Article

        

オーナー・サイダーとは

2017/ 06/ 20
                 
馬主(オーナー)×内部関係者(インサイダー)情報=2つを合わせた造語がオーナー・サイダー



株のインサイダー取引は違法なのでネガティブなイメージがあるかもしれないが、基本的に競馬のインサイダー情報は合法(!?)なので安心してほしい。こんな補足説明をしなければならないのは調子こいてヤンチャし過ぎた某YouTuberのせい……って話は置いといて、インサイダーを国語辞書で引くと



「集団・組織の内部の人。部内者。また、内部の事情に通じている人」



とあるので、競馬に置き換えると小宮城はトレセン関係者の事情通ってところだろう。業種は全然違うが芸能リポーターみたいなモンだと思ってくれれば、わかりやすいんじゃないか。



読者みんなのお陰で俺も結構な有名人になっちまった。競馬ファンなら誰もが知っている大物馬主はもちろんのこと、騎手や調教師、助手、厩務員、生産者や馬産地に君臨するオーナーブリーダー(馬主兼生産者)の二大巨頭にいたるまで「小宮城という暗黙の了解ガン無視のクレイジーな男がいる……」と存在を認知されちまった。



それだけ過去に散々やらかしたって裏返しだが(苦笑)、某ヒカルと同じくあまり思い出したくない若気の至り(!?)はさておき、俺の元には商売柄もあって馬主だけでなく競馬に携わる関係者から様々な内部情報が入ってくる。



日曜夜・月・火・水ブログに公開している平場戦に出走予定のO・S馬もその1つだが(個人馬主の場合、木曜夕方の出走馬確定まで出否が分からない)、数あるインサイダー情報で最も信頼度が高いのが






馬主が絡んだ勝負話






にほかならない。



オーナー(馬主)が絡んだ勝負話は調教師・騎手・助手・厩務員はもちろん、時と場合によっては所有権利を半持ちしている生産者まで一丸となって馬を仕上げてくる。とくに競馬ファンの間で広く名が知れ渡っている大物馬主ほど、その傾向が強い。



例えば2016年の皐月賞を8番人気(単勝30.9倍)で制したディーマジェスティ。当時の模様は過去ブログ



2016年4/16【皐月賞】キャロットFここだけの話お蔵入りの埋め合わせに……


2016年4/22【祝・皐月賞制覇】ディーマジェスティ馬主勝負情報ここだけの話を蔵出し公開!



を読み返してもらうとして、嶋田賢オーナーは千葉県銚子市にある島田総合病院の理事長だ。



千葉県在住の中山ご当地馬主だけど、当時は皐月賞に出走するディーマジェスティを応援するため親族や友人知人、病院関係者など総勢100人弱がレース当日競馬場に来場予定(※1)とブログ&色んな場所で事前告知。



その中には結構なVIPも含まれていたので、嶋田賢オーナーの馬係(マネージャー)が馬主席の調整(G1当日はメチャクチャ込むのよ~)に加えて、はるばる銚子から訪れる大応援団のため指定席の手配をしていた。



馬主関係者の誰もがオーナー地元開催での晴れ舞台、皐月賞出走に大きな期待を寄せていたし、大応援団の来場を伝え聞いた二ノ宮厩舎ではスタッフ総力を挙げて渾身仕上げを敢行する。



ここだけの話、嶋田賢オーナーはメイショウの松本好雄オーナーに勝るとも劣らないほど、愛馬が勝つと関係者にご祝儀を振る舞う。大人の事情により具体的な金額は控えさせてもらうが、ディーマジェスティ皐月賞の勝ち祝いでは文字どおり札束が乱れ飛んだと聞いている(多方面に最大限配慮した言い回し)



上記の話は表現方法をヘグるとネタ元に迷惑がかかるから読者各自で察してほしいが、その結果が2016年の皐月賞で3強を形成したサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズを直線でまとめて差し切り!レースレコードとなる1分57秒9の鬼時計で快勝だぜ?



はるばる銚子から大応援団が駆けつけた甲斐があったし、世間的には人気薄の1頭に過ぎなかったが、この状況下で見せ場すら作れなかったら嶋田賢オーナーの顔に泥を塗ることになるからな。これも全ては勝負の手綱を託された蛯名Jと、二ノ宮厩舎のスタッフが一丸となった努力の賜物。ご祝儀諭吉さんニンジンパワー恐るべし……



ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
2016年 4/17 皐月賞 ディーマジェスティ

オーナー地元開催の中山で大仕事!後世語られるであろう皐月賞だった

※1ブログ参考画像
daiouendan.jpg
競馬ブックTwitterより。ディーマジェスティ皐月賞のレース後
(何故か競●ラボに口取り画像がアップされていない。人数が多すぎて入りきらなかった?)



これこそが世間でインサイダー情報(内部関係者)情報と呼ばれている代物であり、それを俺は普段からスポーツ新聞を見て予想している競馬ファンでも馬主ヤリを調べられるよう





オーナー(馬主)・サイダー(インサイダー)





馬券術としてブログ&競馬最強の法則で公開。現在にいたるワケよ。



余談としてディーマジェスティは1番人気に支持された2016年秋中山のセントライト記念でも、再び大応援団ヤリを敢行!



ここだけの話、皐月賞制覇時は人数が多すぎて移動に時間がかかり最終レース発走が5分遅れた前科(!?)がある。それだけに当時はJRAから事前に「(口取り撮影に参加する)人数を絞ってください」と要請されたらしいけど、それでもウィナーズサークルが満杯(※2)になる有様だぜ?



この件は他にも表に出せないマル秘ネタが沢山あるんだが、毎日ブログ&色んな場所までガン見しているO・Sマニアには説明不要だけど、小宮城は嶋田賢オーナーに軽~くヤラかした過去がある。



俺としては“馬主協会内のゴタゴタで難癖つけるなよ~”と強く主張したいが(マジで!!)、嶋田賢オーナーは色々あって現在は中山ではなく福島馬主協会の所属だ。



それでも実際に地元開催(!?)の中山には画像のように大応援団が駆けつける。馬主と何かしら縁のある競馬場で出走する勝負馬を狙い撃つのがオーナー・サイダー。馬券術としては正直どっちでも構わないし、身も蓋もないことを言ってしまうと、少し前まで中山馬主協会に所属(※3)されていましたよね?


※2ブログ参考画像(競馬ラボより)
160918_deemajesty03_2017090612161302b.jpg
セントライト記念の口取り。無理やりウィナーズサークルに押し込めて撮影した感が……

※3ブログ参考画像(中山馬主協会HPより)
simada1.jpg

simada2.jpg
これぞ動かぬ証拠。O・S的に千葉の有力者なのに福島所属は……ねぇ?