Article

        

大樹ファームの【超】オフレコ話をコッソリ公開!

2010/ 05/ 10
                 
定休日の月曜だからこそ書ける?
大樹ファームの【超】オフレコ話をコッソリ公開!



今日は月曜の定休日(?)を利用して、先週土曜夜のブログで書いた大樹ファームに関する読者からの質問に答えようと思う。



質問内容が大っぴらにできないネタなのでアクセス数が少ない月曜にコッソリ教えるけど、先週土曜夜のブログ大樹ファームをバックアップしている某大物馬主について触れた。



以前に【1口クラブの裏話を大暴露!】で詳しく書いたが、山本英俊オーナーが買い取った東京HRのように、大物個人馬主が事実上経営している1口クラブは沢山ある。



大樹ファームをバックアップしている(株)RRAも、セレクトセールで購入した高馬を惜しげもなくクラブに卸している。
先週土曜夜のブログで書いた先週日曜8Rに出走したタイキジャガーも、セレクトセールで(株)RRAが競り落とした馬だ。

タイキジャガー
JRHAの取引馬画面。07年1歳セレクトセールで(株)RRAが3500万円で落札。


こんな感じで(株)RRAは大樹ファームの経営に深く関わっているんだが、古株読者から質問があったのはクラブ経営が不振に陥った“真の理由”に他ならない。



先週土曜夜のブログでは敢えて触れなかったけど、大樹ファームは07年に農林水産省から業務改善命令を言い渡されたほど、クラブ経営が苦しかった。


業務改善
業務改善命令が言い渡された当時の記事。


そして経営不振に陥った原因と噂されているのが、タイキシャトルの種牡馬シンジケートに関する出資者とのゴタゴタだ。
どう書いても角が立つのでサラっと流すけど、この一件でクラブは会員から信用を失ったと聞いている。



上記の話はトレセンでは広く知られているが、この世界は例え本当の事であっても



“不都合な真実”



を公にするのは芳しくない。



これを知っている競馬ファンはごく一部だし、仮にこのブログを大樹ファーム&(株)RRAの関係者が見ていたら、快くは思わないだろう。



そんなワケで熱心な読者しか見に来ない月曜に、コッソリ書いているんだが(苦笑)



大樹ファームの例は極端にしても、昨今の不況で1口クラブも顧客争奪に必至だ。
【1口クラブのヤリ話メカニズムを大暴露!】でも詳しく説明したように「いかにしてクラブをアピールできるか」を考え、厩舎サイドに勝負仕上げを依頼する。



先週日曜東京のベネディーレ&タイキジャガーの好走は決して偶然じゃなく、クラブの経営戦略で仕込まれた勝負馬に他ならない。



これぞ競馬ファンが絶対に気付かない、俺たち情報屋さんの専売特許だ。


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー情報馬]
5/15(土)新潟★R
※※※※※※※※
人気ブログランキングへ

5/15(土)新潟★R
※※※※※※※※
b_01.gif(←情報馬はココで確認してくれ)
今月13日発売の競馬最強の法則6月号でクラブの経営戦略を話したサンデーRの勝負馬。
詳しくは発売された雑誌をガン見してほしいけど、この2頭はクラブ主導と言うより陣営が確勝を期して、相手が弱い土曜の新潟に持っていく感じだな。

人気ブログランキングは鞍上にウィリアムズを確保、FC2ブログランキングは2歳時にレコード勝ちした舞台に替わり一変を目論んでいる。
敢えてブエナビスタが出走する日曜ではなく土曜に使うし、陣営も勝たなければクラブに顔向けできないだろう。

オーナー・サイダー単行本表紙

小宮城の馬主馬券術

~オーナー・サイダー~


全国書店で絶賛発売中!


◎よくある質問→【ブログランキングにおける馬名の見方】←はココでチェック!





↓質問・応援コメントはココで書けるぜ↓
                         
                                  

コメント