Article

        

中京馬主会・副会長のO・S情報馬をブログ先行公開 !

2010/ 02/ 28
                 
改修前の中京にご当地馬主の勝負馬が大挙出走
中京馬主会・副会長のO・S馬をブログ先行公開 !




待たせたな。



何、別に待ってないだと?



待っていようがいまいが完全復活を宣言したんだから、以前と同様に日曜夜もブログ更新だ!



しかも日曜の中山・阪神ではオーナー・サイダー馬が走りまくったからな。



俺が土曜夜のブログで書いた中山3Rのアルジェンテウス(※オーナーは中山記念9着ライブコンサートと同じグリーンフィールズ)以外にも


・中山2R カトルズラバン
→ オーナーは中山記念3着ショウワモダンの山岸桂市氏

・中山4R トーセンチドリアシ
→ オーナーは中山記念1着トーセンクラウンの島川隆哉氏

・阪神4R タマモサプライズ
→ オーナーは阪急杯11着タマモナイスプレイのタマモ(株)

・阪神5R スティルゴールド
→ オーナーは阪急杯2着ワンカラットの青山洋一氏


と勝ち馬だけ抜粋しても、重賞に看板馬が出走したオーナーの愛馬達が条件戦で大暴れだ。



これこそがオーナー・サイダー馬主馬券術のキモであり、3月末に発売予定の単行本でかなりのページ数を裂いて説明している



影武者(かげむしゃ)ヤリ



に他ならない。



詳細は単行本の方で確認してほしいけど、大前提として重賞レースに有力馬が出走する馬主さんは、よほどのことがない限り競馬場へ足を運ぶ。



愛馬が重賞を制す瞬間を間近で見たいと思うのは、馬主さんであれば当然だからな。



しかし、重賞はエース級同士の戦いであり、そう簡単に勝たせてはくれない。勝つよりも負ける方が多いのが現実だ。必然的に馬主さんの大半が肩を落として帰路につく。



ただ、重賞に出る馬は数週間前からローテが決まっているので、馬主さんも重賞出走馬に合わせて競馬場に来場することが多い。それはオーナーの愛馬を預かっているほかの調教師も知っているからな。



陣営の中には『重賞を勝つのは難しいけど、それ以外のレースなら』と条件戦に勝負馬を用意する。これを俺は“影武者ヤリ”と名付けた。



影武者とは「大辞泉」国語辞書を引くと

「敵をあざむき、身代わりとするため、主君と同じ服装をさせた武者」

となっている。

隆慶一郎作の時代小説「影武者・徳川家康」が有名だけど、影武者には主君の身代わり以外にも


「裏面にあって、実際に物事を動かしている者。黒幕」


という意味もある。

 競馬に例えれば重賞に出走する看板馬(主君)よりも、それにピッタリと寄り添い条件戦に使う影武者の方を狙うのが、オーナー・サイダーのキモってワケよ。



まぁ、文章で説明するよりこの画像を見てもらえば一目瞭然だろう。


アルジェンテウス
※俺の部下Sが撮ってきた日曜中山3Rアルジェンテウスの口取り画像。中山記念に出走したグリーンフィールズ(株)の看板馬ライブコンサートの応援に来場したオーナー御一行全員が収まりパシャリ。

ライブコンサート
※グリーンフィールズ(株)の看板馬ライブコンサート。アルジェンテウスと勝負服が同じだろう?




そしたら読者のみんなも改めてオーナー・サイダーの凄さを知ってくれた事だし、最後の情報馬は来週から始まる2回中京開催に出走を予定している「中京ご当地馬主」のオーナー・サイダー馬で締めようか。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
3月6日or7日中京★R
4歳上500万下(ダ1700M)のどこかに出走予定
banner2.gif(カリズマクレスト)

3月6日or7日中京★R
4歳上500万下(ダ1700M)のどこかに出走予定
b_01.gif(クリスタルドア)
俺が現金67万円を掴み取りしたブライドルアップと同じ加藤守オーナーの勝負馬。
加藤守オーナーは以前に公開した「中京ご当地馬主リスト」でも触れたように、中京馬主会の副会長を務める名古屋の重鎮だ。

それだけに2頭とも勝負度合いは相当高いが、情報的に加藤守オーナーのお目当ては人気ブログランキングの方と思われる。
しかも鞍上が鞍上だから恐らく人気にならないと思うし、メンバー次第では女房を質に入れてでも“買い”だぜ。


3月末に発売決定!
NowPrinting_20100122181831.jpg

小宮城の馬主馬券術

~オーナー・サイダー~(仮)


知ってる奴だけ馬券が獲れる「ご当地馬主リスト」を掲載!



◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓
                         
                                  

コメント