クリスマス

≫ EDIT

【日本ダービー】サトノ軍団が(別オーナー名義を含めて)組織戦をやれない裏事情





今年のダービーは馬主情報的に激アツ!?






東京優駿





LINE SPECTACLE(ラインスペクタクル)




~ノーザンFvs非社台系オーナー連合軍(!?)の仁義なき戦いSPECIAL~



【仁義なき戦いSPECIAL公開予定】 敬称略
・前夜祭 5/20(土)  ノースヒルズ&ビッグレッドF軍団(カデナ、クリンチャー、ウインブライト、トラスト、マイネルスフェーン)  公開中
・第1回 5/24(水)  里見治(サトノアーサー、サトノクロニクル※出走順位19番目で除外対象)
・第2回 5/25(木)  サンデーR&キャロットF&G1レーシング(アルアイン、ダンビュライト、レイデオロ、ペルシアンナイト)
・第3回 5/26(金)  NICKS(スワーヴリチャード)
・第4回 5/27(土)  近藤英子(アドミラブル)
・第5回 5/28(日)  12:30に最終結論を公開予定


[ブログで書ける範囲内のオーナー・サイダー馬]
5/27(土)京都5R
3歳500万下(ダ1800M)に出走予定

当初はブログ本文に合わせて里見治オーナーの勝負馬を取り上げようと思ったけど、状況次第でサトノ軍団最大3頭出し白百合Sは恐らく馬券にならない。平場に俺が密かに狙っているワケアリ穴O・S馬が出走を予定しているが、こっちは500キロを超える大型馬の休み明けで昇級戦だからな。読者のみんなに自信を持ってオススメ……とはいかないし、来たらゴメンなさいだけど、ここは小宮城1人で楽しませてもらおうか(笑)

その代わりと言ったら少々失礼だが、サトノ軍団のワケアリ穴O・S馬と同じ★★厩舎の星勘定鞍を教えてやろう。本文で触れる“真の所有者”絡みなのは単なる偶然(!?)として、こっちも下手に触れるとメガトン級の地雷を踏みかねない。苦肉の策として偉大な半兄と同じ手法(※1)で説明させてもらうが、不思議なモンで兄弟でもタイプが異なるって話だからな。それでも素質は間違いなく重賞級だ。27(土)京都5Rは他にも何頭か骨っぽい馬が使う見込みだけど、まともに走ればアッサリまである馬だぜ。

※1詳しくは過去ブログ

15年12/29【特別企画】新聞に掲載されている馬主名義には色々あるのよ講座

11/9表向きの馬主名義は社台グループだけど本当は……

2/19緑色の場所で公開中の●●●●●●●●はLEXではなく……

をよ~くガン見してくれ!(く、苦しい……)









待たせたな!






最初に断っておくけど、24(水)は競馬最強の法則7月号オーナー・サイダー連載で取材が行われるため、この記事は21(日)夜に書いている



そんなワケで追い切り後のアクシデントなどにより賞金上位馬が1頭回避。除外対象のサトノクロニクル(順位19番目)が繰り上がっても、その頃には都内某所でセレクトセール絡みの話をしているので修正が利かない。



取材がひと段落したら追記で補足する形になるし、あらかじめご了承ください。



それはともかく、仮にサトノクロニクルが出走枠に滑り込めても、昨年末の有馬記念(注1)で多方面に物議を醸した






チームプレー






の類は難しかったに違いない。



注1ブログ参考動画(PC、スマホ限定)
有馬記念 サトノダイヤモンド(1着)&ノブレス(13着)

サブちゃんも驚愕のチームプレー。これが日本の競馬(6:50~)だよ~♪
(あまりの露骨さにキタサンブラック騎乗の武豊Jもレース後に思わずポロっと……)



4/29【天皇賞・春】サトノダイヤモンド(里見治)の新聞に載らない激裏話オーナー・サイダーLINE@【ID検索@ownersider】で限定配信した激裏話の繰り返しになるので詳細は割愛するが、有馬記念のレース後に2頭のウイニングラン(6:50~)は明らかにやり過ぎ。



確信犯(!?)だったとはいえ言い逃れできるレベルじゃないし、ここまで競馬法が無視されたのは前代未聞の出来事だからな?



【緊急特別企画】日本競馬におけるラビットの位置づけとその存在で詳しく説明したように、我が国では競馬法により俗に言うラビット(ペースメーカー)は認められていない



それをサトノ陣営は世界で1番馬券が売れる有馬記念の舞台で実行してしまう。これは競馬法に照らし合わせれば関係者を“見せしめ”として、厳正に処分しなければならなかったんだよ!!!!!!!!!!



