たらない今回は落とせない』とキッパリ。
実績の無い中山替わりが若干気になるけど、そこはマイディアサンで見せた渾身騎乗で勝利に導いてくれるのを期待しよう。
ちなみに、事実上のオーナーは当日99%阪神競馬場に行っていると思うが(笑)


おまけ
土曜中山5R
2歳新馬(芝1800)に出走予定
b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
土曜中山メイン・ステイヤーズSに出走するモンテクリスエスの応援で来場する毛利オーナーに合わせて、陣営が用意したオーナー・サイダー情報馬。
モンテの冠号でお馴染み毛利喜昭オーナーは今でこそ中央では7頭しか所有していないが、中山馬主会の会長を務める重鎮だからな。
この新馬戦は相手が揃ったが情報馬も勝負には違いないし、どんな走りをするか注目だ。




◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!




スポンサーサイト

| 1口クラブのカネになる話 | 16:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT