Article

        

“鬼”教官がまたまた外国馬を斬る!

2009/ 12/ 04
                 
[“鬼”教官がまたまた外国馬を斬る!]


相変わらず拍手コメントでは山本オーナーやアドマイヤ絡みの質問が多いが、今日のネタは木曜に続き“ブログで書ける範囲内”で、読者から届いた質問に答えようと思う。


そして今日のお題はハンドルネーム・まこと・チョウサン・鬼軍曹から

『ジャパンCダートに出走するティズウェイはどうなんですか?』

との質問に答えようか。



世間的には出走すれば人気の一角に支持されたであろうG1・3勝馬サマーバードがパンクして、ティズウェイは“オマケ”みたいなモンだからな。



し・か・し



先週水曜のブログで白井の競馬学校まで外国馬を見に行ってきた事をを書いたけど、意外にもウチの総監督は『あの外国馬(ティズウェイ)はヤケに良く見えるな』と褒めていたぐらいだ。



これは総監督からの受け売りだが、白井で検疫中の外国馬でデキがよく見える馬はごく稀らしい。
特にヨーロッパやアメリカなど10時間以上の輸送を経て来日した外国馬は、回復に相当手間取るらしいからな。



しかもティズウェイが白井の競馬学校に到着したのは、取材に訪れた前日の23日(月)だ。
それにも関わらずカメラ越しに見ても分かるほど毛づやは良いし、総監督も『こんな馬は滅多にいないぞ?』と目を丸くしていた。

白井の検疫中のティズウェイ。ジェームズ・ボンド師の“007”馬服で運動中
※白井の検疫中のティズウェイ。ジェームズ・ボンド師の“007”馬服で運動中。

軽快なフットワークは白井に到着して丸1日も経過していない馬とは思えない
※軽快なフットワークは白井に到着して丸1日も経過していない馬とは思えない。

ヤベェ。調教助手に気付かれちまった。さすが“007”だけはある(笑)
※ヤベェ。調教助手に気付かれちまった。さすが“007”だけはある(笑)

限界ギリギリのアップ画像。カメラ越しでも分かるほど毛づやが良いだろう?
※限界ギリギリのアップ画像。カメラ越しでも分かるほど毛づやが良いだろう?

この馬には競馬学校の教官として幾多の外国馬を見てきたウチの総監督も釘付けだ
※この馬には競馬学校の教官として幾多の外国馬を見てきたウチの総監督も釘付けだ。


っとこんな感じだ。



あと確認の意味で念を押しておくと、あくまで11月24日時点での話だからな?
白井から阪神までの輸送に加え、初の右回りコースと克服しなければならない課題も多い。



そんなワケでティズウェイの取捨は無料メール会員の読者は、土曜夜のログイン内



GⅠ直前関係者情報



で確認してもらうとして、そこでヴァーミリアンを始め出走全馬の表に出ない本音コメントを公開する予定だ。
そして最後はお約束の、ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー情報馬で締めようか。



[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー情報馬]
土曜阪神★R
☆☆☆☆☆☆☆に出走予定
banner2.gif(ナムラアトラクト)
鳴尾記念に出走する某大物馬主の看板馬に合わせて、勝負仕上げを施されたオーナー・サイダー情報馬。
古株読者から沢山質問が届いていたけど、今回はミエミエの“ヤリ”でお察しのとおりだ。
ただ、個人的には鞍上がチト落ち目だし、内枠を引いたのも少し気になる所だが…。


土曜中山★R
☆☆☆☆☆に出走予定
b_01.gif(ツクバエンジェル)
ログイン内で無料メール会員に公開したインサイダー情報馬。
実際に陣営の話も凄く良かったんだが、狙える根拠はそれだけじゃない。
何故なら情報馬のオーナーは中山馬主会に所属する「ご当地馬主」で、本業は千葉・茨城で広く冠婚葬祭業を営むライフランドグループの会長だからな。

東京ご当地馬主の“ケイアイ”(※1)で読者もオーナー・サイダーの凄さを十二分に体感したと思うけど、その中で最も激アツなのは「所属馬主会の競馬場で仕込まれた勝負馬」だからな。
今回はお誂え向きに砂を被らない外枠を引いたし、馬券的にも狙い目だ。

(※1詳しくは【オーナー・サイダー情報馬で119万円獲得!】で確認してくれ)





◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!




スポンサーサイト
                         
                                  

コメント