ところがどっこい、



お上の判断は審議ランプもつけないどころか、色んな場所で後述する裏事情ありきとはいえ、表面上はサトノ陣営の暴挙を黙認しちまった。いや、正確には“認めざるを得なかった”と表現した方が適切か。



これは非常にバリケードならぬデリケートな話になるんだが、欧米では同じ馬主の所有馬がワンツーを決めても、賞金は1着馬のみにしか支払われない。何故か。



話が別方向に大きく脱線するので軽く触れるに留めるけど、あえて俺が某競馬ポータルサイトでF騎手が説明(注2)していた競馬法第41条「競走に勝利を得る意志がないのに馬を出走させてはならない」ではなく、八●長防止を主目的として制定された第31条「他人に得させるため競走において馬の全能力を発揮させなかった騎手」を持ち出した理由がソレよ。



注2ブログ参考画像(某競馬ポータルサイトより)
yugenjikou.jpg
大人の事情により一部加工。第41条は入っちゃった系だぜ?



しかし、我が国では“表向きの馬主”以外にも、“真の所有者”である生産者などが半持ちしているケースが大半だ。



これにより仮に、仮にだよ。公衆の面前でチームプレーを敢行したサトノ陣営を、競馬法に従い処罰するとしよう。



サトノダイヤモンド、ノブレスの表向きの馬主である里見治オーナーと、2頭を管理する池江寿師は当然(!?)として、ここで問題なのが真の所有者なんだよ~



多方面に配慮して誰でも見られるブログでは実名を伏せさせてもらうが、“あのお方”は事実上、大レースに出走する有力馬の半数近くを所有している。



少々言葉は不適切だがJRAとしても手を出しづらいし、それは●●●●●のお得意様である里見治オーナーも同様だ。



現実的には管轄内で対応可能な池江寿師を処分するのが精一杯。これとてトカゲのしっぽ切りに等しいし、下手に動いて競馬ファンが大騒ぎするよりは、キタサンブラック陣営には泣いてもらう形になるけど、表面上はスルーするしかなかった……ってところだろう。



話を今週末の競馬に戻すと、サトノ陣営は2頭出しできたとしても、日本ダービーで組織戦は(池江寿厩舎の別オーナー名義を含めて)20000%やってこない(大人の事情によりやれない)



それに春天でサトノダイヤモンドの枠順が一部ファンの間で話題になったように、お上としても思うところが多々あるワケじゃん?



いくら混戦とはいえ競輪でいう自力型を余儀なくされるサトノアーサーが、競馬の祭典ダービーを勝てるほど甘くないと、現時点で俺は見ている。



最後に、毎日ガン見している読者のみんなは今回の記事を見て「つい先日もどこかの馬主は平気でチームプレーを……」(注3)と思ったに違いない。



これこそサトノ陣営がやらかした最大の罪(!?)なんだが(苦笑)、あえてどのオーナーとは言わないよ。



今年のダービーで1頭がラビット役としてレースを引っ張り、もう1頭が中団後方に控えて直線勝負に賭ける。それがハマり勝ってしまい大問題に発展したと、仮定しようか。



お上から競馬法をガン無視した理由を問われることになるが、そこで決めゼリフとして



「何でウチはダメで里見さん(真の所有者)はOKなんだよ!」



って話に絶対なる。間違いない!(by長井秀和)



昨年末の有馬で半ば強引とはいえ認めちまったモンは仕方ないし、日本も競馬のパート1国入りした以上、諸外国の同様に競馬法を改正する時期だと思うぜ?


注3【日本ダービー】レース参考動画(PC、スマホ限定)
皐月賞 ●●●●●●(★着)&●●●●(★★着)

これはサトノダイヤモンドの菊花賞と同じく何とでも言い逃れできるが……


【プライスレス】お金で買えない勝ちがある
色んな場所でしか書けないネタがある!?


  
いつも応援クリック本当にありがとよ!!

友だち追加
【LINEはじめました】



巻頭の馬主企画、どこかで見たことがあるような……
好評連載中オーナー・サイダー馬主馬券術は要必見

sa201706.jpg

競馬最強の法則6月号

全国の書店・コンビニでGET!!
(立ち読みはダメ、ゼッタイ)
スポンサーサイト

| カネになる話 | 17:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT